« 2016年05月 | Main | 2016年07月 »
冨田江里子先生講演会 日本ヒューレット・パッカード株式会社/株式会社日本HP
日本ヒューレット・パッカード株式会社/

株式会社日本HP本社
にて、

http://www8.hp.com/jp/ja/home.html

「生命力あふれる途上国で学んだこと

常識を疑う事から始めてみよう」というテーマで、

「貧しい母子のためのクリニック」

冨田江里子さんの講演会を開催させて頂きました 










http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko

http://www.wish-house.info/aboutus/


フィリピンの現状、

冨田江里子さんの活動も含め

最高に素晴らしいお話をお伺いさせて頂きました 

冨田江里子さん、

日本ヒューレット・パッカード株式会社、

株式会社日本HP
 の

みなさまありがとうございました 
 2016/06/25 10:59  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋文洲さんのメルマガ 英国民の「私」がEU離脱を選ぶ
今日の午後結果がわかります。
日本国民としては、残留指示だと思いますが............
宋さんから見た英国民の正しい答えとは.......

英国民の「私」がEU離脱を選ぶ
宋 文洲

中国も日本同様、英国のEU残留を強く希望しているようです。英国の企業と
不動産を大量に買収し、欧州への拠点にしようとしている中国企業が多い上、
習近平政権もEUへの影響力を期待して英国との関係を強化してきたからです。

しかし、EUに残留するかしないかは英国民の立場に立って考えなければ問題の
本質が見えて来ないのです。他国の態度はあくまでも他国の都合によるものです。

私がもし英国民であれば、つまり英国民の「私」がどう思うかと言うと、
たぶん迷いながらもEU離脱を選ぶでしょう。

「私」は難民を受け入れたくないのではありません。低所得層の人々は仕事や
福祉が奪われるなどの心配でそのような心情になるでしょうが、経営者や
ビジネスマンにとって難民はチャレンジ精神が旺盛な安い労働力であり、
異なる発想ももたらしてくれます。

「私」がEU離脱を支持する最大の理由は英国の未来を心配しているからです。

日本には「寄らば大樹の陰」という諺がありますが、それは大樹より小さい人々
の話です。その大樹と同じくらいの巨人は大樹の陰に寄っても安全でもなければ
快適でもありません。大樹の枝にぶつかったりしてお互いに迷惑です。

さらに大樹の陰にも限界があります。あまりにもたくさんの人々が集まると
その陰の意味が無くなります。混雑で身動きが取れなくなり、密度で風通しが
悪くなり、体温で温度が上がり、騒音で不安になります。そのうち心理的に
弱い人々ばかりが集まり、最初に陰を見付けた人は逃げ出したくなります。

EUに入っても英国は自己通貨を持ち続けました。ユーロとポンドとの関係は
まさに嫁と姑の関係でお互いに居心地が悪いのです。より長い時間にわたって
より広い範囲において、英国がその潜在力を発揮させるにはEUに拘束されるよりも、
自由度をもって世界中で活躍したほうがいいのです。

ソ連崩壊後、東欧諸国が挙ってEU加盟を目指し、今やトルコまで加盟を検討
しているところです。EUの理念である政治平等と経済統合は小国や後進国に
とっては都合が良いのですが、大国や古い先進国にとって主権の喪失と時間の
無駄に過ぎないのです。同じ思いは英国民同様、フランス国民がより噛みしめて
います。Pew Research Centerの調査ではEU残留反対のフランス国民の割合は
英国民よりも高いのです。

EU残留支持派が主張している欧州統一市場へのアクセスの便利さはメリットに
見えますが、それは兄弟の多さに期待するようなものです。自分より貧乏な
兄弟がますます多くなる今、共同生活を止めたくなるのは自然です。また、
残留派はしきりに離脱後の不確定性を強調しますが、これは離婚後の不確定
要素を恐れて幸せを掴む勇気を無くした心理です。

人類の歴史を見れば分かるように、永遠の同盟や連合は存在しません。それは
永遠の学級とクラスがないと同じ理屈です。世界視野と長期戦略を持つ国が、
効率の悪い同窓会に拘束される訳にも行きません。今回、かろうじて英国残留が
決まってもこの問題の本質は変わりません。
 2016/06/24 10:11  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
冨田江里子先生「貧しい母子のための診療所より」講演会 
「貧しい母子のための診療所より」

http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko

http://www.wish-house.info/aboutus/

冨田江里子先生講演会が、

株式会社赤塚東京支店銀座サテライト

4年連続催されました 

http://www.akatsuka.gr.jp/group/ginza/





多くの方にお越し頂き誠にありがとうございました 

今回もお話しをお聞きしながら、自分自身の

いろいろな事を改めて考えさせられる一日でした 

又、スマイリングベイビーのお母さん、お父さん、

おじいちゃん、おばあちゃんから

集められた募金(169、469円)も

寄附させて頂きました 




冨田江里子先生著書 

「フィリピンの小さな産院から」

の販売サイン会にも長蛇の列ができました 

ありがとうございました 







会場を提供して頂いている、

株式会社 赤塚 様,

本当にいつもありがとうございます。


フィリピン冨田江里子さんのクリニックで,

1人の赤ちゃんの出産に必要な経費は,約1000円です。

(お薬、消毒ガーゼ、臍クリップ、
 吸引のチューブなどの消耗品、出生証明の用紙) 

本日の講演会で

約400人の赤ちゃんの出産費用が集まりました 

みなさま ありがとうございました!!!



 2016/06/23 14:43  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
池川明先生 & 冨田江里子先生
「かみさまとのやくそく〜胎内記憶を語る子供たち〜」

荻久保則男監督の企画で、

http://norio-ogikubo.info/

「胎内記憶」の第一人者 池川明先生 

   http://ikegawaclinic.net/sites

    http://www.amazon.co.jp/池川-明/e/B004LTRS7O

           と

「フィリピン、貧しい母子のためのクリニック」

冨田江里子先生

    http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko

  https://www.amazon.co.jp/フィリピンの小さな産院から-冨田-江里子/dp/4883442268

の夢の対談が実現しました








最高の時間をありがとうございました
 2016/06/14 22:12  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋文洲さんのメルマガ 舛添問題の問題
宋文洲さん、今回も「なるほど」その他大勢と異なる意見です!!!

舛添問題の問題
宋 文洲

私は地上波をあまり見ないのですが、たまに妻が見ているテレビ番組が聞こえて
きます。「舛添氏が公費でクレヨンしんちゃんを買った」との台詞を聞いた時、
思わず笑ってしまいました。

マスコミが頑張っても出てくる舛添氏の問題はせいぜい「公私混同」程度です。
「家族と泊まった旅館で公務をしたか」とか、「ヤフーオクションで買った画は
本当にプレゼントに使ったか」とか、聞いているうちに何だか笑えてしまうこと
が多いのです。

同じ東京都の問題として挙げられていた18億円もの使途不明金についてなぜ詳細を
追求しないのか。同じ自ら弁護士に依頼して調査をしているJOCの2億3千万円の
情報はなぜすっかり扱われなくなったのか。クレヨンしんちゃんの本は面白いかも
しれませんが、甘利氏の現金受取や秘書の高級車要求などの犯罪疑惑を取り上げる
意欲はまったくありません。

もし舛添氏のような問題をこれほど公共電波を使って取り上げる必要があるのだ
とすれば、他の政治家のこれよりもはるかに大きな問題に触れないのは
なぜでしょうか。

こんな自問をすること自体、幼稚だと分かっていても、ついついメルマガに
書いてしまう自分は暇だなと思うのですが、皆が同じことを言う時は大体
狂っている時だと考えるのが私の性です。

私は、中国の文化大革命を経験しました。普通の人々が既に財産を没収された
資産家や地主を虐めるのを楽しんでいるように見えました。民衆のストレスを
既に弱った「人民の敵」に発散させることによって毛沢東は大きな失敗を隠し、
人々の不満を逸らすことができました。

決して舛添氏のための弁護ではありません(まあそう聞こえても仕方がありま
せんが)。賄賂などの、罪に問われる問題があれば厳しく追及すべきですが、
法的に許される範囲の経費の使い方を追及しているうちにクレヨンしんちゃん
まで出てくるとは見苦しいものがあります。一体、どこの何の勢力がここまで
にして舛添氏に不満を持つのか、考えたくなります。

都知事とは米国大統領に近い直接選挙で一票一票の支持を受けてその地位に
着いた地方自治体のトップです。別荘で一部の仕事をこなし、それに公用車を
使うのは当然です。家族と泊まった旅館で仕事したって何にもおかしくないのです。
どこかのテレビは石原慎太郎氏の細かい経費の使い方を調べて文句を言ったのでしょうか。

トップの頭には常に仕事があり、緊急事態に常に備える必要があります。
シャワーを浴びても花に水をやっても急に考えが浮かんで急に電話をかけるのです。
緊急報告にも常に対応する義務があります。米国大統領は24時間核ボタンを
守る必要があるように、直接選挙で選ばれたトップは最初からその責務自身が
公私混同なのです。

都知事はマスコミの世話になった訳でもなく、マスコミの意向に沿って
辞任する必要はないのです。記者クラブ制度や公共電波独占などの特殊な
仕組みを以って言論の自由をコントロールしている日本のマスコミは長い目で
みると日本を良くしているとは思えません。

そもそもいつの時代でも権力と資本は言論をコントロールするものです。
体制や形式が違っても人類の本質はそう簡単に変わりません。マスコミのせいに
するよりも、一人一人が他人と異なる独自の思考を持つ心掛けが大切です。
私も間違っていることは多いのですが、宋メールは大勢と異なるところに
意義を見出したいと思います。
 2016/06/10 17:02  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2016年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集