« アバクロが遂に身売りを検討か!? | Main | CtoCビジネス:基本的な利便性と合理性がワークする。 »
パーソナルスタイリングの「Stitch Fix」が絶好調でIPOもあるかも?

 
Recodeによると、2011年にスタートした、パーソナルスタイリストサービスのSTITCH FIX(ステイッチ・フィックス)の2016年の売り上げが、7億3,000万ドル(約803億円)に達したとの事で、1千億円企業への成長が見込まれているようです。
 
昨年は、メンズやプラスサイズ(ビッグサイズ)のカテゴリーの拡大もあり非常に活発な一年だったようですが、どの様なサービスかというと。。

洋服の好みやサイズに関するアンケートに答え、個人のスタイルプロファイルを作成後、 アルゴリズムをベースにしたAI機能を元に、実存するスタイリストが、洋服、靴、アクセサリー等、250ブランドの中からセレクトした5品が送られてくる仕組み。自宅で試着して気に入ったものは購入の手続き、不要なものは無料で返送。 購入が成立した際に、20ドルのスタイリング費がかかりますが、5点全て購入した場合は25%オフの割引きがある。返品する商品の理由も、アンケート調査する事により、更に改善されたプロファイルに完成していくようです。
 
ステッチフィックスのピンタレストには90万人のフォロワー数があり、自分のスタイルボードを作る事も出来る様です。
 
ショッピングが得意では無く何を買って良いか分からないという消費者が、ターゲットで、最近はこういった定期購読サービスは珍しくありませんが、ステッチフィックスには3千人のスタイリストがおり、一人一人、丁寧に対応している様です。AIだけで無くスタイリストの感性が加わっているが、対面したサービスの様な煩わしさが無い所が良いのでしょうね。
 
実店舗では、ECほどの品揃えはないし、時給で働く店員さんが、個人の趣味趣向、サイズなどのデータを把握して、アドバイスすることは有り得ません。 ここでも個人に合わせたパーソナライズ化されたサービスと、スタイリングのプロにセレクトしてもらう楽しさが成長のキーポイントとなっている様です。
 
 2017/05/16 09:23  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31