« 地方の魅力 | Main | facebookの実力 »
現場の疲弊
「10年度百貨店売上高、減少幅が縮小、増益・黒字転換増える」と、今朝の繊研新聞の一面記事の見出しに続き、百貨店上位100店の売上高前年比グラフを見て改めて愕然としました。伸び率ではなく、減少幅の縮小という悲しい事実。それも経費を削り利益を確保するという、まさしく本来の売上高が上がったための利益確保では無い事実・・・・・
昨日も百貨店に携わる方たちが多数出席されている講義での会話の中で、印象的だったのは「売場の要員不足、みんなが疲弊している、仕事量が格段に増えた」という声。本来お客様を幸せにするはずのお店のスタッフの方たちが幸せそうな顔をしていなくて、本当にお客様はそこから幸せをもらえるのでしょうか?・・サービスも同じくで、出来そうもないことを方針だからやる!という一方通行の決定でお店の方は納得して仕事が出来るのか、不思議です。今一番望むのは、ぜひとも現場の声に耳を傾け、「なぜできないのか」を一つ一つ解決してほしいという事。出来てない!!はだれでも言えます。だからこそ、出来るシステムを作るのが管理者の役割。
外国為替市場が1ドル=77円95銭近辺を推移とwebで上がってきました!あーますます世界経済の不安が広がりそう、、、この混沌とした今で生きていくためにも「心を一つに戦える、働ける仲間と場がこれから一番求められると思います
see you
 2011/07/26 11:05  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧