焼肉ドラゴン
昨日まで新国立劇場でやっていた舞台



「焼肉ドラゴン」



を先日観にいきましたとさ。ほんとはもっと観たあとすぐに感想書けばよかったと後悔。





日韓合同制作で役者も日韓両方の役者さんで構成されてました。




観る前は内容もわからず、人に誘われたからとりあえず行くか〜くらいのスタンスだったので、正直あまり期待してなかったです。(ごめんちゃい)
ですが、予想に反し、なんて素晴らしい舞台なんだ!というのが終わった感想。




時代は高度成長期の日本で関西に住む在日韓国人たちの一家を中心とし、その周りに住む人々を描いた作品。




冒頭部分のテンションに、ついていけるか心配しましたがそんなものは必要なかったようで、登場人物たちの魅力に徐々にに引き込まれていきました。




なかなか中心の一家は複雑な人間関係な方々ばかりですごい設定。
なのですが、ほんとに皆さんキャラクターが魅力的で父と母がこれまた存在感ありステキでした。




自分はなんとなく「日本に住む外国人」という視点で観てた気がして、あの舞台の内容ほど苦労はしてませんが、19歳で初めて日本にきた両親のことを思うと胸があつくなりました。




胸が締め付けられるようなシーンが多くて度々泣いてしまいましたが、中でも予想してなかった長男の自殺がすごくせつなかった。




一人一人、ちょっと欠けてる部分がある人間性がまた魅力的にうつるところでもあり、終わったあとのあの会場を包み込むような温かい盛大な拍手は忘れられません。




去年末のアンジーのライブでも同じことを感じましたが、観た人が感動したあとの拍手って普通と音色が違うんです。





会場全体がすごく温かい空気に包まれて、もしあの舞台に自分がいたら、拍手で逆に感動してしまうだろうな。




あの舞台はわたしの中でスタンディングオベーションするに値する舞台でした。




本当に素晴らしかった!
自分も観ているひとにあんなに心を揺さぶるような役者になりたいなと思いました。





日数が経ってもこんなに思い出してグッとくる舞台は少ないな〜。




誘ってもらえてとても感謝。
 2011/02/21 06:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ザ シェイプ オブ シングス
一昨日は(書く日が遅れてしまいちょっと前のことかいてます)
一日色んな気持ちにさせられ、結果的にわたしは温かい人達に支えられてて幸せだというありがたさに改めて気付いた日になりました。




ってな感じで青山円形劇場にて


ザ シェイプ オブ シングス



という舞台をみてきました。




主演は向井理くん。
相手役は美波ちゃん。




どちらも好きで興味深くてみにいきました。




円形劇場には珍しくアリーナという席があり私はアリーナ。




内容からすると、(舞台観る予定の人はみないでね)
美術館で向井くんと美波ちゃんがであい、付き合い、見た目も内面も自信がなかった向井くんがどんどんかっこよく変わっていく 的な内容。

でも最終的には美波ちゃんは愛があったわけでなく、人間はどこまで肉体的、精神的に変化し、どのような展望をとげるか
(これわたしの解釈)
という卒論の為の実験をしていただけ。




というなんともわたしの中で救われない作品。




ちなみにめちゃかい摘まんで説明してるけど、ほぼこれで説明できてるかと。




出演者は四人のみ。




見終わったあとなんともえもいわれぬ気持ちになりました。




劇中で芸術には正解がない的なことをいうんだけど、(様々な人の好みや主観がはいるから)
まさにそんな賛否両論だろうはなし。




美波ちゃんはすごい嫌な役だったけど、個人的には一番興味深いかも。




最後はあからさまに向井くんファンがスタンディングオベーションしていて、舞台に対してなのか、はたまた向井くんに対してなのか聞いてみたいところですな。





で、見終わったあとたまたま電話で日常的な温かい言葉をかけてもらってしまったため、いきなり波だが止まらなくなってしまった。




人間のちょっと非情な部分をみたあとだったから余計に自分の周りの愛を再認識したわけで。





自分にとってはそういう舞台の見方になりましたとさ。
 2011/02/18 11:46  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
大雪のあとの清々しさ
昨日は最初の思惑を遥かに越えた雪っぷり!



個人的には雪が好きだから積もれ〜と思いつつ、電車の人は大変だろうなと思いつつ。




結構積もりましたね。
夜帰るとき、いつもと同じ道であるはずなのに、雪景色なためにワクワクしちゃった。




楽しいな〜♪




外で遊んだらレン(父)に
風邪ひくよ!
と怒られそうなので車を下りてから家まで雪を拾っては投げ、拾っては投げ…と地味に楽しみました。(笑)





朝起きたら昨日が嘘のように晴れていて、びっくり。




道路も街も雪はハジにちょとあるくらいで跡形もなく…




淋しいな〜。でも残ってる雪に日の光りが反射して明るく、ルンルンな気分になりました♪





今日は実家のレストランの方にも、大好きで楽しいお客さんが昼からきてくださって、テンション上がるし、なんだかハッピーな一日です(^O^)/





雪、また降ったらいいのに。(笑)





電車じゃないひにね♪
 2011/02/15 17:04  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
イッセー尾形の歌う誕生日2011
今日は朝から寝坊をしまして、どうにかスッピンをごまかすため久々に帽子を被った次第であります。




昼は体の気の流れをお掃除してもらいに都立大学までゆき、夜はイッセー尾形さんの舞台ってな流れでした。





イッセーさんまでは時間があったので、空腹を満たしに自由が丘へ。





朝昼夜を兼用でございます。




足りるかな〜なんて思いながら原宿クエストホールへ!





今日の舞台はセタリン母さんのレストランの常連さんの方がイッセーさんを20年ほどおっかけているらしく、一緒に行くか?と勧められたので行きました。





だからノー知識。





一人でお芝居をやってるという事だけ知ってるようなレベルで向かいました。





舞台脇に衣裳や小道具が並んでて、ひとつ終わるとそこでおもむろに着替えたり化粧したりするわけです。





男の人になったり女の人になったり、お芝居ではありますがコントをみてる気分。





尺八、ウクレレ、ギターを演奏しながら歌ったりしてました。




その歌詞がまた面白い!




一人で観させて頂きましたが大笑い!




面白いな〜。全部作り話なんですが、なんだかありそうな話で独特な世界に連れていってくれます。




ちゃっかりポストカードを買いサインを頂き写真もぱしゃり。




この時ばかりはスッピンの自分を一瞬悔やみました。





写メはもちろんイッセーさん。





 2011/02/09 21:57  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール
諏訪井 モニカ(すわい もにか)
両親は共に生粋のカンボジア人。国籍は日本。2006年玉川大学芸術学部を卒業後、(株)スウィートパワーで女優の付き人を行う。2007年 モデル事務所 (株)イアラでモデル活動をする。現在は株式会社 グリーンメディアに在籍中。

諏訪井 モニカ(すわい もにか)
プロフィール
2008年から家族で飲んでいます。
体力勝負の育児に一役買っています。


商品モデルもやっています!

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
モニカ
2014年、新年あけてからの私 (2014年01月08日)
あっくん
2014年、新年あけてからの私 (2014年01月07日)
モニカ
初のヒーローショーMC  (2012年08月06日)
Яёйд¨кσβ
初のヒーローショーMC  (2012年08月06日)
モニカ
忘年会しすぎなわたしへ (2012年01月04日)
直樹
忘年会しすぎなわたしへ (2012年01月03日)
モニカ
舞台ろくでなしコーラス四日目! (2011年11月27日)
最新トラックバック
日日感性。 (2009年08月23日)
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/monica/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。