アパレルウェブ ホーム
 

QRコード
*このブログを携帯電話でも
お読みいただけます!

*上のQRコードを読み取って
アクセスしてください。
*こちらから自分の携帯へ
URLを送れます。
リンク集

http://apalog.com/nissen/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
2007年08月27日

ゴスロリ恐るべし

クラシコイタリアからゴスロリまで取材する編集Hです。

ラフォーレ原宿をはじめ原宿界隈に3店のショップを構える老舗ゴスロリブランド「プトマヨ」のマネージャー兼デザイナーの長谷川俊介さんにお会いしました。
生半可な知識で恐縮ですが、ひとくちにゴスロリといってもゴシック系とかロリータ系とかパンク系とかいったジャンルがあります。
「『プトマヨ』はロリータやパンクのテーストをカジュアルに着こなそうというブランドで、ゴスロリファッションの入門者の方が多いんですよ。他のブランドよりもだいぶシンプルですし」と長谷川さん。うーん、シンプルですか。商品を見るかぎり結構インパクトがあるように思ったんですが、確かにゴスロリブランドが何店もあるラフォーレの売り場にいくと“シンプル”の意味が分かります。恐るべしゴスロリ世界!

最近はお店に海外のお客様も大勢いらっしゃるとのこと。
販売員さんによると、
「数年前は中国や韓国のお客様が多かったんですけど、最近は欧米のお客さんが多いですね。金髪のひと。染めてるんじゃなくて、ナチュラルな金髪のひとです」
欧米での日本のサブカルチャー人気に乗るように、ゴスロリファッションへの注目も高まっているようです。日本のゴスロリ雑誌の翻訳版が発行されたり「BABY」なんてパリに出店してますからね。

この記事のURL

http://apalog.com/nissen/archive/267
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ