« 2017年01月 | Main | 2017年03月 »
絶好調のTJマックスが新業態のストアをオープン!?

ホリデイ商戦での勝ち組はアマゾンだけではありません。先日アナウンスされた、オフプライス店のTJマックスグループ(TJX)も、第四四半期の売り上げは6%増加し94億7,000万ドル。1月末締めの年商は7%増加し332億ドルと発表され、多くの消費者がTJX社の店舗でクリスマスショッピングを行った事が実証されたと伝えられています。

そのTJX社には、寝具、家具、キッチン・インテリア雑貨、文具品等、通常価格の45-60% オフの値段で販売している絶好調の姉妹店、HOMEGOODS(ホームグッズ)がありますが、これとは異なる、新業態のホームグッズのストアをオープンすると伝えられました。 

新店舗のコンセプトや品物に関しての詳しい内容は現在の所、シークレットとされていますが、TJX社にとっても新たなマーケットへの参入となり、既存の買い物客たちもエキサイトするだろうとの事。テスト店として年内に4店舗をオープンするようです。既存の「ホームグッズ」店舗では、ありとあらゆる家庭用品が取り扱われているので、どう差別化していくのか興味のあるところですが、”オフプライス”であることは間違いありません。今の所、形態の類似した「TJマックス」と「マーシャルズ」が近隣に存在していても、あまり支障が無い様に思えますので、同じ家庭用品を扱う姉妹店ができたとしても、今の所、向かう所敵無しという状況でしょうか。

昨年、目にしたニュースで思い出すのは、食料品業界もTJXグループに侵食されているという様なもの。家庭用品に特化した「ホームグッズ」は、取り扱うカテゴリーが非常に多く、トレジャーハンテイング要素の高い、売り切りごめんの商売形態ですが、ここへ来ると、ある種のカテゴリーは販売しているという目的は生まれると思います。”食品”もその一つで、一般のスーパーでは取扱いの無い、グルメ食品がデイスカウント価格で販売されています。 以前は、オフプライス店で食料品をデイスカウントで買うというのは、一種、気持ちの悪いものがありましたが、例えば、トリュフオイルやソルト等の調味料や紅茶やスナック、チアシード等のスーパーフードやオーガニック系の健康食品に至るまで、珍しい製品が多く、賞味期限も記されているので、意外と皆、購入しています。若年層が新しい食品に興味があるというのも大きいですね。

ホームグッズ店での取扱い品目は多岐にわたりますので、新業態の店舗では、例えば、食品に特化した店舗であったり、ペットグッズに特化したり、あるいは、化粧品などのビューテイ商品や、スポーツグッズに特化する等、カテゴリーキラー的なオフプライス店になるのはあり得るかも? 特に食料品は切り離しても大きなビジネスの可能性があります。 こうなると、グルメスーパーのホールフーズや、不況知らずと言われるビューテイーやペット市場なども米国デパートの二の舞いとなり、おちおちしていられなくなるかもしれません。。。

Note:
「ホームグッズ」部門Q4の売り上げは13%増加し13億ドル。昨年の53店舗に続き今年は更に80店舗オープン予定。

現在の店舗数:
ホームグッズ(579店舗)
TJマックス(1,186店舗)
マーシャルズ(1,035店舗)
 2017/02/24 08:17  この記事のURL  / 

食うか食われるか!

今週は、婦人服アパレルチェーン、ウエットシールが全171店舗の閉鎖を発表したり、200店舗以上を運営する婦人服チェーン店のBebe(ビビ)が今年25店舗の閉鎖、アウトドアスポーツ小売店のEastern Mountain Sports (イースタン・マウンテンスポーツ)がチャプター11(会社更正法)を申請する発表があり、引き続き店舗縮小、閉鎖のニュースが相次いでいます。

店が閉鎖となると行われるのが、閉店セール。メイシーズ、シアーズ、Kマート等、大手チェーン店も閉店に伴い、順次「Going out of Business sale」を行っている真っ最中。 閉店セールでは、通常のセール価格よりも更なるデイスカウントとなる為、多くの人が押し寄せます。

Foursquare社の調べでは、Kマートとシアーズの閉店セールが行なわれている時期は、その地域のメイシーズのマーケットシェアが44%ダウン。コールズは32%ダウン。 ターゲットは14%ダウン。また、閉店をしないKマートのシェアも12%ダウンと同じストアであっても閉店セールを行っている店に偏ります。

また、メイシーズの閉店セール時は、シアーズのシェアは73%ダウン、コールズは38%ダウン、Kマートは19%ダウン、JCペニーは15%ダウンしているのだとか。

Kマートのの買い物客の39%はミレニアルズで、61%以上が35歳以上。メイシーズの買い物客は46%がミレニアルズ、54%以上が35歳以上という統計がでているのですが、いずれも35歳以上の客層が大半を占めています。 

同じ買うなら、どこよりも安く!彼らは、デイープデイスカウントされたお買い得商品を求めて、、いつもより、4.3マイル(約7キロ)遠い場所であっても好んでいく傾向にあるといいます。これは、いつもいくショッピングモールの2倍の距離にあたるそう。 よほどの田舎でない限り、これくらいの距離であれば、モールが2−3件あってもおかしくはありません。

閉店セールすらも競争という状況なんですね。しかも、同じ企業同士であっても、閉店セールを行っている店舗に軍配があがるわけでから、食うか食われるか、共食いもありのシビアな状況です!

 2017/02/09 11:52  この記事のURL  / 

アバクロの新コンセプトストア

Photo : Abercrombie and Fitch

アバクロンビー&フィッチ社が、2月17日にオープンするという新コンセプトストアを発表しました。 場所は本社のある、オハイオ州・コロンバスのショッピングモール内で約136坪ほどの売り場面積。 入り口の透明の丸い窓には、1900年代初頭に使用していたA&Fのロゴを象ったメタルオブジェがデザインされ、内装は、柔らかい明るさの照明で、ほのかに香る優しい香りが漂う心地よい雰囲気。かつての上半身裸のモデルやイケメン店員のみを起用したクラブのイメージは一新。クリーンでモダンな清潔感のあるインテリアのイメージ。

最も、力を入れているのが、試着室で、プライベートスイートルームの様な空間で友達同士や、ファミリーでお互いの試着状況を共有できる様になっている。そのルーム内には、携帯の充電ができるチャージドッグ、ミュージックやライテングの選択が可能なアメニテイがついており、自然に利用者の気分を高める事が可能といったもので、年内に、このタイプのストアを6店舗オープン予定している。

ウエブサイトの方では、創業当初のプレミアムコレクションとして、スエードのボマージャケット(600ドル)や、ムートンのロングコート(1200ドル)などの高額商品も展開しており、ストアイメージを一新すると共にブランドとしてのロイヤリテイを取り戻そうとする意図があるのでしょうが、一部のマニア向けで、本来のアバクロの消費者層には向かない商品だ。 クールキッズ限定というコンセプトで、総スカンを食らった同社が、消費者を取り戻す為に検討した結果、個性を失ったなんだか積極性の無いストアという感じだ。








 2017/02/08 11:37  この記事のURL  / 

救世主となるか?ギリーヒックスが、ホリスターの片隅で復活。


アバクロンビー社の姉妹ブランド「ギリーヒックス」が、ホリスターの店舗とオンラインで復活しましたね。「ギリーヒックス」は、オーストラリアのリゾート地に移住した架空のファミリーをコンセプトに、インナーウエア、ランジェリー、パジャマや、コロンなどのビューテイプロダクトまで展開されたブランドで、2008年にスタート後、28店舗を展開していましたが2013年に閉鎖となりました。

閉鎖の理由は、アバクロ本体の業績悪化に伴っての事でしたが、奇しくも、当時、競合店として必ず比較対象とされた、ヴィクトリズ・シークレットの「ピンク」や、アメリカン・イーグルの「エアリー」は現在も絶好調。特に、エアリーは、苦境のテイーンブランドの中で唯一、成長しており、フォトショップを使用しない、ありのままの女性のボデイを主張した、ポジテイブ・ボデイ戦略が功を無し、ブランドイメージもアップしています。

この功績を我が社にもとばかり、ホリスター部門の中で復活となった様です。 独立店舗があった時期は、私も何度も足を運んだストアなのですが、コテージ風の内装で、個別に分かれた部屋にお邪魔しているかの様なヴィンテージ風の家具や什器が置かれ、天井の高さまである、ブラライブラリーは圧巻でした。大人っぽく重厚感のある雰囲気から、店に訪れている消費者の年齢層にも幅がありました。しかし、今回の復活では、ホリスターの傘下に置いたことで、テイーンのコンフォート・ライフスタイルをベースにした、完全なテイーンブランド。ピンクやエアリーと真っ向勝負となります。
 
流行のブラレットを中心に、ヴィクトリズシークレットが昨年、完全撤退した水着も展開する様です。以前から使用していたブランドアイコンの「コアラ」がある以外はエアリーと、さほど変わらない印象。アパレルが苦戦する分、好調なカテゴリーで売り上げをキープしたいところでしょうが、これだけでは、ピンクやエアリーとの競争力は厳しいと思えます。現在、復活キャンペーンを行っている様です。

ホリスターの片隅でというのも寂しい話ですが、今思えば、商品のバッグボーンに、架空のストーリーがあることや、凝りに凝った内装だけで、消費者は新鮮さを感じていたのですが、オンラインビジネス時代が優位な時代となり、デジタルに精通した消費者が中心となったことで、これだけでは集客できなくなってしまいました。

それにしても、アバクロ社、どこよりも早く、ジムやフィットネスに注目し「GYM ISSUE」というコンセプト商品も展開していた事もありましたが数年で辞めてしまいました。「ギリーヒックス」にしても、とても良いブランドだったのに先見の明が無かったか、同様のことを感じます。経営難を救うのに、ブランドの閉鎖や縮小は手っ取り早い方法ですが、独裁国家の様なガチガチの自社コンセプトに拘るより、消費者の趣味趣向をもっと読むべきだったと思います。折角、復活したギリーヒックス、二番煎じの特効薬に留まらず、うまくいくと良いですね。

GILLY HICKS (ギリーヒックス)
 2017/02/03 09:08  この記事のURL  / 



ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28