« 米国男性の25%が低身長!フィットする洋服に需要あり。 | Main | メイシーズ: ミニモールコンセプトを導入した新フォーマットのストアをオープン »
ユニクロが米国の5店舗をクローズ

写真:ユニクロのホームページより。

ニューヨークポストによると、米国ユニクロが、今年の1月以降でトータル5店舗を閉鎖している。コネチカット、ペンシルバニア、NY州のスタッテン島、ニュージャージ、カリフォルニア店など、いずれも、過去3年以内にオープンしたばかりの、郊外にあるショッピングモール内の店舗だ。

ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴなどの都心のストアは好調だが、郊外店の売り上げが落ち込んだ結果となった様で、今後は、ビッグシテイにフォーカスして出店を続けていくとの事。現在の米国店舗数は44店舗で、既存店の中にも郊外店がかなりあり総合的には好調とは考えにくい。

マンハッタン近郊のスタッテン島も2013年の10月にオープンしたばかりで閉店、隣りのニュージャージ州の店舗もスローな印象。昨日のニュースでは、7月15日に、フロリダのデイズニーワールド内に、25,000sqft(約2,300平米)の店舗をオープンするようで、観光地も狙って行くようです。いずれにしても、米国チェーン店が続々、閉店を強いられている状況下、出店による売り上げ増という図式は崩れつつあり、もっと慎重なオペレーションが必要な時期と言えます。

運送会社EZ World Expressが、フォーエバー21の急激な売り上げ低迷を理由に、契約を破棄したというニュースや英国店舗の閉鎖、H&Mの成長も鈍化とファストチェーンも厳しいニュースがありました。

ユニクロはファストファッションとは異なりますが、こういったニュースを受けて、ファストファッションが支配した時代の終わりを伝えるアナリストもでてきています。 

個人的には、分散化したライフスタイルを持った消費者の需要に対応していく時代の中、真逆のマス市場を狙う企業が低迷しているという印象。特に若年層は大量生産の商品を避ける傾向にあり、ジェネレーションZは更にその傾向が強くなると言われます。MADE FOR ALLのコンセプトを掲げるユニクロは、全ての客層をフォローしようとしている所に難しさがあるのではないでしょうか。品質、価格帯、品揃え、そして買い物のしやすさから、男性ファンは定着しつつあると伝えられています。また、都心では若い人達やキャリア層への知名度はあると思いますが郊外では、状況が異なります。

その男性ファンがお気に入りのスリムフィット・オックスフォードシャツのスペックが変った事に対してのクレームが興味深かったのですが、元々、きれいにフィットするシルエットだったのに、袖幅や身幅等がルーズになり、ボックスシルエットになってしまった・・・どうしたユニクロ!みたいなクレームです。 現在でも販売されている、サイトでのレビューでは、最高評価の星5つはたったの2件のみ、最低評価の星一つが29件も。どうしてこうなったのかは分かりませんが、Made For Allに合わせたスペックは全ての男性に合わなかったということでしょうか。。。

米国市場に置いて、サイズの問題は根が深く、出店の加速よりも注力するべきところはまだまだあるようなきがします。
 2016/06/29 07:00  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2016年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30