« 2015年03月 | Main | 2015年05月 »
ayumi.mitsukane 2015年秋冬 撮影
ayumi.mitsukane 2015年秋冬

を撮影しました 








Model  Beth

Makeup artist  Yuka Shimizu






今後共どうぞ宜しくお願いします 

 2015/04/21 17:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ayumi.mitsukane 2015年秋冬
ayumi.mitsukane 2015年秋冬 に

     行って来ました 

日時:2週目 4月14日(火)〜16日(木) 17日(金)フレンズデー
   10;00~20;00
場所:東京都渋谷区渋谷2−8−17
   カミシマチナミ・ショールーム



いろいろな方にお越し頂き、誠にありがとうございました





スマイリングベイビーも来ました 



皆様ありがとうございました 
 2015/04/19 20:24  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋文洲さんのメルマガ
久しぶりに 宋文洲さんのメルマガをご紹介させて頂きます。
物を見る視点がいつも面白いですね!!!

「中途採用」と「中途半端」
宋 文洲

「新」が付くものはだいたい良いものです。新年、新製品、新妻・・・
どれもわくわくします。一方、「中途」には良い意味はありません。
「中途半端」の言葉から分かるように、「中途」は限りなく「半端」の意味に
近く、ほぼ「欠損品」、「物足りない」の代名詞です。

日本企業の採用は新卒採用と中途採用があります。新卒から入社した社員は
プロパー社員や生え抜き社員と言われ、古い企業ではどこか誇りとして語られます。
一方の中途入社社員はどこか負い目を感じて待遇や昇進などの面で不利を被るのです。

もう企業経営から離れて10年になりましたので採用の現場はだいぶ変わった
かもしれません。10年前の東京電力では確か中途採用は一人も居なかったと
聞いていました。これに対して関西電力には外国人を含む中途採用が10数人も
いたことで話題になったほどです。

数万人の社員に中途採用がいない企業はどういう企業だろうかと不思議に
思いましたが、私のような中途半端な人は一生入れない企業なので噂を聞いて
想像するしかできませんでした。その日本一の優良企業の体質を露呈させたのは
原発事故前後の振舞いでした。事故はやむを得ないとしてもその前後の対応の
酷さは、今も記憶に新しいでしょう。

過去のデータを見ればわかりますが、日本企業が大量に新卒を採用した年は
ほぼ景気のピークでした。その後、景気の低迷に遭い、戦力にならない大量な
新卒を抱え、翌年から新卒だけではなく、中途採用も減らすことになるのです。

もともと景気低迷の本質は過剰投資と過剰事業への調整なのです。古い市場が
飽和したため、新しい市場へのシフトが起きている時期です。この時期に一番
必要なのは人数でもなく忠誠心でもなく、新しい事業への対応力なのです。

新卒時代からずっと慣れてきたプロパー社員達は新しい環境に抵抗し、入った
ばかりの新人はそもそも仕事の入り口に立っているだけです。こんな硬直した
組織メンバーはとても素早く市場の変化に対応できません。

海外の企業の場合、採用は事業ごと、地域ごと、経営のニーズに応じて事業の
責任者が臨機応変に行うのです。途中から辞める社員も多いので採用は一年中
行うのです。日本企業の中でも時代に応じて素早く発展する企業は同じことを
やっています。

日本では社員がよく辞める企業は悪い企業みたいに思われますが、それは乱暴
な見方です。ブラック企業の退職率が高いのは確かですが、発展期のマイクロ
ソフトやアップルの退職率はもっと高いのです。彼らはそもそも流動性の高い
人材をとって発展を成し遂げたのです。その人材達が次のステージを狙って
ほかのチャンスに飛び付くのは当然です。

離職率だけで企業の善し悪しを判断するならば、発展期のマイクロソフトや
アップルは「ブラック企業」であり、保守期の東電は「素晴らしい企業」になります。

4月1日、香港の友人が桜を見るために東京に来ました。一緒にホテルを出た時、
紺の背広を着る若者の大群が入ってきました。「彼らは何をしにいく人達ですか」
と聞かれたので、日本企業の新卒採用から新人教育までの仕組みを説明する
羽目になりました。

しかし、私は彼の「なぜなぜ」にいささか疲れました。欧米やアジアの企業を
5、6回も転職し、今、金融コンサルタント業を自ら興した彼のような「中途半端」
な人には到底理解できない話なのです。
 2015/04/17 12:45  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
日本橋 高島屋 スマイリングベイビー
日本橋高島屋 

スマイリングベイビー展示会に

多くの方にお越し頂き、誠にありがとうございました 









日本橋 さくら通り も 桜満開 

素晴らしい時間を過ごさせて頂く事ができました 






これからも、

3000人、5000人、1万人を

目指して活動していきますので、

今後共、スマイリングベイビー

応援どうぞよろしくお願いします 


 2015/04/03 09:18  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2015年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集