« 2016年03月 | Main | 2016年05月 »
ayumi mitsukane 2016,2017AWコレクション 3
ayumi mitsukane 2016,2017AWコレクション

下記日程で、展示会しております








是非,お越しください。
お待ちしております 
日時:4月12日(火)〜14日(木)
   4月19日(火)〜21日(木)
  ※4月15日(金)フレンズデー
時間:10:00−19:00
場所:東京都渋谷区渋谷2−8−17
カミシマチナミ・ショールーム2F
 2016/04/17 13:43  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋文洲さんのメルマガ 日本の三カ年経営を総括する
  宋 文洲      

    刈られても踏み付けられても這い上がる力
                                 

東芝、シャープなど、あれだけ日本政府に円安を迫ってきた日本企業は円安でも
利益を上げられず、逆に安く海外メーカーに買われる始末です。期待の星だった
新興企業楽天も、気がつけば中国を撤退し、東南アジアも撤退し、国内に安住して
しまいました。業績のよいセブンアンドアイグループですが、83歳の会長が
現役社長を解任する理由を「(現社長は)自分の指示に従ってきただけで、
ほとんど改革案を出さなかった」と言うのです。社長を傀儡にした事実を認めた上、
それを社長のせいにする老害ぶりには呆れるばかりです。

今週、IMFが今年と来年の世界成長予測を発表しました。日本の成長について
今年は0.5%、来年はマイナス0.1%と予測しています。「黒田バズーカ―」や
「異次元金融緩和」を使えば日本経済が良くなるという妄想をアベノミクスと
称しているうちに、日本企業の本当の経営力は下がる一方です。

私は現政権の経済政策に反対しているのではありません。「何とかミクス」
と言って政治力によって経済力を上げることが可能という妄想をする政治家、
そしてその妄想を共有する経済人や企業家はダメだと思うのです。経済の本当の
力はあくまでも一人一人の経済人、特に企業家たちの雑草のような、
刈られても踏み付けられても這い上がり再生する力がカギです。

そんな堅い信念を持っているから前々回の宋メールを書きました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/2020232/hD6TDdHdgeFD_23528/020232_160415001.html

友人の中学生のお子さんが商売を始めたことに心の底から応援したくなるのです。
実はその友人は北京在住のライター斎藤淳子さんでした。彼女自身も
この件について見解を書きましたので皆さんに読んでほしいと思います。

彼女を知った切っ掛けは中国の人気雑誌に掲載された彼女のエッセイでした。
非常に心を打つ中国語エッセイを読んだ後、作者の名前を見ると「斎藤淳子」
と書いてあります。日本の方でこんな素敵な中国語エッセイを書くとは
びっくりしました。それから北京のイベントで本人とも出会って
お付き合いをいただくようになりました。

自分を持ちながらも新しいことについて果敢に触れる彼女を、
私は大変尊敬しています。
彼女の感想をそのままこの後に掲載します。お楽しみください。




お金を稼ぎたいと言い出した娘を前に考えたこと

北京在住ライター斎藤 淳子

私は北京で2人の子供を子育てしている。自分が育った日本の70、80年とは
時代も文化も違う上、当然、子供の個性も私と違うので、自分の「当たり前」は
いつも挑戦を受ける。今回もそれがまた、音を立てて崩れた。

中国の人も口を揃えて言うように、中国のイマドキの風潮はよろしくないもの
が多い。拝金主義もその一つだ。だから、私は自分の娘がこの国の悪しき拝金
主義的風習に毒されないように、という心配を常にしている。

そのためか、今回も中1の娘がお小遣いが足りないからネットショップを開店
して、お金を稼ぎたいと言いだした時、まず、考えたのは「拝金主義」に
感染したからではないだろうかという心配だった。

私は、娘に「それは違うでしょう。もっと中学生らしい事をやるべきよ」
と一喝した。

しかし、不屈の娘は夫に相談したところ、ビジネスマンでもある彼は早速
ネットショップ開業のレクチャーを開始。代理と中継ぎの違いや、金銭的リスク
と人的リスクなどを説明している。娘はいつもになく真剣に話を聞いている
と思ったら、あっという間に小さなショップを出店してしまった。

夫に抗議したが、彼は涼しい顔で、本人が興味を持っているならやってみたらいい。
僕がコーチする方が、他の人に教わるより良いし、下手なビジネススクールに
行くよりずっと多くのことを学べる。自立して生きていく力を養うチャンスだし、
全く問題ない、と言う。

確かに理屈はその通りではある。でも、私は腑に落ちない。何かが間違って
いるという気持ちが残った。夫は賛成できるのに、私はなぜ違和感があるのか。
これは男女の差なのか、それとも日中の違いなのかと考えた。

更に言えば、拝金主義的な中国だからこそ、子供のビジネスも肯定されている
のであって、日本の人はきっと皆反対するだろうと心の隅では思っていた。

とにかく、いつも私が頼りにしている日中の知人たちに意見を聞いた。
日本人ママはおおよそ私と同じ反応だったが、驚いたことに圧倒的に多くの
両国の友人たちが夫を支持した。私が疑っていた「拝金主義云々」などを
指摘する声は全くなく、むしろ私のように大げさに反対する問題ではない、
というのが大多数だった。

「そうなのかあ」と思っていたところ、知人の宋文洲さんからは一歩踏み込んで
こう指摘された。日本にはお金を稼ぐことに対する偏見がある、と言うのだ。
合法的で消費者に支持され、儲かっているビジネスは今の社会の基本細胞なのに、
日本では、お金儲けと言うとマイナスイメージが付いて回る、と。なるほど、
これは痛いところを突かれた。私はまさにこの偏見の権化だったのではないか!

娘が私に突き付けたお金儲けの是非は、中国の拝金主義のレッテルを張って
非難して終わりという単純な話ではなかった。むしろ、賛成する夫と反対する
私の間の溝を作っていたのは日本人の私の心に潜んでいたお金儲けに対する
偏見だったようだ。

中国風の「皆お金が好きなもの」とアッケラカンと表現してしまう文化は
美しくないが、だからと言って私のように、お金儲けを頭から否定するのも
極端だ。一番良いのは、両者の真ん中で、お金を直視し、賢く扱えるが、
それに従属しない生き方なのかもしれない。少なくとも娘にはそう生きてくれる
ことを望みつつ彼女の小さな発意を見守ることにした。
 2016/04/15 09:00  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
スマイリングベイビー写真家堀口マモル講演会/日本ヒューレット・パッカード株式会社/株式会社日本HP


日本ヒューレット・パッカード株式会社
/株式会社日本HP
本社で、

スマイリングベイビー写真家堀口マモル講演会を

開催させて頂きました

約1時間、堀口マモル

ニューヨーク、パリ、ミラノの活動経歴から,

どの様にして、スマイリングベイビーの活動を

始める事になったのかをお話をさせて頂きました










素晴らしい時間を過ごす事ができました

たくさんの方にお集まり頂き,誠にありがとうございました
 2016/04/14 18:38  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ayumi mitsukane 2016,2017AWコレクション 2
デザイナー ayumi mitsukane 自身が、
モデルになり,セルフポートレート(自撮)撮影 
そのパンフレットが仕上がってきました 







下記日程で、展示会しております 
是非,お越しください。
お待ちしております 

日時:4月12日(火)〜14日(木)
   4月19日(火)〜21日(木)
  ※4月15日(金)フレンズデー
時間:10:00−19:00
場所:東京都渋谷区渋谷2−8−17
カミシマチナミ・ショールーム2F
 2016/04/11 22:20  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ayumi mitsukane 2016,2017AWコレクション
ayumi mitsukaneが、下記展示会をします。
是非,お立ち寄りください。
私は,4月15日(金)フレンズデーにいます。
もし,お越し頂ける場合は,前もってご連絡頂ければ嬉しいです。
PS。当日は,予約販売受付もしております。
  直売ですので、展示会期間のみ卸売り価格(40%off)です。 
……………………………………………………………………………………



                      
今回の作品は、自分自身を原点から見つめ直す事から全てが生まれました。
カタログ撮影も、デザイナーである私し、ayumi mitsukane自身が、
モデルになり,セルフポートレート(自撮)撮影する事により、
新しい自分自身を表現しました。
ayumi mitsukaneの出身地である北海道の札幌風景を
プリントしたカシミヤストール、
数字の美しい造形にこだわったワンピース等も展開しております。
お越し頂けるお時間ご連絡頂けると幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。
日時:4月12日(火)〜14日(木)
   4月19日(火)〜21日(木)
  ※4月15日(金)フレンズデー
時間:10:00−19:00
場所:東京都渋谷区渋谷2−8−17
カミシマチナミ・ショールーム2F
 2016/04/03 12:23  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2016年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集