« 食うか食われるか! | Main | メイシーズ、靴売り場でセルフサービスを導入!? »
絶好調のTJマックスが新業態のストアをオープン!?

ホリデイ商戦での勝ち組はアマゾンだけではありません。先日アナウンスされた、オフプライス店のTJマックスグループ(TJX)も、第四四半期の売り上げは6%増加し94億7,000万ドル。1月末締めの年商は7%増加し332億ドルと発表され、多くの消費者がTJX社の店舗でクリスマスショッピングを行った事が実証されたと伝えられています。

そのTJX社には、寝具、家具、キッチン・インテリア雑貨、文具品等、通常価格の45-60% オフの値段で販売している絶好調の姉妹店、HOMEGOODS(ホームグッズ)がありますが、これとは異なる、新業態のホームグッズのストアをオープンすると伝えられました。 

新店舗のコンセプトや品物に関しての詳しい内容は現在の所、シークレットとされていますが、TJX社にとっても新たなマーケットへの参入となり、既存の買い物客たちもエキサイトするだろうとの事。テスト店として年内に4店舗をオープンするようです。既存の「ホームグッズ」店舗では、ありとあらゆる家庭用品が取り扱われているので、どう差別化していくのか興味のあるところですが、”オフプライス”であることは間違いありません。今の所、形態の類似した「TJマックス」と「マーシャルズ」が近隣に存在していても、あまり支障が無い様に思えますので、同じ家庭用品を扱う姉妹店ができたとしても、今の所、向かう所敵無しという状況でしょうか。

昨年、目にしたニュースで思い出すのは、食料品業界もTJXグループに侵食されているという様なもの。家庭用品に特化した「ホームグッズ」は、取り扱うカテゴリーが非常に多く、トレジャーハンテイング要素の高い、売り切りごめんの商売形態ですが、ここへ来ると、ある種のカテゴリーは販売しているという目的は生まれると思います。”食品”もその一つで、一般のスーパーでは取扱いの無い、グルメ食品がデイスカウント価格で販売されています。 以前は、オフプライス店で食料品をデイスカウントで買うというのは、一種、気持ちの悪いものがありましたが、例えば、トリュフオイルやソルト等の調味料や紅茶やスナック、チアシード等のスーパーフードやオーガニック系の健康食品に至るまで、珍しい製品が多く、賞味期限も記されているので、意外と皆、購入しています。若年層が新しい食品に興味があるというのも大きいですね。

ホームグッズ店での取扱い品目は多岐にわたりますので、新業態の店舗では、例えば、食品に特化した店舗であったり、ペットグッズに特化したり、あるいは、化粧品などのビューテイ商品や、スポーツグッズに特化する等、カテゴリーキラー的なオフプライス店になるのはあり得るかも? 特に食料品は切り離しても大きなビジネスの可能性があります。 こうなると、グルメスーパーのホールフーズや、不況知らずと言われるビューテイーやペット市場なども米国デパートの二の舞いとなり、おちおちしていられなくなるかもしれません。。。

Note:
「ホームグッズ」部門Q4の売り上げは13%増加し13億ドル。昨年の53店舗に続き今年は更に80店舗オープン予定。

現在の店舗数:
ホームグッズ(579店舗)
TJマックス(1,186店舗)
マーシャルズ(1,035店舗)
 2017/02/24 08:17  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28