« トレンド | Main | アスレジャー »
CtoCビジネス:基本的な利便性と合理性がワークする。

今週、「高所得社がはまる中古衣料の再販サイトスレッドアップの成長の理由」というコラムをアップさせて頂きました。 ちょっと書ききれなかった事をフォローアップします。

この「スレッドアップ」はオンライン版のスリフトショップとして知られています。”スリフトショップ”とは不用品を委託販売する古着屋さんの事で、昔から米国の人々に親しまれてきました。 ECに特化した事で幅広く販売が可能となり、CtoCをベースにした、スタートアップが様々登場しています。

その中でも「スレッドアップ」が支持されている理由の一つに、不要な洋服を指定の袋に入れて無料送付するだけという手軽さがあります。それともう一つ、商品の写真撮影からECへのアップ、購入者への送付まで一括管理している事が大きい。

利用者の負担が少ないだけで無く、ウエブ上の商品は、同じマネキンに着用させて撮影した統一感があり、商品説明も同じフォーマットで使用されているので、普通のショッピングサイトを見ているのと変わり無い清潔感があります。 競合他社の場合、出品者が全てハンドルしているので写真も文章もマチマチ。

また、スレッドアップがECを管理している事で、サイズ、色、スタイル、ブランド等の絞り込みが可能となっていて、自分に必要な商品のみを閲覧でき合理的。これは、実店舗のスリフトショップでは難しく、競合ECでも検索はできますが、ここまでの絞り込みは見られません。

シンプルで基本的な事なのですが、整頓された使いやすいプラットフォームは、幅広い年齢層に受け入れられますし、CtoCのオンラインビジネスと言うと利用者まかせで、運営会社は手数料を取るだけというケースが多いのですが、面倒な作業を一括管理する事で、出品者、購入者両方の利便性と合理性を実現しているのではないでしょうか。

同社のブログでは、セレブリテイが利用している例も紹介されています。 例えば、サラジェシカパーカー、すぐに成長する子息の服は再販商品を利用している賢いママエピーソードや、ウイルスミスの奥様と娘さんはサンタモニカのスリフトショップに好んで行くとか、ドリューバリモアやズーイ・デシャネルは、ユニークな掘り出し物を見つけるのに利用している等。 セレブも利用するスリフトショップは節約の為だけでなく、スタイリッシュというアピールは買い物の習慣に変化をもたらしている一つかもしれません。

また、先日のCBSのニュースで「スレッドアップ」の関連ニュースがあったのですが、閉鎖や倒産に追いやらたショッピングモールのブランドが、皮肉な事に再販市場では、あっという間に売れているという事が伝えられていました。 ウエットシール、クロックス、BCBG等、いずれも大量閉鎖をしたブランドが人気。例え、倒産しても、良く知っているブランドであれば、サイズ感も分かっているし、値段が安いならということでしょうか。ブランド需要はあっても、米国の消費者は正規価格では買わないという傾向も増加しているようです。
 2017/05/19 08:28  この記事のURL  / 

アマゾン:72サイズ展開のメンズのドレスシャツに特化したPBをスタート


アマゾンが、ファッションビジネスを拡大していますが、その中でも既にスタートしているというアパレルのPBも気になるところです。今年は、以下7つのインハウス・ファッションブランドをスタートしており、将来的には、メイシーズあたりのハウスブランドと競合しそうです。

- Franklin &reeman(メンズドレスシューズ)
- Franklin Tailored(メンズスーツ&アクセサリー)
-James & Erin(レデイースアパレル)
- Lark & Ro(レデイースアパレル)
-Society New York(レデイース・アパレル)
-North Eleven(レデイース・アクセサリー&防寒具)
-Scount+RO(キッズアパレル)

そして、最近気になったニュースでは、メンズのドレスシャツに特化したPB「BUTTONED DOWN」をスタートしています。100%スピマコットンを使用した、ノンアイロンのメンズドレスシャツは、プライム会員限定で、価格は39ドルからと低価格。無地が39ドルで柄ものが49ドルとなっているようです。現在の所、8型しか展開していない様ですが、注目すべきはビッグ&トールサイズをカバーした、72サイズを展開をしていること。 ユニクロのドレスシャツは、$29.99と更に低価格ですが、XS-3XLの7サイズのみ。以前、ブログでもご紹介した様に、体にフィットするシャツを求めている男性は多く、低身長の男性をターゲットにしたシャツブランドや、75ものサイズを取り揃えたシャツブランド「Stantt.com」等が成長下にあります。

大手アパレルでもなかなか着手できない、ニッチ市場に取り組んだ商品をアマゾンがPBとして展開するのは脅威ですね。 将来的に、ドレスパンツ、カジュアルシャツ、セーター等を展開していくそう。ジェイクルーが苦戦している理由の一つに、質の良いベーシック商品の欠如がありますが、アマゾンがシェアを奪う可能性もあるのです。

エバレーンの買収も検討しているという噂がありましたが、アマゾンがその他のアパレル企業を買収することは十分に考えられ、ジェイクルーやバナナリパブリック等、ますます窮地に追いやられるかもしれませんね。




 2016/12/07 09:14  この記事のURL  / 

米国小売店の会員制プログラムが続々登場

アマゾンプライムに代表される、年会費を支払うことで、送料無料を始めとする特典がある会員制プログラムが他の小売店からも続々と登場している。BI INTELLIGENCE社の報告によると、米国消費者の74%は送料無料の特典に、50%の人は割引等の価格帯の特典により購入の決断をしている事が分かっている。 

これらの特典が得られる会員プログラムは、より多くの消費を促せるという事で、他の企業でも同様のサービスをスタートしている訳ですが、どの様なプログラムが登場しているかというと。。。

Amazon Prime
年間99ドルで送料無料(2日デリバリー)ビデオ&音楽の無料アクセス。53M(5300万人)のプライムメンバー うち、25%は米国外の会員

JET
コスコモデルの様なデイスカウントクラブのE-コマース版。年間50ドルで、どこよりも10−15%低額。 送料は無料では無いが、アルゴリズムシステムの利用により、届け先のロケーションに最も安いオプションでの送付が実現している。

SEPHORA FLASH
以前もご紹介した、コスメてイック製品を扱うセフォラの会員プログラム。年間10ドルで2dayシッピングが無制限で無料。翌日配達は、5.95ドル

GOOGLE EXPRESS
月10ドル若しくは年間95ドルで無料即日配達(15ドル以上の買い物につき) 非会員は、15ドル以上の買い物で、5ドルの送料、15ドル以下で8ドルの送料。

INSTACART EXPRESS
食料品を扱う『ホールフーズ』『コストコ』『セーフウエイ』等と提携したデリバリーサービス。 年間99ドルで、無料で2時間内に配達される。インスタカートサービスは通常、1回のデリバリーに、3.99ドルとの事なので、24回利用すれば元は取れる形。

THRIVE MARKET
オーガニック系の食料品とウエルネス関連のEコマース。 ヘルスコンシャツな消費者を対象にした、健康版コストコ。だけど、大量購入する必要無し。年間60ドルで、競合店と比べて、25−50%低価格で購入できる。

特に食品デリバリーのスタートアップ企業は、1週間に100万ドル(約1億2000万円)の収益をあげる程の急成長。 買い物する時間の取れない、ビジネスマンや共働きの家庭、お年寄り等にも需要のあるようです。ホールフーズやコストコ等、複数のスーパーマーケットと提携していて、スマホのアプリから注文も出来るのが若年層にも対応している。

益々、こういったプログラムが増加しそうですが、『送料無料』『低価格』『無制限』等、消費者が購入するか否かを決定するキーワードとして重要視される反面、それにかかる経費とのバランスが難しい所です。

アパレル関連のECでも、店頭に行かなくとも、自宅で試着できるサービスが続々登場しており、商品を買うに至る価値観が多様化してきている様です。 

アパレル企業も、ブランドネームが価値観とされる時代は終わり、送料やデイスカウントで消費者を惹き付けるというだけでなく、消費者にとって新たな価値観をプラスする事が重要課題となりそうです。









 2015/03/27 10:44  この記事のURL  / 

エッツイが、IPO申請

昨日、手作りのアイテムを売買する、エッツイーが1億ドル(約120億円)をターゲットに上場申請をしました。売り上げは、2013年の1億2500万ドル(約150億円)から、2014年は56.4%増の1億9560万ドル(約234億ドル)に急進しており、売り手の会員数は全世界に140万人、購入する方の会員は1980万人存在とこちらの方も年々増加しています。エッツイの収入は、売り手から、一つのアイテムに付き20セント、売買が成立した場合は、商品額の3.5%、そして検索したトップページのリストする為の広告費などが主。

米国のオンラインマーケットプレースの中で、アマゾン、イーベイ、ウオルマート、ベストバイに続き、5番目に最もビジターの多い、Eコマースとしても実績があり、米国に留まらず、全世界に売買の会員を広げている所が、底知れないという印象もあります。

ただ、一方で、エッツイは設立から10年、長年、このサイトでビジネスを続けてきたベテランの売り手達が、続々退会しているという事も聞きます。理由は、インドや中国等からのホールセラーが販売する低価格帯の商品を受け入れる様になった為、手作り商品の価値が下がっているからだそう。

元々、エッツイは、売り手本人が手作りした商品しかリストできなかったのですが、数年前から、第3者が作った商品や、生産を工場に委託した商品でも販売できる様になったのです。 同じ手作りでも大量生産した商品が入ってしまうと、元々の売り手達は適正価格で販売できなくなり、買い手の方も、安い方が良いという事で、注文が集中してしまうのでしょう。

こういった状況に加えての今回の上場申請は、各紙で注目される一方で、本来、ハンドメイドのコミュニテイサイトという所からスタートしたエッツイは、投資家への収益あげる為のツールではない、アート魂を売ってしまったのかと嘆く声も多い様です。

 2015/03/06 09:33  この記事のURL  / 

フラッシュセールスのスランプ

高級ブランドの洋服や鞄を、大幅値引きで購入できる事で、人気を博してきたフラッシュセールスが、ここへきて成長が鈍化している事が話題に。

フラッシュセールスサイトのパイオニアとして、驚異的な成長をし、最も注目された『ギルト』の場合、2007年の立ち上げ当初は目標の売り上げの7倍、2008年は$25M、2010年には$425Mの売り上げと驚異的な成長。しかし、2011年には、1000億円の企業価値と目前とされていた上場は実現せず、2012年には10%のスタッフを解雇しスケールダウン。

その他、フラッシュセールでは、以下の様な種類がありますが。

- Rue La La(売却先をサーチ中、ギルトが有力候補?)
- Haute Look (ノードストロームが買収)
- Vente-Privee (フランス発、アメリカンエキスプレスとパートナー契約)
- Zulily (主婦層ターゲット)
− Ideeli (グルーポンが買収)
- Beyond the Rack (モントリオールベース)

上場した、主婦層をターゲットの『Zulily』は数年前まで、急成長企業として注目、しかし最近のニュースでは
昨年の売り上げが鈍化、株価も低下し、市場価値は60%もダウンと伝えられています。フランスの『VENTE-PRIVEE』は、昨秋、米国サイトを閉鎖、その他のサイトも吸収合併等でサバイバルしている状況が見られます。

フラッシュセールスのビジネスが厳しくなっている原因として、リセッション時期、デザイナーの多くは在庫の消化を目的に、たくさんの商品を放出していたので、フラッシュセールが成り立ったという経緯がありますが、その経験から、ブランド価値を下げない為にも、生産量をコントロールする様に。景気も回復し、競合サイトも増えた現在、高級ブランド商品の調達は非常に困難になっているのが現状なのです。

そんな中、ネッタポルテやユークス等のEコマースは引き続き強力なライバルとして存在し、TJマックス等のオフプライス店の快進撃、オムニチャンネル戦略等で、選択肢が広がった結果、期間限定による、今買わなければというトリックは消費者に取って効果的ではなくなっているのではないでしょうか。

ノードストロームも2020年までにオフプライス部門の『RACK』を、現在の166店舗から300店舗に拡大する事をアナウンスしたばかり。ちなみにレギュラー店は、現在116店舗と完全にオフプライス店が上回っています。消費者の選択肢は、オンライン、オフラインに限らず増加傾向。

ギルトでは、会員を増やす事よりも、既存の客層をベースにしたサービス戦略にシフト。数年前から、トラベルやフレッシュダイレクト等、プロパー価格の商品を販売していますが、若年層900万人の富裕層会員をターゲットに、ブランドとのコラボ限定商品やPB商品を販売。

従来のフラッシュセールスとは異なるビジネスを取入れる事でサバイバルして行く事になりそうです。
 2015/02/24 10:42  この記事のURL  / 



ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31