« 2017年05月 | Main | 2017年07月 »
宋文洲さんのメルマガ 最低の起業意欲が何を示唆するか
私も起業ではありませんが、新しいことに挑戦したいと常に考えています!

宋文洲さん 「最低の起業意欲が何を示唆するか」

1992年の創業から2006年の引退まで、経営者として14年間しか働いていません
でしたが、これまでの人生で最も勉強と成長ができ、最も楽しい思い出が
残った期間でした。

もともと50歳までに経営者をやめるつもりでしたが、2006年の村上ファンド事件
が起き、私の会社は上場企業で唯一彼を社外取締役として選任していたことで
世間から逆風にさらされました。村上ファンドと共に堀江氏も世間の批判の的
になって、新興ベンチャー全体がイメージの悪化と共に不人気の時代に突入
したのです。

今でも鮮明に覚えていますが、年を取った保守派の重鎮たちが「やっぱり我々
じゃないと日本がダメになる」のような態度で全面的に復活を成し遂げ、
戦後最大のベンチャーブームに水を差し続けました。その悲しい状況をみて
私は10年以内に日本が面白くなくなると思って43歳で日本の経済界から抜けました。

あれから11年が経ちました。新興企業に対する日本の経営環境はどうなったで
しょうか。日本内部にいる人に聞けばそれぞれの個人が持っている情報と体験
で語りますが、日本の起業意欲を世界の平均と比較して語る人は少ないのです。

この11年間、米国も中国も新興企業の成長が国の成長を牽引してきました。
皆さんは米国のことはよくご存じでしょうが、中国の最も価値のある企業を
ご存知でしょうか。テンセントです。時価総額は3000億ドル(30兆円)を
超えています。テンセント自身の成長だけではなく、テンセントのWeChatが
中国携帯端末の共通OSになったため、中国の携帯メーカーもアップルに
勝つようになったのです。

HUAWEIやXIAOMIの携帯端末とWeChatの組み合わせでどれほど快適な生活できるか
は中国で生活してみないとわかりません。これらの技術革新は全部ベンチャー
企業であり、国営企業や古い大手は一つもありません。中国政府の唯一の貢献
はベンチャー企業を邪魔しなかっただけです(メディアもベンチャー企業を
バッシングしなかった)。

誤解のないように言いますが、私は中国の起業精神を自慢しているわけでは
ありません。中国人として具体例を通じて体感したからです。
中国の起業レベルはあくまでも世界平均に過ぎないのです。

総合人材サービスのランスタッドの起業に関する調査によると、中国社会における
起業意欲のレベルは世界平均とほぼ同じです。問題は日本の起業意欲です。
調査の33カ国の中で最下位です。特に18〜24歳の若年層を見ると「より多くの
機会を得られるので起業したい」と答えたのはたったの28.3%でした。
これに対して世界の平均は63.8%です。また、創業初期の企業で働きたいと
答えた若年層の日本人は30%でした。世界の平均は60.0%です。

この数字からわかるように、ここ十年間の日本社会は如何に雰囲気が保守的に
なったか、如何にチャンレンジ精神を忘れたか、如何に精神的に老けてきたか。
この数字は決して偶然ではなく、最近の日本の政治、経済と世論の総合的結果です。

宋メール読者の多くは現役の時の私のメールも読んでくださっています。
ここ数年は批判文章が多いことに気付いたと思います。一部の方は「宋さんが
反日になった」とも言いますが、私はそんなことを気にしません。皆さんは
いずれ分かってくださると信じています。

一万回聞かれても同じ答えを言いますが、国の本当の体力は新しい産業を
生み出す力です。その力の源泉は起業家精神です。リーダーシップとリスクを
とって起業するのも起業精神ですが、それを恰好いいと思って創業初期の企業に
加わるのも起業精神です。しかし、起業家精神は「過去に解決口を求める」
保守の土壌から生まれませんし、生まれても育ちません。

社会も経済も政治も周期があって落ち込む時期があって構いませんが、
そろそろ日本がこのような老けた保守社会から変わってもいい時期ではないか
と思います。

P.S.
この話題に大変近いのですが、日本では社長になりたくない若者が大変増えて
いるそうです。「週刊文春」編集長の新谷さんがこの傾向を懸念し、昨年から
私に寄稿を依頼しました。タイトルは「それでも社長になりたいあなたへ」です。
3月から既に連載は始まっていますが、興味のある方は「週刊文春」をご覧ください。
 2017/06/23 08:42  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
Jump Smile Tokyo~Make the world smile!! 16


「Jump & Smile Tokyo~Make the world smile!!」

   2020 TOKYO OLYMPIC&PARALYMPIC!!!










力強いジャンプから溢れ出るパワーと笑顔のパワーを
バトンで繋ぎ、ayumi.mitsukaneのブランドコンセプト
である、『驚きと感動と刺激』で、2020年
東京オリンピック、パラリンピックを応援致します。
 2017/06/22 18:25  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
Jump Smile Tokyo~Make the world smile!! 15


「Jump & Smile Tokyo~Make the world smile!!」

   2020 TOKYO OLYMPIC&PARALYMPIC!!!














力強いジャンプから溢れ出るパワーと笑顔のパワーを
バトンで繋ぎ、ayumi.mitsukaneのブランドコンセプト
である、『驚きと感動と刺激』で、2020年
東京オリンピック、パラリンピックを応援致します。
 2017/06/20 06:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
BMP「Beautiful Mother Park」6月18日
ママキッズイベント

ビューティフル・マザー・パーク

BMP「Beautiful Mother Park @ yokohama」 が、

2017年6月17日(土)&18日(日)

横浜市日本大通りにて開催されました!!!

http://bmp.tokyo/

パパママ必死「ハイハイレース」は最高でした!!!




フードスタンドもいっぱい!!!

最高に美味しかったです!




スマイリングベイビーは、親子写真撮影をしました!!!

「父の日」という事もあり、父子写真も撮影させていただきました!





代々木公園で8月5,6日 次回開催決定で〜〜〜す!!!
 2017/06/18 18:17  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
BMP「Beautiful Mother Park」6月17日
ママキッズイベント

ビューティフル・マザー・パーク

BMP「Beautiful Mother Park @ yokohama」 が、

2017年6月17日(土)&18日(日)

横浜市日本大通りにて開催されました!!!

http://bmp.tokyo/

実行委員長 石原里奈子さんの挨拶で始まりました。



「それいけ!アンパンマン ショー」も大人気!




その他いろいろなイベントに凄〜く多くの方が参加されました!




スマイリングベイビーは、親子写真撮影をしました!!!







最高の笑顔を撮影させていただきました!!!
 2017/06/17 18:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集