年内最後の阪急テキスタイルマルシェを開催
 11月29日から12月4日までの6日間、恒例の阪急百貨店うめだ本店10階でテキスタイルマルシェを開催します。

今回は売り場の改装などで5社の出店となります。

初参加は1社で、着物生地端切れや帯地端切れを扱うTKLプラス(大阪府門真市)となります。
あとの4社は、大江(京都府)、アイピーテキスタイル(奈良)、カツミ産業(大阪府)、棉生テキスタイル(京都府)となり、
今回はすべて関西拠点の5社となりました。

開催日時:11月29日(水)〜12月4日(月)
     営業時間:10:00〜20:00、
金曜・土曜のみ10:00〜21:00        
          
最終日4日(月)のみ10:00〜17:00(閉場)

開催地: 阪急百貨店うめだ本店10階南街区パーク1 (セッセ前)
      (大阪府大阪市北区角田町8番7号、代表TEL06-6361-1381)
出展者: 大江(丹後)、カツミ産業(大阪)、TKLプラス(大阪)、アイピーテキスタイル(奈良)、棉生テキスタイル(京都)

販売物 

大江:厚手シルク、ウール混生地
アイピーテキスタイル: ボンディング生地、加工生地
カツミ産業:手芸用レース、ストール、ショール
棉生テキスタイル:柿渋生地、コットン生地
TKLプラス:着物生地端切れ、帯地端切れ

興味がある方は覗きに来てください。
 2017/11/27 11:16  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)


価値観の変化
 先日、某量販店向けメーカーに仕掛けるにあたっての販促会議に参加したのだが、我が国は成熟社会となって、目を見張るような高額なブランドを無理して買うことがかっこいいとは思われなくなったのだと感じた。

それよりも少しだけ高いくらいのブランドに価値を見出す人が増えているといえる。
化粧品でいえばボタニストなんかその好例だ。
ドラッグストアの平均よりも少しだけ高い。それが「価値あるもの」として買われている。

もちろん、金のある人は今でも高額ブランドを買っているし、それは正しい消費行動だが貧乏人が無理して買うのはかっこいいとは思わなくなっている。

一方、爆買いで注目を集めている中国、韓国、アセアンの人は経済成長中(韓国は経済成長していないが)だから、昔の日本の行動経済成長期・バブル期みたいに「背伸びして高い物を買うのがかっこいい」と感じているのだろう。

こういう消費行動を今更、メーカーや業界が羨ましがっても詮無い話で、いずれこれらの国も同じ道をたどるのである。

それよりも今すべきことは、今の消費行動に合わせた商品開発、売り方、売り場づくり、広報活動を行うべきである。

バブル懐かしの老害の妄言なんぞ聞く必要はない。
 2017/11/22 10:34  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)


一昨年の商品が!
 本当に安くてそこそこの物がいっぱいある。
iPhoneカバーを148円(税込み、送料無料)で買ったが素晴らしく使い勝手が良い。
もう1つ予備に買っておこう。

ライトオンが11月にブラックフライデーを開催するらしい。
で、何の気なしに通販サイトを見ていると、丸八ダウンが安くなっている。
最高の値引き率は17900円が7900円になっている物だ。
あとは13800円が9800円とか7900円になっている。

安いなあ、今のうちに一枚買っておこうかと思って見ていると、どうにも見覚えがある。

あれ?これ昨年買ったやつだわ。

昨年12月に一昨年の商品が7900円に値下がりしたときに買った。

それがまだ残っている。
すごい。
でもサイズさえ合えばお買い得である。

それにしてもライトオンに限らず、ジーンズメイトやほかのブランドも相当在庫抱えているんだろうなあ。

 2017/11/21 10:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)


製造加工業こそ機械化を進めるべき
 販売の自動化・省力化が言われているが、個人的には製造加工の自動化省力化を進めるべきだと思っている。

製造加工を全自動化することは難しいがもっと省力化機械化を進める必要がある。
というのは、国内工場はすでに工員不足になっており、あと20年もすればなくなってしまう技術がたくさんある。
これをどうするかという問題がある。
成り手が少ないから人間に覚えさせることは不可能だ。

ならば機械に覚えさせるしかない。

杜氏がいなくなってコンピューター制御に切り替えた獺祭という成功例がある。
これを繊維業界も見習うべきだ。

今、中国の工場でも工員が減っていて、中小工場が減りつつある。
しかも工場経営者は利潤を追求してアセアンに工場を建設している。
これはいずれも中国人自体の問題なので、我が国がここへ再投資する必要はまるでない。
どうしても工場を続けたいなら中国人経営者にも機械化を勧めるべきだろう。

ただし、我が国が金を出す必要はなく、中国人に出させるに限る。


 2017/11/20 09:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)


ネット通販の嘘表記
 ネット通販には嘘表記が多い。これがネット通販の胡散臭さを醸し出している。

AmazonでもYahoo!でもそうだが、ポリエステル100%中綿のジャケットを「ファイバーダウン」などと表記していたり、ポリウレタン合皮を「本革ジャケット」と表記している商品がどれほど多いか。

衣料品に詳しい人ならわかるかもしれないが、あまり詳しくない人なら間違えて買ってしまうだろう。
はっきりいって詐欺師の出品である。

モール側もこういう部分を取り締まらずに放置しているから、ネット通販自体がいつまでも胡散臭いと見られるのである。


 2017/11/17 10:09  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
南 充浩(みなみ みつひろ)
ファッションメディアプランナー。
「繊維ニュース」記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下までを担当。
同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。
現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

掲載実績
繊維流通研究会ウエブ記事、WWD

リンク集
最新コメント

異常なファックス信仰 (2017年11月16日)
Pearl
いい服を作っても売れません (2017年08月12日)

その親心は間違っている (2017年08月07日)
ボーダーさん
ユニクロか百貨店か (2017年08月02日)

こんな噂が (2017年07月31日)
洋服屋
いい服を作っても売れません (2017年07月30日)
RUBY
地元のヤンキー集団か? (2017年05月26日)

丈の長さは変わっていない (2017年05月25日)
TT
閑古鳥が鳴く (2017年05月22日)
最新トラックバック
服の歴史は繰り返す (2012年11月11日)
中流の崩壊 (2010年11月17日)
カイハラ  (2010年09月29日)
おそろしいのです (2010年08月22日)
若者のジーンズ離れ (2010年06月16日)
クロックス更新 (2010年05月30日)
更新順ブログ一覧
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/minami/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。