« 2013年09月 | Main | 2013年11月 »
URBAN INCの新感覚ライフスタイルヴィレッジ『DEVON YARD』計画が公表!



URBAN INCでは、『アーバンアウトフィッターズ』『フリーピープル』『アンソロポロジー』、そして当社のブログでもご紹介したガーデニングコンセプトの『テレイン』、ウエデイングコンセプトの『BHLDN-ビーホールデン』と異なる5つの業態のライフスタイルブランドを展開していますが、先日、公表された新コンセプトは今までとは全く異なる壮大なスケール!

Main Line Media Newsによると、ペンシルバニアベースの『Devon Horse Show& Country Fair Inc』とUrban Incとのパートナーシップで実現する新施設『DEVON YARD』計画を公表。その施設に何ができるかというと。。。

- Terrain (テレイン): ガーデニングコンセプトストア
- Anthropologie(アンソロポロジー): ファッション&ホーム雑貨融合のライフスタイルストア
- ブテイックホテル:93部屋のファンシールーム
- 高級レストラン
- ミッドレベルのレストラン
- 食料品専門店
- ヘルススパ、フィットネスクラブ又は、エクササイズスタジオ

これらを併設した総面積、6.5エーカー(約2.6 ヘクタール)の巨大ライフスタイルヴィレッッジ。 場所はペンシルバニア州のイーストタウン、デヴォン・ブルーバード、2012年に閉鎖されたWaterloo Gardenの跡地をベースに建設予定だそう。 このエリアは、アーミッシュ村で有名な、ランキャスターに位置する為、アーミッシュの石工がプロジェクトに参加し、石造りの外観やハンドクラフト感を取り入れたスタイル。建設は2016年の4月に完成予定

”ライフスタイルストア”にも様々なスタイルがあり、その定義に疑問を感じる事も多々あるのですが、アーバンアウトフィッターズ社では、昔から『クッキーカッター様な店作りはしない』というのポリシー、金太郎あめみたいな同じ顔の店作りはしないという事で、時間をかけて拘った店作りをして来た企業で知られています。

『Terrain』では、ガーデンセンターで育てられた野菜や果物をそのまま、カフェへ、”Farm -to-table"が、ストアと実体験が繋がったスタイルとなりましたが、『DEVON YARD』では、アンソロポロジーやテレインの店内で感じる、セージの香りや、おしゃれな食器、家具、バスタオル、植物等、物を販売するだけでなく、提案するライフスタイルが全てリンクした形で体験できる、一歩先行く、新感覚の総合施設を作ろうとしているようです。 本拠地、ペンシルバニアでじっくりと腰を据えたプランは、“物”を販売する事から、“実体験”を提供する事への新たなステージへの挑戦といえます。 資金もあるのでしょうが、競合店とは違った角度から、先を見据えた野望もすごい企業ですね。。
 2013/10/04 04:45  この記事のURL  / 



ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31