Main | リテイラーの動向 »
ストレスフリーな、キッズ向けオンラインショップ「Rockets of Awesome」

選ぶ手間、買い物の手間が無いのが利点の定期購入サービスですが、一旦、メンバー登録すると、退会が困難であったり、送られてきた商品が気に入らない等のクレームを耳にします。

今年に入ってから2回目の従業員の解雇を行ったビューテイプロダクトの定期購読サービスBurchbox(バーチボックス)も顧客の肌質に合わない製品が送られてきたり、同じ商品が何度も送られ来る等のクレームが絶え無い様子。

そんな中、”定期購入”というしばりを無くした、キッズ向けのEコマース、Rockets on Awesome(ロケット・オン・オウサム)が先日ローンチした。サービスの概要は、以下の通り。

オンライン上でキッズのプロファイルを作成。好きな色、サイズ、スタイル等、クイズ形式で答えて行く。 そのショッピングデータに基づき、「ロケット・オン・オウサム」のスタイリストがキュートレートした商品、トータル12品が、3ヶ月置きに無料で自宅で送られてくる。ユーザーは気に入った商品のみを購入、気に入らない物は無料で返送。

$12−36の商品なので、平均一品$20として、1回につき$240分の商品が年に4回送られてくる仕組みだ。しかも、定期購入代金を毎月支払う義務がなく、欲しい商品のみの支払いを行えば良いのです。商品は、アジアやドミニカン・リパブリックで生産されているようですが、全て自社製品。

副社長兼マーチャンダイザーのZIA TAYLOR さんは、「オシュコシュ・ビゴッシュ」「ギャップキッズ」アメリカンイーグルのキッズブランド「77キッズ」等、トータル20年以上の経歴を持つベテラン。スタイリスト達も、ジェイクルーやケートスペードでの経歴を積んだスタッフを起用しており、スタイリング以外にも、キッズの洋服に必要なデイテイルや安全性を完全把握したプロ集団。

定期購入で、消費者が不満を持ち続けた規定を全てクリアーにしたストレスフリーなサービスは、共働きや、子育てに忙しい消費者に取って、非常に利便性のあるものと思えます。実店舗でいくら買い物をしたって、お客さんを覚えているセールスパーソンは少ないですし、まして、その顧客の趣味やサイズのデータを元にアドバイスというのは不可能に近い。

成長も早く、洋服の劣化も早いので、買い替えショッピングは必ず必要ですね。2015年の米国のキッズウエアは、$156.8ビリオン(1,586億ドル・約16兆6,500億円)市場。ショッピングを手助けしてくれる、こういうサービスは、理にかなっているかもしれませんね。

ロケット・オン・オウサムのウエブでは「The Awesome News」という暮らしに役立つ情報サイトもあり、スタイル、リビング、フード、子育て、セレブ等の項目があり、ヘルシーなアイスキャンデイのレシピや、トレーシーアンダーソン等、セレブママ達の情報等も嬉しいサービスの一つですね。
















 2016/07/29 08:07  この記事のURL  / 

お手頃価格のファッション雑貨チェーン「チャーミングチャーリー」

アパレルのファストファッションがあるのなら、ファッション雑貨に特化したファストファッションがあってもいいじゃないかと言う様な発想で今月、5番街39丁目にオープンしたのが「チャーミングチャーリ」

都心への進出は初となる為、聞いた事が無い方が多いと思いますが、実は、全米に350店舗も展開する急成長中のファッション雑貨チェーン。今年で創業10年目。 2012年時点での年商は$235.9M、昨年2014年には$500M(5億ドル or 約600億円)と出店と共に確実に売り上げをのばしています。1店舗あたり、1億7,000万円くらい販売している事になるのでしょうか、アパレル店が苦戦を強いられている中、なかなかの健闘ぶりといえます。

数年前から5番街への出店の噂があり、ようやく今年オープン。トレンドを重視した、ハンドバッグ(35−49ドル)ジュエリー(8−15ドル)スカーフ(15ドル)アイフォンケース(15ドル)その他、時計、ジュエリー、帽子、ブライダル商品、洋服や靴、レザー小物、ビューテイプロダクトも扱っています。平均客単価は、30ドルという、H&Mやフォーエバー21にも匹敵する低価格帯が特徴。

商品には、カラースキームを取入れていて、赤・ブルー・ゴールド等、それぞれ色毎にMDが組まれているので、自分の洋服の色に合わせてコーデイネートしやすくなっています。ここ数年、アパレルにも力を入れています。

一つ一つの商品は小ロットで沢山作らず、新商品が常に入荷する、まさに、「ファスト・ファッション雑貨店」という感じです。なぜ、こんな事ができるのかというと。 創業者のチャーリーさん、1974年にアメリカに移民してきたタイ人のファミリーの元で育ち、コロンビア大学のMBAを取得したタイ・アメリカンの紳士なのですが、当時、そのファミリーは、タイ生産のジュエリーをJCペニーや、ターゲット、ノードストローム等にも販売していたそうで、「チャーミング・チャーリーの」ルーツとなったそうです。 タイのファッション雑貨は有名だと聞きますので、そういったバッググラウンドが生産背景にもあるのでしょうね。

数年前に、ニュージャージのモールにもオープンし、業界でも急成長のニュースが話題になっていましたので、ビジネスの様子を興味深く拝見していました。オープン当初は、カラフルなチープシック雑貨に、女性達が興奮さながら、「この店の商品全部欲しいわ!」という声を多く聞きました。数年経った今は、落ち着いた様な印象。

今回は競合店が渦巻く都心のマンハッタン5番街での出店、厳しい状況もあるかもですが、アメリカの郊外店では成長を続けている様です。

http://www.charmingcharlie.com



 2015/06/25 11:06  この記事のURL  / 

タキシードだけじゃない。ブライドメイドもレンタルが登場。

「正当派はつまらない!新世代の最新ブライダル事情」というコラムをアップして頂いた所なので、こういった話題からも、ファッションや消費者の動向が見え隠れしますね。ブライドメイドの関連話題です。

ブライドメイドというと、花嫁さんの立会人(付添人)として、独身の姉妹、友人等で形成される女性グループ。ブライドメイド達は、大概、コンセプトに沿った華やかなドレスを着用するのが一般的。平均136ドルが使用されるそうですが、市場規模は、$1.7ビリオン(17億ドルor 2,040億円) $1=120円 

ブライダル市場に参入している小売店では、アーバンアウトフィッターズ社の「BHLDN-ビーホールデイン」や、姉妹店のフリーピープルも今年5月に「FP EVER AFTER」をスタート。その他、Jクルーアンテイラーターゲット等でも、ブライドメイド向けの商品を販売しています。

しかし、晩婚化の影響で、ブライドメイド達もばらばらのロケーションに住んでいたり多忙だったりと、こういった話し合いも、昔の様には簡単に進まない上、セレモニー向けのドレスは大概、たった一度着用するだけで後はクローゼットに眠っている事が多い。その他にも靴や鞄、ウエデイングギフト等、出費が多い時期でもあり、お洒落はしたいけれど、多くの費用はかけたくないというのが心情。

そういった昨今の事情に合わせ、オンラインでレンタル・オプションのあるサイトが登場しているようです。御なじみの「レント・ザ・ランウエイ」もその一つ、他にも「Union Station」「Vow to be chic」「Weddington Way」等が登場している。購入方法はそれぞれのサイトにより異なるが、ブライドメイド達で同じドレスの色違い等のスタイルを選んだら、それぞれのサイズインフォをベースに2種類のサイズのドレスを送付してくれ、自宅で試着。セレモニーが終わったら、プリペイドのボックスに入れてそのままシップバッグ、ドライクリーニングの必要も無く合理的。 

ブライダル市場に参入している小売店でドレスを買う場合と、オンラインサイトでレンタルした場合の価格比較は以下の通り。



レンタルが一般化しているメンズのタキシードと異なり、トレンドやフィッテイングにも拘りが必要なブライドメイド・ドレスにもこういったレンタルオプションが登場しているのも、今の時代ならではですね。
 2015/06/12 10:32  この記事のURL  / 

H&M姉妹店『& Other Stories』いよいよ米国進出

米国に初進出してから14年目を迎えるH&M。姉妹店『COS-Collection Of Style』の本格進出も準備されていますが、2013年の春にローンチしたもう一つの姉妹店『&Other Stories-アンド・アザーストーリーズ』も年末にかけて、ソーホー地区でのオープンが決まった様です。

ユニクロ、ザラ、マンゴー、ヴィクトリアズシークレット、フォーエバー21やブルーミングデールズ等が並ぶブロードウエイ沿いで、丁度、プラダの隣のビルに決定している様です。ソーホー地区でも家賃が高い場所ですが、最も人通りが多いのがこのストリート、立地条件としては申し分ありません。

『&Other Stories』については以前、こちらのブログで取り上げた事がありますが、『COS』よりもグレードをあげながらも、トレンド商品を短サイクルで提供したアフォーダブル価格の商品というコンセプト。ホームページ上で比べてみると、価格帯はあまり変わらない様な印象ですが、H&Mよりは高く、COSよりは若干、安い感じでしょうか。

『COS』が、ミニマルなデザインのメンズ、レデイース、キッズとアパレル中心に展開しているのに対し、『&Other Stories』は、レデイースのみに絞り込んだ、よりヒップで幅広いデザイン。ハンドバッグや靴、ジュエリー、サングラス、ビューテイアイテム等のファッション雑貨がかなりのボリュームで充実しています。

ZARAやマンゴー、トップショップもファッション雑貨を扱っていますが、店頭での割合としては20〜25%といったところでしょうか。殆どのケース、雑貨は何カ所かにまとめて販売される事が多く、アパレルとの関連性に欠け、見せ方としては魅力にかけるのが残念。『Other Stories』では ファッション雑貨の比重が多くなる分、VMDによっては、他店に無い、新しいアプローチの店になるかもしれませんね。

HPの写真と動画を見ると、商品をフィーチャーしながらも、おおらかに自分らしさを表現する生き生きとした人物像が伺えます。現在、バルセロナ、ベルリン、コペンハーゲン、ロンドン、ミラノ、パリ、ストックホルムに店舗があり、eコマースは12カ国。米国のサイトは、年末の店舗オープンと同時期にスタート予定。 

それにしても二つの姉妹店が一気に今年オープン、米国14年の経験を元にギアアップですね。

http://www.stories.com
 2014/03/28 05:02  この記事のURL  / 

ZARA:姉妹店『LEFTIES』で低価格戦争に参戦

Image via lefties.com

トレンド商品を短サイクルで販売する、ファストファッションブランドの代表とされる『ザラ』ですが、価格帯は、H&Mやフォーエバー21に比べるとかなり高く、安価な商品を求める客層はおおむね逃しているという状況があります。

ロイターによると、低価格品を求める客層の増加に伴い、対抗策が進めれているというのです。

1993年にスタートした、姉妹店『LEFTIES-レフテイーズ』は、ザラで売れ残った商品を販売するアウトレット的な機能を担っており、それ以来、在庫だけではなく、新たに生産した商品も投入している。 昨年から、このブランドをファストファッションブランドとして再構築すべく急ピッチでワークしている。

『LEFTIES』は、食べ残しや残り物を意味する『LEFT OVER』から。

在庫品を販売するデイスカウント店としてのスタイルから、店舗のインテリアやロゴ等を一新し、低価格帯のファッションブランドに対抗できるブランドにしようというもの。 

現在、店舗はスペインに86店舗と、ポルトガルに16店舗のみだそうですが、過去5年の間に、スペインの店舗数をゆっくりとしたペースで縮小(514から469店舗)しており、新生『レフテイーズ』がその場所にオープンする事になるそう。

本来の店舗は如何にも安売りの店というルックスですが、ウエブサイトを見ると、スタイリッシュなイメージで、レデイース、メンズ、キッズの商品を展開しています。花柄のブラウスで18ドル程なので、H&MやF21と競合する価格帯。

アメリカにやってくるのはまだ先になりそうですが、ホリスターも、ファストファッションの販売法を取り入れようと、西海岸のベンダーとワークしているそうですし、大型店舗が増えれば、ファストファッションの飽和状態になる日がくるかも!?

http://www.lefties.com
 2014/03/20 07:15  この記事のURL  / 

| 次へ


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31