« 2009年03月 | Main | 2009年05月 »
新型インフルエンザ

心配ですね、新型インフルエンザ

日本ではまだ発生が確認されていませんし、
さほど神経質になることはないらしいのですが、
それでもやっぱりニュースを見るだびに、
不安がよぎります。

警戒レベルも、今朝、フェーズ4からフェーズ5に引き上げられました


新型インフルエンザがこの先どう展開していくのかは全くわかりませんが、

多くの人は、しばらくは心理的に、
「人ごみを避けたい」「外出したくない」という気分が続くと思われます。

ますますネットでのお買い物が増えるでしょう。

早めの対策が必要ですね。



ところで皆さん、新型インフルエンザへの備えってしていますか?

私は、去年の秋くらいから「新型インフルエンザ」がやたら言われだして、

子供の学校から備えをしておきましょう的なプリントまで回ってきて、

半信半疑ながら一通り、マスクやら食料品やらを用意していました。

こんなに早く出番がこようとは!
(まだ出番じゃないですね。使うことがないことを祈ってます!)

でもやってて良かった。
備えあれば憂いなし、ですね。

何事も早めの対策を
 2009/04/30 13:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
下取りサービス・追記

月曜日のブログで「下取りサービス」のこと書きました。

すると偶然にも、今朝TVのワイドショーでも、
この「下取りサービス」のことが一斉に報道されていました。

やっぱり今まさに旬なんですね〜、このサービス


その中で、小田急百貨店の「靴下取りしますキャンペーン」の結果数字が
紹介されていましたので、追記しておきます。

小田急百貨店は、

『開催期間2週間で、約32000人集まり、約7万点持ち込まれ、
 対象売場の売上が前年同月期の約2倍』

になったそうです

ちなみに、

『クーポン券は約12万枚発券し、1万2000枚ほど利用』されたとか。

利用率は10%程度ですね。


利用率が10%程度なのに、売上が2倍というのが興味深い。

つまり、「クーポンを利用しなくても、何かしら違う商品を買って帰った」
ということですね。

まさにお客と売場に【WIN・WINの関係】が働いている、成功事例です。


司会のみのさんも、小倉さんも、コメンテーターの方々も、全員、
「すっごくいいサービス!利用したい!!」とめちゃくちゃ食いついておりました


近々、大丸、松坂屋、そごう、西武、バーニーズニューヨーク、などでも始まるそうです。

早くも「下取りサービス合戦」がスタートです。


私個人としては、百貨店や大手ばかりでなく、
近くの個人店ほどしてもらいたいサービスです。

だって、持って行くのに電車代と時間が掛かるのはイヤでしょう。

「下取りサービス」ほど近場で、は客の本音です。

今旬な集客ツール、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?
 2009/04/23 10:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
下取りサービス

週末、ずーっと気になっていた洋服の整理・処分をやっとしました。

整理を始めるといらない洋服が出るわ、出るわ。。。
結局、今回もダンボール3箱分ほど処分することに


「捨てるのはもったいない、でも、持ってても着ないし、場所をとるし。。。」
と、心の葛藤を繰り返しながら、2日間を費やしました。

ふ〜っ、疲れた。



皆さん、着なくなったお洋服、どうしているのでしょうか?


リサイクルショップへ持って行っても二束三文にしかならないことが多く、
(以前、大量に持ち込んで数百円にしかならず唖然としたことがあります。)

ネットオークションに出品、なんて時間はないし面倒。

でも、捨てるのは忍びない。


今月号の雑誌・美的で、美容ジャーナリストの斉藤薫さんと
メークアップアーティストの藤原美智子さんが対談で、

「女性にとっては特に、洋服を捨てることがいちばん難しい気がする。
ブランドものの服や、それを買ったときの紙袋も含めて。」(斉藤さん談)

「いつかは着るかも…なんて、『いつか』は絶対来ませんっ(笑)。」(藤原さん談)

って話してますが、本当に同感!捨てるって難しい!!


そんな女性の気持ちにぴったりで、

なかなかいいアイデアだと私が最近感じているのが、「下取りサービス」

お洋服とか靴とかを売り場に持っていくと、

1000円とかの金券に交換してくれたり、
その分値引きしてくれたりというあのサービスです。

小田急百貨店も「靴下取りしますキャンペーン」を行って、
大好評だったみたいですよ。

女性にとって一番処分しずらいお洋服の下取りサービス、
もっと増えたらいいな、と思います。

ニーズはありです。やってみる価値ありでは?












 2009/04/20 11:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
「神戸商工だより」に夫のコラムが掲載されました!

神戸商工会議所会報誌「神戸商工だより」4月号に、
夫で中小企業診断士・中谷和雄のコラムが掲載されました



今月からデザインが一新され、内容もますます充実。




【専門家に聞く】コーナーにコラム掲載。(P18〜19の見開き1ページ)



テーマ「コストダウンの落とし穴〜新しいマネジメント手法TOC〜」


夫曰く、
「今やどの企業でも当たり前のように行われているコストダウン。
でもそのコストダウンにはとても危険な落とし穴が潜んでいて、
間違った方法で行うとより会社を深刻な危機に陥らせてしまう。」そう。

そこで登場するのが、従来の「コスト」を前提としたマネジメントではなく、
「ボトルネック」を前提とした新しいマネジメント手法TOCである。

ということが簡潔にまとめられているコラムになっています。

目からウロコの内容です。ぜひ、ご覧になってみてください

 2009/04/13 09:47  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プリエ姫路

JR姫路駅内に新しくできた商業施設「プリエ姫路」に行ってきました

「プリエ姫路」(平成20年12月22日オープン)
http://www.plie-himeji.jp/

コンセプトは「手の届く上質感」、
25歳の女性をターゲットとしたレディスファッション中心の商業施設、ということです。


中央コンコース側の入り口。中央改札を出てすぐにあるのでとにかく便利!


高架下SCとしては珍しい吹き抜け。駅内SCとは思えない開放感。


コンコース側の一番目立つ位置にあった「STRAWBERRY-FIELDS」。


「CECIL McBEE」は姫路仕様でエレガンス寄りの打ち出し。


「無印良品」は2Fにあるジュンク堂書店に続く店舗面積。奥に広〜い。


店舗数は55、高架下ということでこじんまりはしてますが、
開放感もあって店舗数よりは広さを感じます。

なんと、全国初出店1、関西地区初出店3、兵庫県初出店9、
姫路初出店27、と初物づくしなんですね

今まで姫路駅周辺は正直寂しく、時間をつぶすところもなかったので、
プリエができて「うれしい!」と思っている方は多いはず。
館としての出足も好調のようですよ。

私も姫路に行くのが楽しみになりました



PS.この日のメインはホントはこっち


姫路城でお花見 サイコーに綺麗でした











 2009/04/10 09:55  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール
中谷 恭子(なかや きょうこ)
大手アパレル会社にて、専門店営業、直営店指導などを経験。現場で培った経験をもとに、 ファッションビジネスコンサルタントとして独立。 2003年経営コンサルティング会社・(有)ネオナレッジを設立。 中小〜個店までを対象に、現場主義、顧客の視点に立ったコンサルティング活動を実施している。セミナー、講演等も多数。関西在住。

中谷 恭子 プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ふうみん花あそび
「いたみこどもいちば」からのご報告♪ (2012年10月16日)
kyoko
神戸ルミナリエ (2011年12月14日)
yasu
神戸ルミナリエ (2011年12月12日)
最新トラックバック
更新順ブログ一覧
リンク集

http://apalog.com/nakaya/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード