« 2015年05月 | Main | 2015年07月 »
この生あるは 宋 文洲
宋文洲さんのメルマガです!

凄くいいお話ですね 

早速、この本「この生あるは」を購入しようとしましたが、

残念ながら、現在購入できないようです 


この生あるは    宋 文洲

タクシーに乗って行き先を告げると「お客さんは中国の方ですか?」と聞かれ
ました。「はい。」と答えると「私は中国生れです。1956年に日本に帰って
きました。両親に絶対中国人と仲良くしないとダメだと言われ続けました。」
と言うのです。

日本の敗戦は1945年でした。中国は「日本国民も同じ戦争の被害者」という
考えの下でその後の数年間で日本の軍人と民間人を船に乗せて送還したはずです。
孤児達は地元の人達が育てましたが、両親のいる家族がその後10年以上、奥地の
西安で暮らしたとは理解できないです。その好奇心に掻き立てられ、彼の話を
聞くことになりました。

「奥地に逃げたので帰国できるとは知りませんでした。両親は山形県から満州に
渡った開拓民でした。敗戦後、軍人と役人が先に逃げたので、開拓民達は各自の
判断で逃げ道を決めました。山形県の開拓団は満州から西の方に逃げることに
しましたが、赤ん坊の姉が泣くということで団長に殺されました。私は西安に
着いて暫くたってから生れました。」(ドライバー)

「悲しい話ですね。殺さず地元の百姓に託せばいいじゃないですか。」(宋)

「団体行動なので皆が赤ん坊を団長に預けました。おっしゃるようなことは
後になって思い付くものです。それは母の一生の悔いでした・・・。
奥地に居たので帰国できるとは知らずに10年近く西安で暮らしていました。

日本に帰ってきてだいぶ年数がたったある日、居間にいくと母が激しく泣いて
いました。テレビで残留孤児の帰国ニュースをやっていました。母が姉のことを
思い出したのでしょう・」(ドライバー)

「・・・・・・。」(宋)

この会話は数カ月前の話です。今日になって読者の皆さまに紹介する気に
なったのはある本を読んだからです。それが今回「宋メール」のタイトルの
「この生はあるは」です。

著者の中島幼八さんは上述のドライバーと似た経験しています。2歳の時に
家族と満州に渡り、敗戦後に生まれた妹さんを飢餓で亡くしました。違うのは
ご両親が万策尽きた時息子を生かすために断腸の思いで地元の中国人に預けて
帰国したことです。
ぎりぎりの生活する貧しい養父母達が13年間にわたり彼を育て上げ、最後に
日本の実母のもとへと送り返しました。
悲しい出来事でありながら、この本の内容はユーモアに溢れ、暗くありません。
中島幼八さんの養母はたくましく知恵に溢れる女性でした。

若い独身の養母は中島さんをもらってから結婚しました。最初の養父は
貧しい農民でした。自分の子供として大切にしてくれましたが、中島さんが
8歳の時に病気で亡くなりました。養母は中島さんを連れて二番目の養父と
結婚しました。中島さんは12歳の時に重い病気にかかって養父が彼を牛車に
乗せていろいろな漢方医を訪ねて歩きました。

中島さんの三番目の養父は港の日雇い労働者でした。僅かの稼ぎの中から
学費を捻出し、彼を学校に通わせました。

1958年、中島さんが16歳の時、最後の日本人送還船に乗って日本に帰国しました。
上述のドライバーさんのお母さんがテレビでみた帰国の日本人残留孤児達は
日中国交回復後の話であり、敗戦後30年以上も経ちました。中島さんは
敗戦13年後に送還船に乗って帰国できた珍しい残留孤児でした。

中島さんの家の壁に中国農村の画がかかっています。
「それは私が住んでいた黒竜江省安寧県です。日本は私の祖国ですが、
中国は私の故郷です。」と中島さん。

P.S.
中島幼八さんの「この生あるは」は数年前に既に完成しましたが、
出版してくれる出版社がなかなかないため、自費出版しました。

販売チャネルがないので中島さんは近所の本屋に営業に行きました。
本の内容に感動した本屋のオーナーが協力してくれて一気に売れました。
本屋のオーナー曰く「私が売ったのは本ではなく感動です。」

その後、この本にマスコミも注目し始めました。6月10日の朝日新聞も
取り上げました。この本を読みたい方はどうぞ↓
http://r31.smp.ne.jp/u/No/1094429/E6NyDAgbeqiD_23528/094429_150626001.html

来月、この本は中国でも出版される予定です。翻訳ではなく、
中島さんがもう一度中国語で書きあげたのです。
 2015/06/26 09:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
QUOTATION AYUMI.MITSUKANE
2015−2016AW東京コレクション

最新情報誌 QUOTATION 




AYUMI.MITSUKANE !!!
 


堀口マモルが、写真撮影させて頂きました 

今後共宜しくお願いします 
 

 2015/06/20 11:47  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
短編映画 “スキマトズレ”  大島央照
短編映画 “スキマトズレ” 鑑賞に

渋谷アップリンクに行ってきました 




10年以上の知り合い、大島央照さんが、

『結婚申込』

撮影監督、ポスター、スチール撮影をしています 

http://www.diamondblog.jp/official/chiaki_oshima/2015/06/19/本日映画、スキマトズレ最終上映☆/






今回が最終上映でしたが、凄〜く面白いので、

又、見れるチャンスがあると思いますので、

その時は是非、見に行って下さい 
 2015/06/19 20:27  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
小泉元総理大臣 原発 宋文洲
宋文洲に送られた

ジェネレーションパス岡本洋明社長からのメールです。

少し時間が経ちましたが元気ですか?
今日、小泉元総理大臣と会う事が出来、原発反対について聞いてみました。
聞いてみると原発推進派だったのですが、自分の無知もあり大きく変わった
そうです。流石に総理大臣やっていた方だけあり理路整然としていて納得した
ので、共有したく以下要約してみますので時間があるときにでも読んでください。

原発は、小泉さん自身が総理大臣の時には推進派だったが、福島の事故を見て
完全に反対になった。

原発推進派が言う、原発のメリット
(1)コストが安い
(2)安全である
(3)クリーンなエネルギー
と言っているが嘘だらけ。

(1)コストが安い

エネルギーの転換効率だけを言えば確かに安い。しかし、そのコスト計算には、
設置コスト、地域への交付金、廃炉の処理そして核廃棄物処理コストが入っていない。

安いコストであるなら東京電力程の会社であれば自社でやれば良いが、設置
コストへの補助金、設置自治体への毎年恒常的に支払われる交付金は全てと
言っていいほど国の税金。政府の補助金(=国民の税金)が無ければ全く
出来ない事業である。

核燃料のゴミである核廃棄物の処理は、世界中どこも出来ていないし、日本では
中間廃棄物処理場すらも出来ない。廃棄物は10万年保管しなくてはいけないこと
になるが10万年後に「これは開けてはだめ」といった言葉がわかるのか?わずか
1000年前の言葉すら解読できないし、人間は興味本位で1000年もしないうちに
興味が勝って開けてしまう方が人間の歴史上普通ではないか。
(ダメと言われればのぞいてみたくなるもの)

10万年というのは永久ということで、それに対応するとして、世界で唯一
フィンランドのオンカロという場所で地下400m掘って2km四方の場所にと
やっているが、まだスタート出来ずしかもそれだけやっても原発2基分の
今の分しか出来ない。
フィンランドは岩盤国家だが日本では400mも掘ったら温泉が出るのが落ちだし、
モンゴルだろうがどこも廃棄物処理を引き受けないのは国際常識で自国で
処理するのは当たり前。この廃棄のコストは全くエネルギーのコスト比較に
入っていない。

(2)安全である

30年間で、全く立ち入り禁止のエリアを創り、しかも30年経っても解決できない
大事故、79年のスリーマイル島、86年のチエルノブイリそして4年前の福島。
どこが安全か?

しかも細かな事故は多発して、大事故の際は全く対応できない事実。
その事実の中、多くの研究者や政治家は無視できるほどの安全があるというが
実際とは違うではないか。私も総理時代に騙された。

福島では、何年も経っているが毎日6000人の作業員が入っている。作業員は
毎日防護服を着て入り、その防護服は一度着たら捨てなくてはならない。
捨てるといっても燃やすことも出来ない核関連廃棄物であるから、どんどん
溜まっている。毎日6000着。製造会社は良いかもしれない(笑)が全部税金で
賄っているという事実。

(3)クリーンなエネルギー

原発は海のそばに設置される。それは冷却や発電の為に海水が必要だから。
大量の海水を吸い上げ、問題ない程度の放射能汚染水を海に垂れ流す。しかも
海水である以上、海の微生物が、大量にある原発の配管に詰まるから塩素系の
薬剤を使い詰まらないようにしてそれを大量に放出する。

温められた大量の温水は海に流され、その排水口の周りは生態系が変わって
しまい、さらに塩素が含まれているため死の海さながらとなっている事実。
それでも問題ないという。

これら(1)(2)(3)はわかっているのに報道もあまりされず、経済効率だけで
話を進めている。普通に考えれば経済効率でさえないのがわかるし、私に誰も
「間違っている」という人はいない。「変人」と言われるが、わかっているのに
国民に嘘を言うキチガイ達よりも良いと思う。

経団連の人たちに、「将来原発無しでも良いが、今は無理で日本の経済が
おかしくなってしまう」と2年前に言われたが、もう2年間原発は動いていないが
ダメになっただろうか??世界で原発を持っているにも関わらず、動かさずに
やっているのは日本だけでありそれを誇りに思えないか。

→ここからは小泉節みたいで、でも考えさせられました。

日本はいつもピンチをチャンスに変えて勝ってきたではないか。1970年代の
オイルショック。自分が衆議院議員に初めてなった頃、1バーレル$2だった
原油が$10に跳ね上がり、日本中がパニックになったが、その後1バーレル$150
を超えたときに日本はパニックにならなかったではないか。
それは、代替エネルギーや省エネ技術を開発してきたからだ。オイルショック
の後に油に頼らないエネルギーとして原爆の呪縛を乗り越えて生まれた一つが
原子力発電。ピンチに対応した過程。

企業もトヨタが前の社長の時に、米国でとてもクリアできない排ガス基準を
設けられて、米国でトヨタはもう終わりだとか言われたが、その無理と言われる
基準を突破して今、トヨタは米国で一番売れている車になり世界一になっている。

NHKの朝ドラで注目されたイギリスのウイスキーも、サッチャー政権の時に、
同じ蒸留酒の焼酎とウイスキーの税額が違うという事で、是正しなくてはなら
なくなった、その時多くの焼酎製造会社が潰れると言われたが、現実はどうな
ったか?今や日本酒よりも焼酎の方が高級酒としてブランド化までされている
ではないか。

最大は、大戦後の復活。満州は日本の生命線と言われていたが、満州はおろか
朝鮮も樺太も台湾も無くなったが、戦前よりもよほど発展しているではないか。
日本の国民はいろいろ言うが、過去もそうだが現在だって、省エネと言われて
LEDが出れば、価格は高いのに省エネのためと家庭のLED普及率は世界一だ。

原発も同じで、これを生命線とか競争力がというが、すでに2年も使っていないし、
電力も余ってきているではないか。これは、「昭和16年の敗戦」という本その
まま。この本は、当時の首相の近衛さんが、シンクタンクを創りあらゆる角度
から対米戦についてシミュレートして「戦ってはならず、戦えば必ず負ける」
という結論が出て、当時の国会でも発表されている。にもかかわらず、生命線
に拘り過信して、同年の真珠湾攻撃。結果はご存知の通り。

将来に禍根を残し、現在も危険な原発は、本来、政治が「辞める」と決めて、
そうすれば、その困難な状況でも英知を集めて日本人は対応していくはずである。
ピンチをチャンスに変えられるからこそ、資源の無い日本が生き残ってきた
のであり、企業も皆それぞれ同じではないかと。

このような小泉元総理大臣のお話でした。

岡本
 2015/06/12 08:43  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
貧しい母子のための診療所より 冨田江里子先生
今年も開催します!!!



NPO法人スマイリングベイビーが、

7月7、8日、情熱大陸にも出演された

フィリピンの冨田江里子先生の講演会を

開催させて頂きます 

http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko

http://www.geocities.jp/erikoclinic/

1人の御参加が、1人の赤ちゃんの命を救います。

 



是非、お友達とご一緒に御参加、お力をお貸しください。

*お子様連れ大歓迎!!!
 マットレスクッションを引き詰めた、
 特設赤ちゃんコーナーを設けます 


「冨田江里子先生 貧しい母子のための診療所より」

2000年にフィリピン・スービックの小さな村に助産所を開設。
冨田先生がフィリピンに診療所を開設したのには大きな理由がありました。フィリピンでは、「お産は早くから気張らせる」「お腹を押す」という間違った介助方法が行われて、多くの奇形児が生まれ、又、亡くなる児も、適切な処理が受けられず死んでいく母親も多く何とかしなくてはいけないという思いで、診療所を開設されたそうです。今回はそんなフィリピンで生まれてくる赤ちゃんとそのお母さん、そして現地の患者さんと必死に向き合っておられる冨田先生にお話をして頂きます。




講演会会場で 書籍「フィリピンの小さな病院から」の販売。
       募金箱も用意させて頂きます。
........................................................................................................
東京、銀座会場
日程 2015年7月8日(水)10:00~12:00
場所 赤塚グループ銀座サテライト
   東京都中央区銀座3-10-6 マルイトビル3階
   http://www.akatsuka.gr.jp/group/ginza/
   TEL:03-3549-0701
申込・お問合せ先
   NPO法人 プロジェクト・スマイリングベイビー
   堀口マモル
   smilingbaby.npo@gmail.com
会費 1,000円
........................................................................................................
横浜会場
日程 2015年7月7日(火)13:00~15:00
場所 親子サロンWillFun
   横浜市中区山下町244 関ビル1F
申込・お問合せ先
   TEL:045-228-7743
   http://will-fun.com
会費 1,000円
.........................................................................................................

お友達にも是非、是非、お声かけ下さい。
お待ちしております。
どうぞよろしくお願いします 

 2015/06/09 19:57  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2015年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集