« 今年オープンする店舗が大量閉鎖店のシェアをカバー | Main | 小売店が運営するホテルビジネス »
深刻化するニューヨークの商用空き物件の増加

Map via Vacant New York
上のグラフは、2016年にフリーランスのソフトウエア開発者が立ち上げた、マンハッタンの空き物件の状況を示した、インタラクテイブマップでソーホー周辺を切り取ったもの。

赤色でハイライトされた箇所が商用の空き物件で、クローズアップしていくとビルデイングの住所がでてきます。 家賃の高騰に、商用物件は長期リースが多い事から、マンハッタン全体でみてもかなりの物件が赤くハイライトされています。確かに、ストアリースの看板を頻繁に見かけます。

家賃が高くても、観光地エリアへの出店が良い時期もありましたが、現在は必ずしも売り上げに繋がるという状況ではありません。セールで集客する企業が多く、価格帯は以前より安くなっているにも関わらず、旅行者の衣料品への消費は減少。ウエブでも買える洋服よりはその他の観光や、最近流行のヘルシーでおしゃれ系のフードコートなど、食費への出費が増えているのではないでしょうか。

ユニクロも昨年のホリデイシーズンから、6ヶ月限定でオープンした、タイムズスクエアのポップアップ店、外は人で溢れている割には、買い物客は入っていませんでした。ソーホー店、34丁目店ともに、オープン当初からは減床して運営しています。それでも、ユニクロとザラは、周りのセール合戦に身を投じず、自社の販売方法を押し通しているのでマージン率はキープしているのではと思います。

リーマンショックの際は、あらゆるストリートに銀行の支店がオープンしていたのを思い出しますが、最近はポップアップ店が多い印象でしょうか、それにしてもこれだけの空き物件の増加、問題化しています。



 2017/04/27 08:24  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30