« 2014年12月 | Main | 2015年02月 »
宋文洲さんのメルマガ
今回は、宋文洲さんが、身近な話題を取り上げたメルマガです 

日本の今はどうなのかな? と、考えました 

宋 文洲   身近な女性にお茶を出そう



先週の日曜日、別荘に行くと近所に住む大沢さんの奥さんの訃報を聞きました。
金曜日の昼間にはまだ元気に近所を散歩していましたが、夜のお風呂の後に急に
気分が悪くなって救急センターに行く途中で意識を失いました。脳溢血でした。

家族で大沢さんの家に向かうと大沢さんは庭の入口に立っていました。私は
「大沢さん・・・大丈夫ですか?」と言って彼とハグしました。なぜか
「ご愁傷さまです。」では悲しい気持ちを伝えられないと思いました。

彼女はクリスチャンなので遺影の前で手を合わせて心の中でお祈りの言葉を
差し上げました。その後、大沢さんと話しました。

「あまりにも突然ですから、さよならも言えず、ありがとうも言えず・・・。」
と大沢さんが切り出すと既に目に涙が溜まっていました。
「通帳印鑑の場所から花の面倒まで、何もわかりません。」
「家内が亡くなって自分の愚かさに気付きました。家事、食事、そして私の
生活のすべてをやってくれました。如何に有難いかは彼女が亡くなってから
気付きました。」
「一日数回お茶を出してくれました。考えてみれば、私は彼女にお茶を
出したことがありませんでした。一度だけでもいいから彼女にお茶を出せば・・・。」

大沢さんは涙を拭きながら声を詰まらせました。
私も涙を我慢できず袖で拭きました。

「大沢さん、あまりご自分を責めないでください。日本の男性はそういう人が
多いのです。だからといって感謝の気持ちがない訳ではありません。奥さん
への感謝はきっとこれまでの日常生活の中で奥さんに伝わったと思いますよ。」

しかし、大沢さんが「私は愚かな男です。早く気付けばよかった。」と
ますます自分を責めるばかりです。

あれこれ理由を探して大沢さんを慰めて「近所ですから、お困り事があれば
すぐ言ってくださいね。」と伝えた後、重い気持ちで大沢邸を後にしました。

実は心中、大沢さんの気持ちは痛いほど分かります。日本の男性、特に年配の
男性は女性、特に奥さんなどの身近な女性にとても甘えているのです。

日本に来たばかりの時に付き合った女の子から聞いたのですが、彼女のご両親は
言葉を使わなくても「以心伝心」で通じると言うのです。「たとえば?」と
聞くと「お父さんがお茶を飲みたい時、言わなくてもお母さんはすぐ分かるもの。」
と彼女が例を挙げてくれました。

「じゃ、お母さんがお茶を飲みたい時にお父さんも分かりますか?」と
私が聞くと、「分からないと思います。」と彼女は答えました。
「それは以心伝心と言いませんよ。お互いが通じ合うのが以心伝心ですから。」
と言いましたら、彼女は困惑した表情で「だって男性は女性にお茶を
出しませんよ。」と言いました。

もう25年前のことですのでその彼女は今もう40代後半です。「男性は女性に
お茶を出しません。」と信じる彼女は今頃毎日、一方的に旦那さんにお茶を
出しているでしょうか。「いや、そんなことはないだろう。あれから社会も
変わったし。」と祈るばかりです。

世の中では「女性が輝く社会」とか、「女性が活躍する職場」とかの高尚な
スローガンが流行っていますが、せめて男が女性にお茶を出すくらいのことは
やってほしいのです。それも自分の奥さんや同僚などの身近な女性に。

 2015/01/28 12:11  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ayumi.mitsukane ウェブサイト
ayumi.mitsukane

のウェブサイトが、

アップしています 

http://ayumi-mitsukane.com/

堀口マモルが、撮影しました!














是非、ご覧になって下さい!!!!!
 2015/01/26 13:28  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
MUSEUM 札幌





札幌にあるアートギャラリー

MUSEUM に行ってきました 





http://www.museum-store.jp/

このギャラリーに

ayumi.mitsukane も 

展示されています 

http://ayumi-mitsukane.com/






大正時代の札幌軟石づくり建築

リノベしたクリエイティブ複合施設 

2Fは、ギャラリー 




凄い!!!  

最高にかっこいいスペースです 



 2015/01/25 15:58  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
札幌2
札幌駅周辺を歩きました 

人の高さより高い雪の山 



道には滑り止めの土 




公園には巨大な雪の山が 



その下で遊ぶ子供たち 



札幌の子供たちは、

ズッ〜〜〜ト雪山ファン 


札幌駅には凄くカッコイイポスター 



1972年の札幌オリンピックのポスターです 



亀倉雄策さんデザインです!!!

さすが 

 2015/01/16 10:56  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
札幌1
2年半ぶりに札幌に来ました

空港から札幌に向かう電車

外はもちろん大雪



札幌駅から、

ホテルがあるすすきの迄、

現在は地下で繋がれているという事



大きな



モーニング娘ハロー!プロジェクト

ポスターなどを横目で見ながら



歩く事25分

無事、すすきのに到着

上へあがると、もちろん雪

そして最初の食事が



美味しかったです


 2015/01/15 16:25  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2015年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集