« アマゾン・メイシーズのアスレチックウエアPB開発 | Main | 救世主となるか?ギリーヒックスが、ホリスターの片隅で復活。 »
米国ショッピングモール、滅びゆくか活性化を謀るか。

昨今の報道の通り、米国市場には巨大店舗閉鎖の波が押し寄せており、メイシーズは68店舗、シアーズは昨年の80店舗に続き12月に84店舗の閉鎖、JCペニーは今後2年で全店舗数の30%に当たる300店舗を閉鎖。婦人服アパレルチェーンの「ザ・リミテッド」も全250店舗を閉鎖し連邦破産法を申請して破綻。その他、BCBGに先週はウエットシールの全店舗閉鎖。今後もまだまだありそうで、収益の悪い店舗は縮小し、スピード感と利便性を重視したデジタル関連への投資をしてサバイバルというのが現状だ。

メイシーズやシアーズ等の大規模な店舗縮小は、米国のショッピングモール200店舗のアンカースペースに影響するそうで、田舎のモールは更に売り上げの低下を導き、最悪の場合、閉鎖を強いられるか・・ベストシナリオとしては、高額な家賃を支払えるレストランやジム、はたまた、歯医者やヘルスセンターを設けてモールに足を運ぶ新しいスポットを誘致して活性化を謀るというところでしょうか。

若年層がモールに行かなくなったと言われますが、最新のIBMとNRFの調査によると、13−21歳の消費者1万5,000人中、67%が店頭で買い物をする、37%が時々店頭で買うという回答をしています。余暇は74%がスマホでテキストやネットフリックスの動画、ゲーム等をして過ごすデジタル世代でありながら、店頭でのショッピングを好んでいるのに、なぜ、デパートやショッピングモールは滅びゆくんでしょうか。  

昨年末のニュースで興味深かったのは、米国セレブ、カイリー・ジェンナのコスメラインが非常に人気なのですが、ロス郊外にある、ウエストフィールド・トパンガモールで、カイリーコスメテイックのポップアップショップ(上の写真)をオープンした所、数千人の消費者が押し寄せ、入店に5−6時間待ちの事態となったそうです。セレブ絡みで、コスメブランドという事がありますが、ウエブでも買える商品であっても、興味の対象となれば、店舗へ足を運ぶのです。

若年層の多くが、店頭での買い物を好んでいるのに、興味のあるものが無い。昨年のホリデイ商戦も、新鮮さに欠け、どこも、ただただ、デイスカウント合戦になっていた事を考えると、値段だけなら、ネットで一番安く気に入ったものを買う。わざわざ店頭に足を運ぶ意味などないと思えてしまいます。

閉鎖や撤退が続くなか、ビッグスペースが空いた店舗は活性化を謀るチャンスとも言えます。こういう時だからこそ、新しいビジネスも生まれるのではないかと思います。





 2017/01/30 13:21  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31