« 2013年12月 | Main | 2014年02月 »
山本篤 ロード ムービーズ
山本篤さんの

展示会「ロード ムービーズ』

お伺いしてきました 




場所は、吉祥寺にある 

Art Center Ongoing

http://www.ongoing.jp/ja/artcenter/gallery/index.php

2014.01.04 [土] - 2014.01.19 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 
入場料:¥400(セレクト・ティー付き)

会場は、面白い造りをしていました 



会場には飲み終わったビールがいっぱいありした 



19日迄、イベントをしています。

凄い面白い作品なので、是非、御立ち寄り下さい 

山本篤さんは、

NGOジョイセフで働いておられ、

去年、アフリカ/ザンビアでは、

たいへんお世話になりました 
 2014/01/12 00:01  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ファッションデザイナー ayumi.mitsukane 
ファッションデザイナー ayumi.mitsukane

http://ameblo.jp/3819tune1224/entry-11534838183.html

http://www.apalog.com/report/archive/792

   VS

14歳モデル Polina

   VS

写真家  堀口マモル







 2014/01/11 00:26  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋文洲 サンタと水牛車
本日は、宋文洲さんのメルマガを紹介させて頂きます 

中国から見た 安部総理靖国参拝についてです

宋文洲   サンタと水牛車



グアムに行ったことが無かったので今年のクリスマス休暇は家族とグアムで
過ごしました。日本からこんなにも近いところに真夏の島があるとは、理屈上
知っていても実際に泳いでいたらやっぱり不思議な気分でした。愛人を連れての
ショッピングでもないのに、冬の東アジアから長い時間をかけて飛んだ割に
泳げない、それが私のハワイへの不満でした。

水着姿の人で溢れかえるホテルのロビーではジングルベルが聞こえると、
暑苦しいサンタさんを見つけることができました。それよりもびっくりしたのは、
サンタと一緒に子供達にクリスマスプレゼントを届けるソリを引っ張るトナカイが
牛車を引っ張る地元の水牛だったことです。なんで真冬の格好をしている人間に
真夏に居る動物がついているのかと真面目に考えたのですが、
バカバカしいから止めました。

その翌日に安倍総理の靖国参拝ニュースをCNNで見ました。ツイッターで
熱意を込めて自分の意見を書き込みましたが、途中から急に自分のことを
バカバカしく感じるようになりました。せっかく家族と一緒に遊びにきたのに
関係のないことにムキになることが勿体ないと気付き、グアムの北端に行って
誰も居ない野生のビーチを見付けては久しぶりの裸の泳ぎを楽しみました。

私の遠い親戚で日本軍の侵略で犠牲になった人が居ました。友人の爺さん
婆さんが殺された人も居ます。それでも敗戦した日本兵と子供と婦女を
船に載せて日本に返した上、戦争賠償も放棄したのは中国のみでした。
その時、中国政府が我々中国国民を説得したのは「日本国民も犠牲者だ。
一握りの戦争犯罪者を罰すればいい」でした。日本では反日教育というが、
正確にいえば反軍国日本軍の教育であり、この「日本国民も被害者」という
教育も徹底されてきたのです。

中国人の誰も日本の宗教や犠牲者への追悼に反対している訳がありません。
戦争の罪人を「英霊」として参拝していることに反対しているだけなのです。
天皇陛下も同様な理由で参拝をおやめになった訳です。これは日本が
ポツダム宣言などを通じて世界との約束であり、日中和解の基礎でもあるのです。

しかし、安倍総理は「国のために戦った英霊を尊敬するのは当然だ」という
被害者を無視した理屈で問題の本質を誤魔化しています。それでも多くの
支持を得ている現実を見ると、まさに戦犯を英霊とする安倍総理が
「平和日本」という牛車を引っ張っているのだと思いました。
なぜこんな簡単な矛盾にも気付かないのだろうかとイライラもしましたが、
途中からムキになった自分をアホらしく感じるようになって止めました。

新年号だから何かめでたいことを書くつもりでしたが、どう考えても
出て来ないので諦めました。こんな日本現職総理への批判記事になって
真に申し訳ありませんが、お許しください。

2014年は中国にとっても日本にとっても不確定要素の多い一年になるに
違いありません。人間社会は株式市場と同様、欲望と恐怖心で不合理な
方向に急速に流れることはあります。抵抗してもバカバカしいので
両方とも距離を置くこともよいかと思うこの頃です。
 2014/01/10 14:24  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
キューティー&ボクサー
渋谷に映画を見に行きました 




タイトルは

「 キューティー&ボクサー 」

私がニューヨークに渡る

9年前の1969年に37歳で渡米

現在もニューヨーク在住の篠原有司男さんと

その妻、篠原乃り子のドキュメンタリー映画

篠原有司男さんは、

前衛的なパフォーマンスやジャンク・アートで注目を集め、

ボクシング・ペインティングで一躍有名に 





昔のニューヨークには、

ぶっ飛んだ人が、いっぱいいた事を思い出しました 


来週ニューヨークに行きます 

寒波の中、新しいニューヨークを捜してきます 

 2014/01/08 17:58  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
元旦 広尾駅
元旦の夕方、

広尾駅から地下鉄に乗りました



六本木方面の電車を

待っている人が一人もいませんでした  





迎えの目黒方面のホームを見ました.... 

やはり誰一人いませんでした.......





たいへん静かなお正月の駅でした
 2014/01/02 11:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集