アパレルウェブ ホーム
 

QRコード
*このブログを携帯電話でも
お読みいただけます!

*上のQRコードを読み取って
アクセスしてください。
*こちらから自分の携帯へ
URLを送れます。
リンク集

http://apalog.com/nissen/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
| 次へ
2010年10月29日

ミフレル



東コレがひと段落したと思ったら、展示会ラッシュ。

青山、原宿、代官山界隈を右往左往。合同展示会も開催されており、服のディテールを覚えていられないぐらいの商品を見る。

そこで印象に残ったブランドを抜粋してみた。
まずは「ミフレル」。ルームスリンクに出展し、クラフト感のあるアイテムで目立っていた。文化的背景も感じさせる。それでいて完成度が高い。

デザイナーの笠智聡(写真)に話を聞くと「現在は8店舗に卸しています。日本国内でのものづくりを重視し、11年春夏シーズンは20型前後の展開です」とのこと。特にナチュラルなドレープを引くドレスのフォルムが美しい。

現在はフリーサイズ展開(1サイズ)だが、その弱点を補うため、精度の高いパターンを施している。

シャイな印象を受ける笠デザイナーだが、話の途中でアクセサリーの陳列が少ないことに気付く。「実は、相方(ウェイウェイさん)が今日の昼に持ってくるんです」。
う〜ん、早く持ってきたほうがいいよ(筆者心の叫び)。
手作り感のある什器や設営手法に、香港や仏のバイヤーも興味を示している。

展示会は終了したが、ビジネスは広がったかな。
(市)

2010年10月28日

コレド室町



取材の帰り道、オープンした複合商業施設「コレド室町」を覗く。

きょう28日にオープン。
スーツを着た関係者が目立つ。傘を持ちながら、様々な場所で挨拶や名刺交換をしているので、けっこう邪魔(笑)。

この地区を代表する店舗も続々移転。
「タロー書房」は地下1階、鰹節の「にんべん」、刃物の「日本橋 木屋」はこのビルの1階にある。

しかし消費者のお目当てはレストランやカフェのようだ。
マップを見ると、1−4階までレストランがびっしり。一部で行列も見られた。いつもの、「最後尾」という看板を持った男性が右往左往している・・・。

しかし、ファッション系の店舗がない。

これも時代の趨勢か。
(市)

2010年10月27日

コムデギャルソンと艾未未

26日午後、コムデギャルソンの展示会を取材。

いつも思うが、同社の展示会は理路整然としている。
隙がない。それでいて活気がある展示会だ。

パリで話題を集めた「コムデギャルソン」のドレスを改めて見る。
1人用のドレスだが、2、3人用のディテールが施されている。ドレスに1、2、3人用と表現する自体おかしいのだが、それをモードに高めるのがコムデギャルソンの真骨頂といえる。

アジアでの店舗展開も順調に進む。
来月、北京の三里屯にはコムデギャルソンのビルが出現、既に韓国へも大型店舗を開設している。

北京の店舗はI.T、韓国ではサムスン・グループと協業。以前から有力取引先としてビジネスを行っていたこともあり、出店は円滑に進んだという。まだまだアジア地域に店舗網が広がりそうだ。

話は変わり・・・。

同社から新店舗の案内や入荷情報のDMをもらうのだが、ビジュアルを見ると、現代美術家の艾未未 (アイ・ウェイウェイ)の作品が使われている。筆者が個人的に影響を受けた美術家なので、話を聞いてみた。

「すべてのディレクションは川久保玲が行っています。中国でアイ・ウェイウェイの了解を得て、ビジュアルは弊社が仕上げます。すんなり了承してくれましたが、相手のイメージを崩すわけにいかないので、作業は真剣勝負」(同社のTさん)。

北京で観た作品に加え、森美術館で行われた「アイ・ウェイウェイ展」(09年)で衝撃を受けた。強烈な反骨や社会運動がコムデギャルソンと交わっている。

とても強い。
(市)


2010年10月26日

心機一転

JFWが始まる前、岩谷俊和デザイナーを取材。

事務所を移転し、心機一転。
アルファブランカとの協業ショー(ブライダル)に向け、着々と準備を進めている。
とても元気そうだ。

ブライダルと聞いて、デザインに制約があるイメージだったが「とても自由にやらせてもらっています。僕のドレスは元々非日常的ですから、逆にいいのかもしれませんね」と笑う。

事務所のエントランスには、大きな松の盆栽が(盆栽というには、あまりにも立派な・・・)。
「松を置きたいなと思って買いました」。ここで松の値段は書かないが、聞くと高いような、安いような・・・。盆栽ってそんなものなのか。奥にはライオンのオブジェが鎮座している。

また同氏がディレクションを行う「オニツカタイガー」のサンプルもあった。迷彩柄が目立つ。

残念ながら11年春夏シーズンは(ファーストラインの)コレクション&展示会をスキップすることになったが、「11年秋冬から復帰したい。なるべく空けたくないですから」と語る。

最後に「本来のクリエーションができる、喜びが戻ってくるシーズンになりそうです」。

来秋冬シーズンが楽しみだ。
(市)


2010年10月24日

第三者の眼

JFWの期間中、IMGファッションのピーター・レビー氏を取材。

同氏はシニアバイスプレジデント・マネージングディレクターという要職で、各国の状況を把握しつつ、今回のJFWを視察した。

ちなみにIMG(米国)とは、世界最大規模でスポーツ、エンターテインメント、メディアビジネスを展開する企業。スポーツ分野での大会運営や選手のマネージメント・代理人としても影響力を持っているほか、ファッション分野では、ニューヨークコレクションの運営、さらにロンドンコレクションのマーケティングなどを担当している。

同社は先日、JFW推進機構とJFWのコア事業である「東京コレクション・ウィーク」におけるスポンサーシップ販売代理店契約を締結したばかり。

今回は「リズリサ」のリハーサルを観たほか、主会場となった東京ミッドタウンやルームスリンクが行われた原宿周辺、恵比寿ガーデンホールなどを視察。

気になったのは「東京の消費者はJFWに気付いているが、“熱さ”を持って情報を得ようとしていない」という発言。

これが現状、JFWの弱点でもある。
最初の視察で、この状況を肌で感じたのだろう。

点では様々な動きがあるが、線にはならない。
若いデザイナーは苦心しながら頑張っているが。
ある人は「所詮、東コレは身内的なイベントに見える」と語っていたが、ごく周辺の人に見せるだけの“自己満足的”なショーも多い。消費者に興味を持たれても・・・正直言って断片的なもの。

折りしも、先日の事業仕分けで予算が縮減され、来年度のスポンサー集めが急務になっているJFW。

一方、短期的なスポンサーはともかく、長期的な視点で取り組めるスポンサーを探すIMG。
最後に、東京以外の都市で提携アプローチがあるのか聞いてみた。「東京以外の東アジアの都市で提携はありえるのか。北京や上海、シンガポールなど」(筆者)。

「知らない都市を含め、常に問い合わせがある。だが、数じゃないと思う。その都市で最適な形を模索する」(レビー氏)。

う〜ん、質問をはぐらかされた。
東京よりも魅力的な都市がIMGにアプローチしたら・・・。
いや、アプローチがあるんだろうな。

悠長に構えている暇はない。
(市)


| 次へ
2010年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ