« 前へ | Main | 次へ »
生ハム
今回2回目のブログです。
1月に、家族旅行で長野県に行ってきました。
 

まずは、海外観光客でも有名な地獄谷野猿公苑に行きました。
といきなり、娘が抱っこしてと言い出して、雪道を数十分かかり

    

着いたと思ったら、サルが怖いと大泣きされ   何の為に行ったのやら・・・

  でもサルは可愛かったですよ
(しかし欧米人だらけでびっくりしました。)

      
その日は、長野県の渋温泉に泊まりました。重要文化財にも指定され、千と千尋の神隠しのモデルとなった建物ともいわれている旅館で、夕食、朝食ボリューム満点で大満足でした。

   

そして、今回のメーンイベントの生ハム作り 本職はワイナリーをされ、周りは何もなく、ワイナリー畑の中に、ポツンと建物があり、中はといえば、天井には自然乾燥で熟成されている生ハムが吊ってあり、ました。
ビニールのキャップと、エプロンで準備万端で挑みます。  
血抜き、それから塩を擦り込み、それを1週間から2週間間を開けて、数回繰り返して、最低1年間熟成して完成するようです。出来上がりは写真の様になり、自家製ワインと一緒に試食させていただきました。(ここのワインは伊勢志摩サミットに提供されたワインだそうです。)
家からは遠かったですが、貴重な体験が出来て良かったです。
1年後にまた、家族旅行を兼ねて生ハムを取りに来たいと思います。

                                                  中川


「kapoc」ホームページ:http://apron-kappo.com/kapoc/


 2017/04/21 09:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

« 前へ | Main | 次へ »
リンク集

プロフィール

増見哲株式会社(ますみてつかぶしきかいしゃ)

弊社は服飾副資材の専門商社として、釦・レース・ファスナーから裏地・芯地まで取扱っております。YKKファスナー代理店としてのスピーディな対応、品質重視の観点から社員の「品質管理士」資格取得に向けての対応など、お客様の「よきパートナー」となるよう、邁進していきます。


2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事