« 米国展示会の衰退 | Main | 2000人が入荷待ちのレギンスとアスレジャーの行方 »
米国閉店ラッシュに思う事をつらつらと・・


アバクロンビーやウエットシール等、去年も大概、閉店のニュースはありましたが、今年も後半に差し掛かろうというにに、大型チェーン店舗閉鎖のニュースが相次ぎました。今年、倒産した企業店舗若しくは一部を閉鎖した店舗をざっとリストアップしてみると・・・

フィニッシュライン(150店舗)ピアワン・インポーツ(100店舗)シアーズ(78店舗)コールズ(18店舗)スポーツオーソリテイ(140店舗)メンズウエアハウス(250店舗)パックサン(175店舗)オフィスデポ(300店舗)エアロポステール(154店舗)ラルフローレン(50店舗)

カナダのジョーフレッシュはマンハッタン店を全店閉鎖し、JCペニーでの販売も契約期間が終わったと思われ完全に姿を消してしまいました。セレクトショップや細かい企業をあげればもっとありますが、これだけでも1415店舗。既に閉店した店もあれば、これから3年内に閉鎖というのもあります。今年の特徴として売り場面積の大きな店舗が多く含まれています。

最近では米国コーチが、卸売りをしているデパートから、トータル店舗数の25%にあたる、250店舗の撤退を発表しました。昨年は、自社アウトレット等で、低価格商品を露出しすぎて、ブランド価値の低下、昨年は70店舗の閉鎖を行い、新デザイナーの元に立て直しを計っている真っ最中。デパートでも、ハンドバッグの売り上げが落ちている事から投げ売り状態。卸売り店舗の閉鎖は同様の処置と言える。

そして、なんといっても、最も衝撃的だったのが、米国最大のデパート、メイシーズの100店舗の閉鎖。今年前半に38店舗の閉鎖に次ぐ追加の発表。米国小売り業界は確実に大打撃を受けるし、メイシーズに卸している、アパレル企業への影響、アンカーストアを失う事になるショッピングモールのダメージは計り知れません。

しかし、現在の状況を打破するには、これくらいの思いきった処置は必要だと思え、この発表を受け、メイシーズを始め、ノードストローム、コールズなどの株価は上がっており、既存店の売り上げが快復しているJCペニーも、メイシーズの客層が流れるだろうという見方をしています。メイシーズは、現在、オハイオ州で新コンセプト店の試運転中でもありますので、将来的な期待があるのでしょう。

これだけの店舗が一気に閉鎖に追いやられたのは、様々な事情が複雑に絡み合っており、ファストファッションの登場から、インターネット販売への移行、アウトレットやオフプライス店人気、若年層がモールへ行かなくなった、アスレジャートレンド、消費者が物よりも体験を求めている、生活の中にデジタル機器が真に入り込んだ人類最初の世代、ミレニアルズの存在、等々。  ひと昔前の様に、一つのトレンドが終わったら次ぎの仕掛けをというだけでは対応しきれない複雑な事情が交差しています。メイシーズ100店舗の閉鎖は並々ならぬ改革の序章といった感じを受けます。 苦戦している企業、それぞれ、自社のターゲットを見据えた変化が求められる時期なのだと思います。
 2016/08/23 10:23  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31