« 地震から一夜明けて | Main | 希望と夢を持ち続ける »
再考される豊かさの価値
この10日あまりに劇的に世の中が変わってしまい、私たちの暮らしや考え方も変わった気がします。また連日のニュースを見るたびに、心が痛くなり、私にも何か出来ることがないかと考える日々。そんな中、少しずつ元気を取り戻し前向きに頑張る会社も出てきました。
昨日の日経MJに「電力危機で変わる消費」という記事が掲載されていました。
引用すると《もっとも、この危機は小売りやサービスの事業者にはチャンスなのかもしれない。ライフスタイルの変化を先取りした事業モデルを築けば、先行利益を獲得できる。小売業もサービス業も「人に喜んでもらってなんぼ」の商売だ。消費者が豊かさを感じるポイントはどこか。本当は何に困っているのか。消費者ニーズは見えにくいが、ゼロペースで棚卸ししてみるとヒントが見えてくるかもしれない。》
物的価値から情緒的価値に、と唱え小売業ではいかにお客様にとっての価値が何かを探ってきたこの数年・・・この大災害を教訓に明らかに私たちの価値が大きく変化することは必然だと思います。
ピンチをチャンスに変えるためにも「豊かさとは何か」「何が幸せか」を再考する時期なのかも知れません。
see you
 2011/03/23 09:03  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧