« 商品受け取り方で、これ程違うマージン率! | Main | アバクロが遂に身売りを検討か!? »
アマゾン:自動採寸システムのソフト開発
昨年は、米国消費者の46%がアマゾンで洋服を買った事があるそうですが、インターネットで洋服を買うときの最大のリスクは、サイズが体にフィットするかどうか。米国のアパレルのオンライン販売のよる、返品率は30−40%と非常に高い状況の中、EC最大手アマゾンの目下の解決策は、アパレルのセクションの写真の改良、そして、返品の無料サービスで、それによって、利用者は返品費用を気にする事なくショッピングをする事ができる。

そして、更なるアパレルの強化の為に、今年、衣料製造のオンデマンドシステムの特許取得し、「ファイブデイズ・カスタム」の実現を模索しています。それには購入者の正確なサイズの採寸が必要となるのですが、アパレルトークで、プロトタイプのデイバイスを見た人物によると、カメラとスキャナーを使用しボデイを自動採寸、そのデータを顧客のアカウントにアップロードするソフトウエアを開発しているのだとか。 デバイスは、ちょっと前に話題となった、ファッションアドバイスをする「ECHO LOOK」に近い感じでしょうか。

多少、太ったり痩せたりしても、その都度、採寸するのであれば、体にフィットした洋服を注文する事ができ、更に、返品のリスクも大きく回避される事になります。

まだまだ開発段階の様ですが、アパレル企業が目の前の事で精一杯で追いつかない中、AIの導入を着々と進め、製造業者の買収も検討しているというから末恐ろしい限りです。



 2017/05/10 10:08  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31