« 産地展は今後減少しそう | Main | この世は甘くない »
地元のヤンキー集団か?
 どこの世界にも学閥はあるので驚かない。
関大閥だとか早稲田閥だとか慶応閥だとか同志社閥だとかがある。

学閥というとだいたいが大学を指すのだが、某地方のメーカーは地元高校閥だそうで、それを聞いて驚いてしまった。

まるで地元のヤンキー集団ではないか。

もちろん、地元のみを対象としている商売ならまあわからないではないが、このメーカーは一応は全国に向けて卸しているのである。

にもかかわらず地元の高校閥で要職が占められているのであり、これでは全国に向けた商売が上手く行かないのは当然である。

今のご時世にそんな地元のヤンキー集団のような会社が存続していることに改めて驚かされた次第だ。
やっぱり日本は広い。(笑)
 2017/05/25 10:26  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/minami/tb_ping/1880


コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

中高一貫の私立とかがない地方では公立高校の序列だけがその人物の評価になります。動物園のような玉石混交の公立中学からトップの公立高校に入学することは都会人の考える東大京大入学と同じぐらいの評価が得られるのです。その後どこの大学に行ったかなんてはたいした問題ではないようです。
もともと大学名など東大早慶地元国立ぐらいしか周知されておらず、それ以外はみんな同じ扱いなんですよね
Posted by:RUBY  at 2017年05月26日(金) 15:52


プロフィール
南 充浩(みなみ みつひろ)
ファッションメディアプランナー。
「繊維ニュース」記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下までを担当。
同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。
現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

掲載実績
繊維流通研究会ウエブ記事、WWD

リンク集
最新コメント

異常なファックス信仰 (2017年11月16日)
Pearl
いい服を作っても売れません (2017年08月12日)

その親心は間違っている (2017年08月07日)
ボーダーさん
ユニクロか百貨店か (2017年08月02日)

こんな噂が (2017年07月31日)
洋服屋
いい服を作っても売れません (2017年07月30日)
RUBY
地元のヤンキー集団か? (2017年05月26日)

丈の長さは変わっていない (2017年05月25日)
TT
閑古鳥が鳴く (2017年05月22日)
最新トラックバック
服の歴史は繰り返す (2012年11月11日)
中流の崩壊 (2010年11月17日)
カイハラ  (2010年09月29日)
おそろしいのです (2010年08月22日)
若者のジーンズ離れ (2010年06月16日)
クロックス更新 (2010年05月30日)
更新順ブログ一覧
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/minami/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。