« ジョガーパンツにメンズのお団子ヘア! 米国10代のファッショントレンド2016 SPRING | Main | 米ショッピングモール・TOP10 »
マイケルコース大ピンチ!? 販売を停止するストアが続出。

5月中に、ノードストロームの半分の店舗で、低価格帯のマイケルコースのハンドバッグの販売を停止するというニュースがあった。

そればかりか、Market Watchによると、ファイナンシャルアナリスト&投資会社のWedbushが米国とカナダの112社のハンドバッグマネージャーに対し、調査をしたところ、60店舗(企業)が、マイケルコースのバッグを6月までに排除予定、年内にはさらにその傾向が進むという。

主な理由としては、消費者の興味が薄れて来た事。メイシーズでは、ビッグコレクションで展開していますが、TJマックスを始めとするオフプライス店でもコースの商品が販売されている為、投げ売りに近い値下げをして販売しています。 ノードストロームや他のデパートへの影響が大きく、ブランドイメージダウンにも繋がっているのだと思います。

マイケルコースは、高級デパートから低価格帯のストア、アウトレットまで、販売チャンネルを広げ、過剰な露出をした結果、誰でもが一つは持っているブランドになり、プレミア感を完全に失っていました。 更に、低価格帯の商品を提供する為、商品のクオリテイが落ちた事も大きな要因。ここ数年、高所得者層、高級店で買う客層はブランド離れが起きていた状況です。 

同様の戦略ミスでは、現在、若年層向きのデザインで立て直し中のコーチがありますが、マイケルコースも昨年、ソーホーに初めてのメンズのフロアを含む最大級の旗旗店をオープンしイメージ戦略に打って出たところ。10代には、手の届くラグジュアリーブランドとして人気を持続している様ですが、本来の客層を取り戻すには大きな痛手を伴いそうです。

 2016/05/27 01:54  この記事のURL  / 




ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
マックスリー・コーポレーション
英文名:Maxre Corporation

マックスリー・コーポレーション ( CHIZU NISHIDA )
米国ブランドの輸出及びビジネスコーディネート、マーケット調査などを承っています。

■ビジネス関連のお問い合わせ:小林まで

■市場調査レポートのお問い合わせ:西田まで

最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31