« タビオの販売回復 | Main | すべては顧客のために・・の意味とは »
もっとお客様目線で!
来週あたりから、どこもプレセールが始まるため、プロパーで戦えるのがもうあとわずか郊外のSCにいけばいくほど赤札表記が多くなってる今日この頃です・・そんな中、先日久しぶりに「買うぞ!!」と意気込み、某百貨店にショッピングに行きましたしかし。。またまたとんでもない接客に出くわしてしまったのです何で、私はそういう接客にあたる確率が高いか検証すると、友人いわく「接客に求めるものが高すぎる!」と言われましたでも、洋服買うのに、そこにいる販売員は作業やじゃなんいだから、もっとしっかり接客してよ!!と思うのは普通なんじゃないですかね?
で、どんな接客だったかと言うと、もともとベーシックパンツを購入しようと、ある大手アパレルショップに入り、商品を見ていると、販売員の方より「よろしかったら・・・」のお決まりのフレーズ。まぁここまでは、良しとしましょう。で次に私から「このパンツのシルエットってどんな感じですか?」と聞くと、販売員いわく「シルエット?」・・・少々無言・・「形の事ですか?」の質問がえしをされちゃいましたまさか、ここでロープレですか? というシーン
驚きを抑え、冷静に私が「そりゃそうでしょ。このパンツの形は履くとどんなシルエットか聞いてるんですが・・」と言うと「あー・・・ストレートです」以上終わり!みたいな感じでほんま終わってしまったんです
どうするどうしましょう?大手ですよ!そんなに私感じ悪かった??と自分自身半ばは反省しながら、店を出ると、すごーい大きな声で「ありがとうございました!!!!!!!!!!」って、あの別にお礼言われる事してないんだけど。。
という感じで、ますます俄然仕事意欲が出てしまいました★それは「もっとちゃんとやれば出来る(数字があがる)事がたくさんあるから★」
札幌大丸ツリー
see you
 2011/12/08 09:28  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧