「ジャケットのパターンメーキング基本編」出版!
KFCC関西ファッションカレッジコンソーシアム初の出版物「ジャケットのパターンメーキング基本編」が出版されました。プロのパターンメーカー向けの検定試験である「パターンメーキング技術検定試験1級」の代表的な過去問題を完全解説した日本で初めての専門書です。



Chapter1<ジャケット・パターンメーキングの基礎知識>稲荷田征・加藤登志子共著
Chapter2<ジャケットのパターンメーキング>制作委員会
Chapter3<ベーシックスローパーの活用法>野中一男

※制作委員会メンバー7名:稲荷田征(文化大学院大学)・加藤登志子(文化大学院大学)・田島成二(文化学園大学)・稲田悦子(大阪ファッションデザイン専門学校)・西田千恵子(大阪文化服装学院)・渡辺杉子(上田安子服飾専門学校)・野中一男(KFCC/ノナカ3Dモデリストラボ)

内容は以下の3部構成で、
Chapter1は、1級検定を受験するプロのパターンメーカーに必要な基礎知識として、テーラードカラーの台衿切替や見返しのパターン展開、2枚袖の作図等がわかりやすい図解で解説。
Chapter2は、パターンメーキング技術検定1級の20数年にわたる過去問題から厳選した18課題について、身頃と衿、袖の製図と解説。
Chapter3は、囲み製図法に馴染みの少ないパターンメーカーに向けての立体原型からの展開法についての解説。
囲み製図法は紳士服では定番の製図解説法ですが、婦人服部門でプロレベルの囲み製図を集めた製図解説は本書が日本初の技術書として注目されています。



購入をご希望の方はKFCC事務局< info@kfcc-jp.com >宛にEメールでお問い合わせください。
本書の定価は3,750円。送料は1冊:82円。2冊:164円。3冊:360円。4冊以上は通常の郵便または宅配便料金が必要です。

KFCC加盟校と検定試験登録校、制作委員会メンバーと協賛企業への販売は割引価格:3,300円。KFCC主催のパターンメーキング技術検定1級研修会の受講者は3,000円で購入していただけます。
 2014/08/03 15:36  この記事のURL  / 


関西学院大学「新ファッション学」2013年度最優秀プレゼン
関西学院大学で2013/9/24〜2014/1/7に14回実施した「新ファッション学」は今年度で3回目の開講となり、73名が受講。12月には昨年度を凌駕する素晴らしい企画書が多数提出された。
企画書のテーマは「ブランド ショップ プランニング」として、各自が考えたオリジナルのファッションブランドとショップの構想をPowerPointで2ページ以上のレポートとして提出された。企画書の多くが10ページ前後の大作となった。
12/17に開催されたプレゼン大会では、73名の受講生の中から選ばれた14名がそれぞれのユニークなブランドショップを提案した。
受講生全員の投票と講師グループによる厳正な審査の結果、経済学部3回生の牛見伸さんの作品 "ushimi!" が最優秀賞に選ばれ、1/7の最終講義の際、表彰状と副賞が授与された。

2014.1.7

---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------

{g1iDiYNDg2gxMv5e.jpg 幅50% リンク:ON}

---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------

<講評>

・ショップ名に自身の氏名を使い、氏名の牛にちなんで角を生やした顔のロゴマークを使用して、斬新で印象深いブランドショップを演出している。
・セレクト+自社ブランド製品の品揃えと、店内イメージの波形什器を使った動きのあるディスプレイでオリジナリティを演出している。
・当初の3年間、アイテムをコート・アウターに絞って商品作りを行なう方針を打ち出している点については、高額になりがちなセレクト商品を補完する意味で堅実な方法と言える。
・受講生投票で1位、講師グループの2名が1位に指名しており、文句無しの最優秀賞となった。

※以上の企画書は制作者の了解を得て掲載しました。制作者の承認なく転載することは禁じられています。
 2014/01/07 22:02  この記事のURL  / 


デジタルファッションクリエイター育成講座in札幌(5)
課題3-2はジャケット?(袖付き身頃)のデザインとパターン展開、さらに色柄付きの動画シミュレーションまで。

     (1)LSX(ストレートシルエットの身頃を寸法調整/AHの調整)

     (2)LSX(袖タイプを選択/シャツタイプの袖付け)

     (3)LSX(肩線・脇線・ダーツ・衿ぐり線を描く)

     (4)LSX(袖下線・2Dパターン展開)

     (5)FDK(縫製指示/両身頃と両袖の展開)

     (6)Anaheik(前後身頃と左右袖の配置)

     (7)Anaheik(着せ付けとウォーキングシミュレーション)

※この後、テキスタイルシミュレーション、さらに自由デザイン実習、各自作成したムービーと感想の発表会を実施し、3日間の充実したセミナーを終了した。
大阪で昨年から開催している正式なベーシック課程は7〜8日間で行なっているが、今回の札幌会場では多くの参加者が基礎的な部分を3日間でほぼ完全にマスターできたことは、大いに評価すべき快挙であった。
次回はさらに専門的な内容と精度の高いシミュレーション、芸術性の高い動画制作などを目標にベーシック課程の残り半分を完全マスターし、さらにスタンダード課程を経て、大勢の実戦的な3Dデジタルファッションクリエイターが札幌の地に育ち、世界に発信する事を願います。
 2013/08/15 22:22  この記事のURL  / 


デジタルファッションクリエイター育成講座in札幌(4)
3日目、課題3-1はパンツのデザインとパターン展開。

      (1)LSX(パンツ用ボディ2種「パンツボディ」と「ヌードフォーム」)

      (2)LSX(ストレートパンツ)


      (3)LSX(スリムパンツ)


      (4)LSX(バギーパンツ)


※その他のパンツのシルエットと縫い目線、ダーツ、タック、ギャザーの展開実習。
 2013/08/15 18:08  この記事のURL  / 


デジタルファッションクリエイター育成講座in札幌(3)
2日目、課題2-3はノースリーブ身頃のパターンを作成し、フレアスカートと組み合わせてミニドレスの3D動画を作成する。

         (1)LSX(デザイン&パターン展開)でフレアスカートの身頃部分を作成。
           衿ぐり線と袖ぐり線、脇線と肩線を描く。<前面図>

         (2)<側面図>

         (3)<後面図>

         (4)FDK(縫製指示)

         (5)FDK(テキスタイル)

         (6)Anaheik(色柄付きフレアドレスの着装シミュレーション)

         (7)Anaheik(静止マネキンに着装・縫製しミュレーション)

         (8)Anaheik(動作マネキンで着装シミュレーション・動画作成)

 2013/08/14 21:38  この記事のURL  / 

| 次へ
プロフィール
野中 一男(のなか かずお)
着心地の良い衣服は立体的なパターン構成と縫製技術、素材から生まれます。アパレル製品がデジタルファッションとして流通する時代になっても、最終的な製品作りは現実の布地と裁断・縫製技術により生み出されて店頭(現実の店舗やネットショップ)に並べられ、消費者の手に渡ります。

デジタルファッションにおける3Dモデリングは、シルエットを分割してパターン化する方法とパターンを組み立てて3D化する方法があり、どちらの方法も現実のモデリスト技術を生かす方向で開発が進んでいます。

NONAKA 3D Modelist Lab.はアパレル製品作りを手作業とデジタルの両面でサポートするモデリスト技術の研究と、技術指導を行ないます。

2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/nonaka/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード


リンク集