« 残念な結果に | Main | 言うは易く行うは難し »
狭く深く
 ターゲットを狭めれば深くなるという場合がある。

西脇に阿江ハンカチーフという企業がある。
ハンカチ用の生地からスタートしたのだろうが、主要業務は今ではハンカチのOEM生産になっている。しかし、ハンカチの需要はそうそう増えはしない。
もしかしたらミニタオルに押されて減っているのかもしれない。

そこで6年ほど前に一転して自社で手配できる生地を使ってゴスロリテイストの傘を企画した。もちろん、社長の思い込みでスタートしたのではなく、マーケティング企画会社に依頼して組み立てた。

ブランド名は「ルミエーブル」である。

ゴスロリテイストの傘なんてどれほどの需要があるのかと疑問に思われる方もおられるかもしれないが、これがけっこうバカにならない。

ゴスロリ用の衣料品や雑貨は日本にしか売っていないので、海外からもネット通販を通じてオーダーが来るそうだ。
4000円の傘を欧米まで取り寄せるのに6000円の送料を平気で支払うという。

なぜ、欧米の人間が日本のゴスロリブランドを知っているかというと、日本のゴスロリファッション専門雑誌は海外にも輸出されており、そこで愛読者は日本のゴスロリブランドを知って目星をつける。

マイナーなイメージのあるゴスロリファッション雑誌と言ってもなかなかバカにならない。
国内だけで発行部数は10万部内外あるという。
著名なメンズ雑誌「LEON」よりも多い。(LEONは8万部内外)

すごく狭いターゲットが実は意外な深さを持っていたという例である。

万人に向けた商品は資金力も物量もユニクロにかなうはずがない。だったらそこで競争するよりもターゲットを絞り込んだ方が得策である。

阿江ハンカチーフの「ルミエーブル」はその好例といえる。

逆に日本はクールジャパンでゴスロリ服・雑貨をアピールした方が効率的ではないか。
先ほども書いたようにゴスロリ服・雑貨は日本企業しか企画製造販売していなのだから。
これこそブルーオーシャンである。

血まみれのレッドオーシャンであるカジュアル服だとかモード服だとかを輸出することに血道を上げることよりはよほどマシである。

 2014/02/26 00:34  この記事のURL  /  コメント(2)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/minami/tb_ping/1129


コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

一芸が身を救う的な話ですが、これが現実で昨今の
中小企業で、生き残る選択の一つで実際可能なのは
軸がぶれない会社でしょう。

反対に資金力ある大手企業は、広く浅くブランド化を
進める傾向が最近は見えます。
Posted by:nobu  at 2014年03月24日(月) 16:21

加工ジーンズに復活の兆しがあるのですか?
専門家のご意見お聞かせくださいませ。
Posted by:マックオン  at 2014年02月27日(木) 09:25


プロフィール
南 充浩(みなみ みつひろ)
ファッションメディアプランナー。
「繊維ニュース」記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下までを担当。
同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。
現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

掲載実績
繊維流通研究会ウエブ記事、WWD

リンク集
最新コメント

異常なファックス信仰 (2017年11月16日)
Pearl
いい服を作っても売れません (2017年08月12日)

その親心は間違っている (2017年08月07日)
ボーダーさん
ユニクロか百貨店か (2017年08月02日)

こんな噂が (2017年07月31日)
洋服屋
いい服を作っても売れません (2017年07月30日)
RUBY
地元のヤンキー集団か? (2017年05月26日)

丈の長さは変わっていない (2017年05月25日)
TT
閑古鳥が鳴く (2017年05月22日)
最新トラックバック
服の歴史は繰り返す (2012年11月11日)
中流の崩壊 (2010年11月17日)
カイハラ  (2010年09月29日)
おそろしいのです (2010年08月22日)
若者のジーンズ離れ (2010年06月16日)
クロックス更新 (2010年05月30日)
更新順ブログ一覧
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/minami/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。