« 米国の100均ショップってどんなの? | Main | アマゾンでハイブランドが売れる日が来るか⁉ »
エバレーンがカシミヤの値段を下げた理由


急成長の企業として、昨年の弊社コラムでも取り上げた「エバレーン」は、オンラインに特化したECで、製品の製造工程にかかるコストを全て証している究極の透明性が人気の企業。

このエバレーンの定番のカシミヤセーター、昨年は125ドルで販売していたのですが、今年は100ドルで販売されている。 理由は、カシミヤの原価は毎年変動があり、今年はラグリュアリー市場が低迷していることから、原価が16%ダウンしているのだそう。他の企業では原価に関係なく、か価格設定がされ、2倍の価格で販売されている。

競合店が販売する今年のカシミアのセーターの価格は以下のとおり。
-----------------------------------------------
バーニーズニューヨークPB(495ドル)
ジェイクルー:イタリア製(228ドル)
バナナリパブリック:イタリア製(88ドル)
ユニクロ:(79.90ドル)
-----------------------------------------------
カシミアといっても、A-Cランクまであり品質はピンキリ。エバレーンは、バーニーズNYクラスの製品が適正価格でというを売り文句にしてきたが、実際、16年以上に渡り、セーターを専門に扱ってきたモンゴルのファクトリーと提携している。最も毛玉ができにくいとされる15ミクロン以下の上質で長いファイバーを使用した最高級Aランクのカシミアを使用している。

エバレーンが支持されるもうひとつの理由に顧客からのフィードバックを真摯に受け止め、常に製品を改善していることがあります。以前は風合いに拘った素材を使用していたが、何度も洗濯を重ねるうちに毛玉ができやすくなってしまうという弱点があった事から、改善する為の最善のファイバーにたどり着き、今年のカシミヤセーターにアップグレードされているのです。パーカーやスエットパンツなどの新スタイルも加わっています。

カシミアに限らず、他の製品も顧客のフィードバックを重要視して反映されているので、出るたびにパワーアップ。 大量生産ではなく、少量の売り切りごめんスタイルで理にかなった運営方法と言えます。

他の企業のレビューを見ていると、去年の方が良かったなんていうのも時々目にしますが、顧客から絶大な信頼を得ているのは、地道な努力と製品に関する透明性があるからなのですね。

今年の夏、サンフランシスコに試着を目的とした「Everlane Fit Studio」をオープンし、他店舗展開するのではという噂もあり、ますます目が離せない企業。

 2016/10/28 08:44  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31