« パーソナルスタイリングの「Stitch Fix」が絶好調でIPOもあるかも? | Main | オフプライス部門と同じ売り場で販売するメイシーズ »
CtoCビジネス:基本的な利便性と合理性がワークする。

今週、「高所得社がはまる中古衣料の再販サイトスレッドアップの成長の理由」というコラムをアップさせて頂きました。 ちょっと書ききれなかった事をフォローアップします。

この「スレッドアップ」はオンライン版のスリフトショップとして知られています。”スリフトショップ”とは不用品を委託販売する古着屋さんの事で、昔から米国の人々に親しまれてきました。 ECに特化した事で幅広く販売が可能となり、CtoCをベースにした、スタートアップが様々登場しています。

その中でも「スレッドアップ」が支持されている理由の一つに、不要な洋服を指定の袋に入れて無料送付するだけという手軽さがあります。それともう一つ、商品の写真撮影からECへのアップ、購入者への送付まで一括管理している事が大きい。

利用者の負担が少ないだけで無く、ウエブ上の商品は、同じマネキンに着用させて撮影した統一感があり、商品説明も同じフォーマットで使用されているので、普通のショッピングサイトを見ているのと変わり無い清潔感があります。 競合他社の場合、出品者が全てハンドルしているので写真も文章もマチマチ。

また、スレッドアップがECを管理している事で、サイズ、色、スタイル、ブランド等の絞り込みが可能となっていて、自分に必要な商品のみを閲覧でき合理的。これは、実店舗のスリフトショップでは難しく、競合ECでも検索はできますが、ここまでの絞り込みは見られません。

シンプルで基本的な事なのですが、整頓された使いやすいプラットフォームは、幅広い年齢層に受け入れられますし、CtoCのオンラインビジネスと言うと利用者まかせで、運営会社は手数料を取るだけというケースが多いのですが、面倒な作業を一括管理する事で、出品者、購入者両方の利便性と合理性を実現しているのではないでしょうか。

同社のブログでは、セレブリテイが利用している例も紹介されています。 例えば、サラジェシカパーカー、すぐに成長する子息の服は再販商品を利用している賢いママエピーソードや、ウイルスミスの奥様と娘さんはサンタモニカのスリフトショップに好んで行くとか、ドリューバリモアやズーイ・デシャネルは、ユニークな掘り出し物を見つけるのに利用している等。 セレブも利用するスリフトショップは節約の為だけでなく、スタイリッシュというアピールは買い物の習慣に変化をもたらしている一つかもしれません。

また、先日のCBSのニュースで「スレッドアップ」の関連ニュースがあったのですが、閉鎖や倒産に追いやらたショッピングモールのブランドが、皮肉な事に再販市場では、あっという間に売れているという事が伝えられていました。 ウエットシール、クロックス、BCBG等、いずれも大量閉鎖をしたブランドが人気。例え、倒産しても、良く知っているブランドであれば、サイズ感も分かっているし、値段が安いならということでしょうか。ブランド需要はあっても、米国の消費者は正規価格では買わないという傾向も増加しているようです。
 2017/05/19 08:28  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31