« 2015年08月 | Main | 2015年10月 »
スマイリングベイビー写真展開催中
スマイリングベイビー写真展開催中





場所:日本橋高島屋5階こども服特設会場

日程:9月23日(水・祝)→ 29日(火)
※最終日は18時閉場となります。

展示作品
1、2015年3月7日以降に撮影された
  スマイリングベイビー写真
2、胎内記憶の第一人者、
   池川明先生とのコラボレーション写真
   http://www.30ans.com/memory/
3、高齢者施設でのスマイリングベイビーの活躍写真
4、海外、被災地でのスマイリングベイビー支援活動写真

たくさんの方にお越しいただけることを
楽しみにしております。
どうぞ宜しくお願いします。
 2015/09/25 13:03  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋文洲さんのメルマガ
今の世の中、自由に発言すればするほど、お金がどんどん不自由になる。
宋文洲さんの今回のお話しも, なるほど です!


「言論の自由を保証する」企業
宋 文洲

パンフレットや来客室に掲げた企業理念というものは、だいたい痛くも痒くも
ない高邁スローガンに過ぎません。真面目に読んでいると心が私心と雑念で
充満している自分が急に小さくなり自信がなくなります。しかし、「社会に
貢献します」と掲げてきた企業が長く不正にチャレンジしていると思うと、
企業理念はもう少し中身のあるものにしたらどうかと思うのです。
たとえば「嘘付きは泥棒の始まり」などです。

最近、ある尊敬を申し上げている経営者のところによく行きますが、彼の会議室に
掲げた企業理念の第一カ条に「言論の自由を保証します」と書いてあります。
あまりにも珍しいからついつい見てしまい、そして考えてしまうのです。

企業を数十倍にも大きくして育ててきた著名な方なので正直、社長の前で幹部や
社員は何でも好きなことを自由に言える訳がありませんが、彼ほど自由に話せる
雰囲気を作る経営者は少ないと思うのです。

一度中国出張も同行しましたが、物知りでお喋り好きな上海の責任者の方と
移動中の車の中でずっと何かを話していました。しかもその内容は古典から
逸話まで殆ど仕事と関係がありませんでした。多くの企業では社長が折角
現地視察に来たので静かに「ご指導」や「ご指示」を伺うのがマナーです。
それを守らないとその場で怒られなくても以降の印象が悪くなるに決まっています。

この自由な雰囲気の中で働くと人間は前向きになるのです。特にトップが
立場の弱い人の自由を本気で守る姿勢はどれほど組織のモチベーションと
創造力を引き出すでしょうか。我々人間はお金も立場も名誉も、欲しいものが
多いのですが、究極なところはこれらのツールを手にすればより自由に
身を振ることが可能だから欲するのです。

企業理念に「言論の自由を保証します」と書くと、たぶんその経営者が社員への
呼びかけだけではなく、社長自分への警告でもあるように思えるのです。
嫌なことを言われても決してそれを妨げたり圧力をかけたり評価を落としたり
しないように自戒していると思うのです。

企業のみならず、社会というものは常に弱い立場の人が自由に発言できないように
なっているのです。自由に発言してもいいのですが、上司から冷遇された
サラリーマンは次第に上司に喜ばれることしか話さなくなります。自由に
発言していいですが、新聞社やテレビ局の方針に合わないコメンテーターは
自然に使われなくなります。自由に発言していいのですが、やっているうちに
お金がどんどん不自由になります。

自由は貴重なものなのです。多くの人は一つの自由ともう一つの自由を交換して
生きているのです。お金の自由と言論の自由はどちらがより大切かといえば、
殆どの人はお金の自由がより大切でしょう。もし、ある会社ではその言論の
自由を無条件に無料で手にすることができるならば、その会社はなかなか
世の中にない会社だと思いませんか。

その「言論の自由を保証します」という、憲法にも保証されていながら、
実現不可能なことを企業理念にしている経営者は素敵だと思いませんか。
 2015/09/18 13:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ayumi,mitsukane 2016SS
ayumi.mitsukane 2016

SPRING SUMMER EXHIBITION


インビテーションカードができ上がりました







是非,お越しください!
 2015/09/12 14:28  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
日本橋経済新聞 『赤ちゃんの笑顔が主役の「スマイリングベイビー写真展」 日本橋高島屋』
日本橋圏のビジネス&カルチャーを伝えるウェブサイト

「日本橋経済新聞」 で紹介して頂きました

『赤ちゃんの笑顔が主役の

「スマイリングベイビー写真展」

 日本橋高島屋』



http://nihombashi.keizai.biz/headline/1148/




みなさん  お待ちしています


 2015/09/08 09:46  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
日本橋高島屋  第2回スマイリングベイビー写真展開催
日本橋高島屋スマイリングベイビー

イベントの詳細が決定しました



今年の3月に日本橋高島屋

スマイリングベイビー写真展

開催させていただきました

大好評で第2回スマイリングベイビー写真展 を、

今月、開催させていただきます






前回に引き続き,親子写真も撮影させていただきます。

前回は,親子写真電話受付と同時に予約が殺到、

電話も繋がらないまま、あっという間に、

予約がいっぱいになってしまい、

たいへんご迷惑をおかけしました。

今回は,1人でも多くの方々に参加していただける様に、

撮影日数を長くさせていただきました。

敬老の日でもございますので、

おじいちゃん、おばあちゃんもご一緒にお越しいただき、

みなさんいっしょに笑顔になってください!


1,ご家族写真撮影会






日程 9月19日(土)→ 23日(水・祝)

撮影料   : 税込5,400円

 後日、2Lサイズのお写真1枚と、画像データーをお渡し致します。

撮影時間  : 正午→午後6時

予約受付期間: 9月9日(水)→ 18日(金) 午前10時→午後8時

        ご予約が一杯になり次第、受付を終了させていただきます。

予約受付方法: お電話、もしくは日本橋高島屋5階子供用品売場にて承ります。

        直通TEL 03-3246-8431





2,スマイリングベイビー写真展

日程 9月23日(水・祝)→ 29日(火)

※最終日は18時閉場となります。

展示場所:日本橋高島屋5階こども服特設会場

展示作品

1、2015年3月7日以降に撮影されたスマイリングベイビー写真

2、胎内記憶の第一人者、池川明先生とのコラボレーション写真

  http://www.30ans.com/memory/

3、高齢者施設でのスマイリングベイビーの活躍写真

4、海外、被災地でのスマイリングベイビー支援活動写真



たくさんの方にお越しいただけることを楽しみにしております。

どうぞ宜しくお願いします。


スマイリングベイビー写真家 堀口マモル



 2015/09/03 14:18  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2015年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集