« 独走中の米国ZARA、出店をじんわり加速! | Main | ストレスフリーな、キッズ向けオンラインショップ「Rockets of Awesome」 »
ニューヨークのお土産ビジネス

週末なので、軽い話題で。
日本には観光地にちなんだ名産物や工芸品がたくさんありますが、アメリカでは、自由の女神、エンパイアーステートビル、プレスリーなど往年のロックスターグッズ、「I Love NY」や「Brooklyn」とプリントされたTシャツやキャップが定番、最近では、大統領選を前にトランプやヒラリーさんのグッズも登場しています。

5番街やタイムズスクエア周辺に点在しているギフトショップは米国で24,000店舗もあるそうで、売り上げトータルはおよそ、$17B(170億ドル)1ドル=105円として、1兆7,850億円市場。

細かい物が多いですが、マンハッタンの様な観光地では、一般の小売店に取っても商材となる、ビッグ市場と言えます。 そんなお土産に力を入れる小売店2社をご紹介しようと思います。

まずは、34丁目、メイシーズ旗艦店。トップの写真はメイシーズの地下1階に設置された、お土産売り場。今年、改装されたのですが、ちょっとしたアーケードになっていて、すごい物量です。観光客がたくさんやってくるストアだけあって、かなり力を入れているのが分かります。 あまり足のむかない地下ですが、ちょっとしたカフェテリアがあり、ミレニアルズを対象にした新セクションが同じフロアに設置していますので、観光客の導線も考えたのかもしれません。


タイムズスクエアやNYのタクシーと犬のキャラクターを組み合わせたトートバッグやアートグッズ。


I Love New Yorkのハートの部分を、メイシーズの星マークに変えたイラストロゴTシャツやバッグ。


チャンピオンのベースxフェリックスのコラボグッズ。

そして下の写真は、メイシーズの隣にある、アーバンアウトフィッターズが新しくスタートした、お土産コーナー。ショッピングバッグで見かける「Thank You」や「NY State of Mind」と印刷されたバックパックやジムバッグ。キーホルダー、ステッカー、ペナント、マグカップ、ハット、ジュエリー等。ファッションブランドらしい、ちょっとひねりを加えたユニークなデザインのTシャツやスエットシャツ等、若年層を対象にした楽しいデザイン。 ポップなイメージのメイシーズとは対照的な印象ですね。

アーバンアウトフィッターズでは、ニューヨークの他、マイアミ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ハワイ、オーステイン等のお土産コレクションが各地で販売されているようです。日本もオリンピックを控え、各社バージョンのお土産グッズをビジネスに取入れてみるのも良いかもしれません。


35丁目、アーバンアウトフィッターズ・ライフスタイルセンターのお土産コーナー

 2016/07/15 10:04  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31