« CtoCビジネス:基本的な利便性と合理性がワークする。 | Main | ミレニアルに抹殺される業界 »
オフプライス部門と同じ売り場で販売するメイシーズ

ニュージャージ州のパラマスモールに入っているメイシーズなのですが、先週、寄ってみたところ、1階と2階は、通常のメイシーズだったのですが、3階の半分のスペースを、オフプライス部門の「バックステージ」として販売していた。

不採算店をバックステージに順次改装すると報じられていましたが、レギュラー店と同じビルデイング内で営業するというのは、なんとも大胆。ノードストロームやサックス等のデパートが最も懸念する事は、両業態の共食い状態。 しかし、メイシーズは、自らその舞台を作り上げてしまい、デパート本来の任務を遂行するどころか、これでは買い物する動機が値段に傾倒してしまい、価格を下げないと売れないという現状況を促進してしまうのではないか。

そのバックステージのフロアでは、通常の小売価格から5−60%オフの商品が並んでいましたが、競合店が好調な分、気の毒なくらい買い物客はちらほらという感じ。 店内放送でしきりに宣伝していた、”25ドルの買い物で5ドルバックします”という、プロモーションのせいか、返って、1階、2階のフロアの方が客数が多かった。

レギュラー価格のフロアでも25%−30%オフのセールは常に行われているので、アパレルであれば、バックステージの雑多な残り商品を漁るよりは、今シーズンのサイズの揃った商品を買ったほうが良いからだろう。

その他のホーム雑貨に関して言えば、もの珍しい感じはせず、近隣で営業するTJXなどの競合店の品揃えやプレゼン力からは遥かに劣る。 宝物探しをするのなら、商品の充実と楽しさを感じさせる演出がある店頭へ足がむくのは当然と思える。

バックステージは現在26店舗、今年は更に19店舗オープンする予定、数年内に100店舗を目指し、オフプライス業態を押し進めていく様です。




 2017/06/02 10:25  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30