« 2011年04月 | Main | 2011年07月 »
新マーケットプレース『GILT TASTE』

フラッシュセールスの最大手、ギルトグループが更なる拡大を狙い、フルプライスのグルメサイトGilt Tasteをベータベースで立ち上げた。グルメといっても、扱うのは肉や魚などの食材。食料品のネット販売では、フレッシュダイレクトが有名ですが、Gilt Tasteでは、厳選された高級食品のみ。

他のギルトのサイトと異なるのは会員制で時間限定のフラッシュセールスは行わず、フルプライスで販売する。但し、現在の所、ウイークリースペシャルだけは会員専用となっているようです。Gilt Tasteのスタッフは、わずか4人ということですが、グルメライター兼、エデイターとして知られる、Ruth Reichlをアドバイザーとして起用しています。

サイトで扱われている商品は、ニューヨーカーに親しまれている、有名肉屋、ベーカリーシェフの商品、Murray's CheeseLadyM, Payard等、有名グルメショップの商品、レストランでしか登場しない様な商品まで、厳選されたグルメ商品がずらり。

ただ、単に高級食材を販売するサイトではなく、広告無しの新しい感覚のグルメマガジンとして、商品に関わる生産者のストーリーを伝えたり、人気フードライターのMelissa Clarkも加わり、もギルト専用のレシピも紹介。カリスマ的なアドバイザーを入れる事で、信頼度と商品の世界観がぐっとあがります。

サイトをのぞいてみると、デイーン&デルーカや、EATALYで、おじさんに聞かなくとも、取り扱い方法、栄養素、生産者に関すること、どの様な状態で届けられるか等、商品に関する情報は一目瞭然。値段は高いがお墨付きの一流商品。

オーダーから2-3日で届き、商品にダメージや問題があった場合は、カスタマーサービスが対応するが、基本的に最終セールという事で返品は受け付けない。こういったサイトで、クオリテイーの神話が崩れると、大変なことになりそうですが、フレッシュダイレクトでも良く聞くように、何かあった場合は、交換の上、無料にしてくれたり、デイスカウントなど、お客様に取っては得をしたと思わせる様な特別処置が取られるのでしょうね。。想像ですが。

ギフトとして喜ばれそうな商品もたくさんありますが、アメリカの富裕層のお金の使い方にも変化がみられる昨今、どんな人達が、どれくらい利用するのか興味のあるところです。

フェースブックや、ツイッターにも対応しています。

www.gilttaste.com
http://www.facebook.com/gilttaste
http://twitter.com/gilttaste
 2011/05/19 05:50  この記事のURL  / 

アメリカ婦人デニム売り上げ

リサーチ会社のNPDグループの発表によると、2010年の2月〜2011年の2月までの婦人デニム市場の売り上げは、3.2%増の$8.75b(約7,087億円)

$50以上のジーンズの売り上げは、2009年の$1.45b(約1,175億円)から6.4%減の$1.36b(1,102億円)だったそう。 

昨年は、ジェギンスの売り上げが$271.3M(約219億円)と3倍の伸びでしたが、通常のジーンズに比べると低価格帯であるため、全体の平均価格を下げる結果となり、昨年の$23.23から$22.79にダウン。

2011年も同じ傾向が続いているが、通常のジーンズの需要がもどりつつあり、消費者は細めのジェギンスのシルエットから、移行すると予想されています。

上の表を見ると、デパート、全国チェーン、マス市場、デイスカウンター、ウエブやカタログ販売等が、全て昨対を下回ったという結果の中、専門店でのシェアは拡大。レデイースのジーンズでは、14.8%増の$3.25B(約2,633億円)デニム市場全体の42.6%を占めているのが特徴ですね。 アメリカンイーグルや、オールドネイビーが、トップ10ブランドの上位に食い込んでいますからうなづけます。 

ジーンズのトレンドとしては、フレアーやワイドレッグが様々な素材や加工で浮上。 新60&70年代にインスパイアーされたシルエットや、ホワイトジーンズでの特殊洗い加工等がピックアップされています。

ちなみに婦人デニムジーンズトップ10ブランドは以下のとおり。

1:リーバイス
2:アメリカン・イーグルアウトフィッターズ
3:オールドネイビー
4:グロリア・ヴァンダービルト(ウオルマートPB)
5:LEE
6:ギャップ
7:エアロポステール
8:エクスプレス
9:ポロ・ラルフローレン
10:フエーデッド・グローリー(ウオルマート)

コットン価格の上昇で、今年後半は、価格設定が重要なポイントとなりそうです。
 2011/05/12 01:56  この記事のURL  / 

ヴィジュアル系SNS "Pinterest"

ツイッターや、フェースブックの様な、ソーシャルネットワークが一般化されて来ましたが、感覚的に使えるPITEREST-ピンタレストというバーチャルSNSをご存知でしょうか? 日頃、ショッピングサイトや、様々なホームページ等を見ていて、素晴らしい写真を発見する事があると思いますが、簡単に説明すると、ネットから気に入った写真を自分のボードにピンナップしていくというものです。私もつい最近、使い始めたのですが、インスピレーションボードを作る感覚で、イメージが明確化され、ヴィジュアル的に完成されていく楽しさがあります。ユーザーの中には、自分の欲しい物リストを作っている人や、夢のインテリアやキッチンのアイデイア、ヘアースタイル、文房具、アート、洋服、ペット、アクセサリー、グラフィック、ロゴ等、様々です。 

他のユーザーさんを丸ごと、フォローしたり、気に入ったピンボードのみをフォローする事もできます。 そうすると、フォローした人達が新たにピンナップした写真が自分のページにでてきます。特定の写真のみを気に入った場合は、『Repin』して自分のボードに加えたり、メッセージや感想を送る事ができます。

他のユーザーさんのボードを見ると、それぞれの趣味趣向が見えてくるのも楽しさの一つ、自分が良いと思うセンスをシェアしている様な感覚でしょうか。 各ボードから、写真をクリックすると、元のホームページに繋がり、思わぬ、情報を得る事もあります。クリエーターやデザイナーさん、デコレーターの方から一般の主婦の方まで、自分の世界をヴィジュアル化しアイデイアを広げるツールと言えます。

使用方法:
Pinterestは、今のところ英語版のみですが、ビジュアル的なものなので、セットアップさえ完了すれば、それ程、煩わしさはないと思います。招待制になっている為www.pintest.comの最初のページにある、『Request an Invite』をクリック。E-MAILアドレスを入力すると、1週間から10日くらいで招待状が送られて来ます。 その後、ログインするための手順がでてきますので、それに従って記入。ボードのタイトル等を記入する欄がでてきますが、後で変更が可能ですので、適当なタイトルでOK

ブラウザーは、Firefox, Safari, Chromeのみ。

インストラクションにでてくる、PinIt という文字を、そのまま、マウスでドラッグして、ブラウザーのブックマークにいれます。(Bookmark Barにいれておくと便利)

ピンナップする方法は、気に入った画像があれば、ブックマークの『Pin It』をクリック、ボードのタイトルを選び、画像の説明をいれて、一番下のPIN ITのブルーのボックスをクリックすると終了。この時に、新しいボードを作る事もできます。

www.pinterest.com


関連記事
PINTEREST:情報を視覚的にオーガナイズ
 2011/05/10 09:28  この記事のURL  / 

LEIFSDOTTIRがアンソロの独占ブランドに


アーバンアウトフィッターズ社が、ハイエンド市場向けに2008年から展開していたLeifsdottir(リーフスドッター)の卸売りを停止し,アンソロポロジー店での独占販売及び、オンラインでの販売のみにシフトされる。

バーグドルフグッドマン、ニーマンマーカス等、約65店舗にて販売されていましたが、春物の商品の出荷をもって卸売りが停止となります。テイラー・スイフトや、サラ・ジェシカパーカー等にも愛用されていました。

リーフスドッターは、北欧のスカンジナビアからインスパイアーされたブランドで、フィンランド出身のクリエイテイブ・デイレクターJohanna Uurasjarviによりバックボーンが作られています。ブランド名の由来は、スカンジナビアの代表的な名前(姓)“リーフの娘”という意味だそう。

今回の変更はあくまでも戦略上のものと思われ、Free Peopleでも経験している様に、卸売りのみの商売では、成長は非常に遅く、消費者の認知度も曖昧なままです。第一四半期の売り上げは、既存店ベース(卸売り)で数%のダウンと微妙。ブランドとして成長するには、直営店の運営は必須、しばらくの間、アンソロ〜の独占ブランドして販売をしながら、プランどうり直営店の準備をするのではと思われます。 

Johanna Uurasjarviは、アンソロポロジーのエクゼクテイブ・クリエイテイブ・デイレクターとしてカムバック。 また、先月には、20年間、バーニーズNYのトップMDを務めたJudy Collinsonもアンソロ〜のエグゼクテイブデイレクターとして就任、商品開発からアクセサリーを除く全ての監修を行うとアナウンスされ新体制が組まれています。

www.leifsdottir.com
 2011/05/03 06:55  この記事のURL  / 



ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31