« 専門学校もそろそろ夏休みへ! | Main | 明けましておめでとうございます!! »
『技を極める・・・ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸』展へ
世間は明日までお盆休みでしょうか?
私は実家への帰省&お墓参りを済ませ、
今日から一足早く通常営業に戻っております!

さて、少し前になりますが、8月の頭、京都国立近代美術館へ、
『技を極める・・・ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸』展を見に
行ってきましたので模様をアップします。







行きたい行きたいと思っておりましたが、イベントが終わるギリギリのタイミングで
行くことができました!

噂には聞いておりましたが、とにかく素晴らしかったです

息を飲むようなハイジュエリーの世界をたっぷり堪能しました
まさに眼福

「技を極める」をテーマに、ヴァンクリーフ&アーペルの熟練した職人による
細かな細工のきらめく宝石達。

宝石を支える爪を表から見せない「ミステリーセッティング」の工程の模様など、
職人達の作業風景とインタビューのショートムービーも上映されていて、
とても面白かったです。めったに見れないのでは??



デザインからまずモックを作るそうです。
そのモックがまあ、精巧でビックリ!!
ここまで精巧なモックを作るメゾンは今やうちだけ、とインタビューで伝えていました。
モックを工房に置きっぱなしにしていたら、警備員さんが本物と間違えて
慌てて呼びに来たとか!モックだけでも価値がありそう。

今回は日本の工芸作家の作品とのコラボ展示でした。
ジュエリーと工芸品、一見違った作品同士ですが、お互いが非常に繊細な細工で、
熟練な匠の技で芸術品として仕上がっており、共通したところがあって、
絶妙なコラボレーションでした。

展示の仕方も興味深かったです。
連続したガラスケースの中で作品が浮き上がるように展示されていました。
撮影禁止だったので画像は無いですが。

最後のブースのみ、撮影OKの部屋で、SNS映えしそうな壁のデザイン。
ここで撮影してSNSに投稿してくださいね、ということですね。
最近は必ずこういうコーナーありますね。






美しいものを見ると心が満たされます

個人所有のジュエリーもたくさん展示されていて、
一体どんな方が?とちょっと下世話な想像してみたり。
いえいえ、見るだけ〜でしたが充分満たされましたよ。

帰りに友人達と美味しいフレンチベトナム料理を頂き、
幸せ気分の一日でありました

では8月後半も頑張りましょう!


ショップコンサルタント 中谷恭子

☆VMD/接客販売員研修/ショップ運営サポート

お問い合わせはお気軽に!
mail@f-biz.net
 2017/08/15 16:07  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/nakaya/tb_ping/502


コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール
中谷 恭子(なかや きょうこ)
大手アパレル会社にて、専門店営業、直営店指導などを経験。現場で培った経験をもとに、 ファッションビジネスコンサルタントとして独立。 2003年経営コンサルティング会社・(有)ネオナレッジを設立。 中小〜個店までを対象に、現場主義、顧客の視点に立ったコンサルティング活動を実施している。セミナー、講演等も多数。関西在住。

中谷 恭子 プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ふうみん花あそび
「いたみこどもいちば」からのご報告♪ (2012年10月16日)
kyoko
神戸ルミナリエ (2011年12月14日)
yasu
神戸ルミナリエ (2011年12月12日)
最新トラックバック
更新順ブログ一覧
リンク集

http://apalog.com/nakaya/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード