« メルカリ米国進出の裏技!? | Main | 米国10代調査:一番人気はフード、デニムは再浮上の兆しもレギンスは根強い人気 »
アメリカで人気の職業と平均年収
Bureau of Labor Staticsが、米国で働く、1億3,800万人を対象に行った調査で、最も人気の職業とその人の平均の年収を1位から22位までリストアップしたのが以下のチャート。一番人気は、小売のセールスパーソンで、平均年収は2万6,340ドル。1ドル105円として250万円。 

年収は、同じ職業でも、州やエリアに寄っても異なると思いますが、年収300万円以下の人数をざっと数えると、3,500万人弱ありました。シングルでも家賃に保険、大学ローンと重なっている人も多いと思いますが、ファミリーであればなおさら共働きをして1世帯あたりの収入をあげないと厳しい状況。

全米小売業協会では、今年のホリデイ商戦(11月と12月)は昨年より3.6%の増加するという予測が立てられており、また、RetailMeNot, Incによると、今年のホリデイ商戦では洋服、靴、ジュエリーを探している人が多く、調査した60%以上の消費者がセール品、プロモーション品を買うとのこと。これは去年のデータから51%も上昇しているそう。必要なものは、セールの時期にと偏った消費も予想されるので、ホリデイ後の冷え込みもありそうですね。

 2016/10/14 08:24  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31