« 2013年07月 | Main | 2013年09月 »
宋文洲/傍観者の多い日本
宋文洲さんのメルマガをご紹介させて頂きます 

傍観者の多い日本。。。タイトル通りの日本ですね  

傍観者の多い日本   宋 文洲


北京の家で唯一見られる日本のテレビはNHKです。今週のメルマガはテーマを
決めていたのですが、先ほど虐めに遭って自殺した中学生の特集をみて急遽
テーマを変えました。

自殺した中学生は自殺前日にもクラスメイトの親友にメールを送りました。
教室などで執拗に行われた酷い虐めは誰でも知っていることです。しかし、
誰も止めに入らないのです。この親友も含めて。

NHKの統計では、日本の学校では虐めを見て見ぬふりをする確率が年齢の
上昇につれてどんどん高くなります。虐めはどこの国にもあるのですが、
この見て見ぬふりをするのは、日本の学校の教育の結果だと思います。

前回、偶然にも私の子供達が米国東部のサマースクールに通っていたことに
触れました。実はそのサマースクール中にも日本人留学生同士の虐めがありました。

米国現地の子供が7割ですが、3割ほどが世界各地から来た生徒です。
一番多いのはもちろん中国の子供達ですが、日本からの子供達も7、8人居ました。

私の息子は東京生れで7歳まで都内の小学校に通っていました。それに母親が
日本人ですし、自然に日本国籍になっています。どこにいっても自分は
日本人だと言うし、日本人としての誇りも持っていると思います。

ここ4年間ずっと北京の中国語インターに通って世界各国の子供と一緒に
学んできましたが、日本人のクラスメイトは殆ど居ませんでした。このためか、
米国のサマースクールでは放課後、よく懐かしい日本人の子供達と遊んでいました。

その中で虐めが起きました。一番大きい子でもなく、一番強い子でもない。
中途半端に強い子が一番弱い子である○○君を虐めるように呼びかけました。
当然すぐ成立しました。

ある日、ドッジボールで遊んでいた時、皆がそろって○○君にボールを
強くぶつけます。逃げても逃げても逃げられない○○君がとうとう泣きだして
森の中に走っていきました。それをみて虐めに参加した子供達は皆で笑っていました。

私の息子が止めても皆が聞いてくれないため、先生に言いました。
「先生、皆で○○君をボールで叩く。もう泣いているのにまだやる。
アンフェアだと思う。」と。

先生は当然日本人の子友達を呼んで叱りました。それ以来、私の息子も
仲間はずれにされ、悪口を言われるようになりました。幸いして私の息子は
英語も中国語も不自由ではないため日本人のグループに関わることを止めました。

二カ月後、私は子供達を迎えに学校に行きました。駐車場に車を止め、勝手に
子供の宿舎に入ったり、子供の食堂でご飯を食べたりして観察していました。
私の息子がわざと日本人の子供達を避けていることに気付きました。

そろそろ帰国するので日本人の子供達が集まって写真撮影するというので
私夫婦と娘は参加しましたが、息子が見付かりません。虐める子も虐められる子も
大人に分からないような笑顔を浮かべて楽しそうに撮影しました。もちろん、
そこにはその虐めを止めることができたはずの大きい子供達も居ました。

「なぜ撮影に来ないのか」と息子に理由を問い詰めた時、やっと虐めの実態を
知りました。親達が高い費用を払ってはるばる地球の裏のサマースクールに
来ているのに、そんなみっともないことをするなんて、私は何とも言えない
無力感に襲われました。そして息子の行為を褒めました。

虐め自殺の話はもう聞きあきました。その都度悲しみ、怒り、そして
虚しくなります。教育改革と叫ぶ言論人と政治家は多いのですが、
果たして焦点が合っているでしょうか。

また、長い間日本企業のコンサルティングをやってきましたが、「和」の下で
行われたこの種の傍観行為(当事者意識の欠如)は組織の不作為と不正を
許してきたと痛感します。もし年齢増に伴って傍観者が増えるのであれば、
今の日本では、社員が経営の傍観者、市民は政治の傍観者、官僚は財政の
傍観者になっていないだろうかと、変な中国人が余計な心配をしてみました。

P.S.
まあ、せめて我々ビジネスマンから早く国際展開しましょうよ。
それによって経済がよくなるだけではなく、子供達も当事者意識を持ち、
視野を広げます。私の息子はもしずっと日本に居たらきっと前に出る勇気が
なかったでしょう。
 2013/08/30 12:44  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋 文洲/変化は多様な体験に基づく
私も良く口にする言葉「常に変化。。。。」 

宋文洲さんのメルマガをご紹介させて頂きます


変化は多様な体験に基づく
宋 文洲


変化の激しい現代ですが、多くの経営者は部下に変化を促します。しかし、
変化しろと言われてもなかなか変化できないものです。それは虫を怖がる子供に
「怖がるな」と叱るようなもので、言われればできることではありません。

カナダとの国境の近くで2ヶ月のサマースクールを終えた子供を迎えに行きました。
その晩、近くの旅館に久しぶりに家族で泊まりましたが、男の子供が上半身を裸で
寝るのです。この子は元々必ずパジャマで寝ていたのに、その変化ぶりにびっくりです。

よく聞いたら一緒に寝泊まりしたお友達にそんな人が多かったそうです。
もともと私はよく子供に裸で寝るメリットを言っていましたが、その時は全然
聞いてくれなかったのに友達のやり方を黙ってみて子供が変化してしまいました。

多様性という言葉は誰でも語るのですが、実際に多様性の無い人間同士で
多様性を実現することは不可能です。これは男に子供を産んでもらうようなもので
努力とテクニックでできることではないのです。

多様性に欠けている先生達や親達が教育について多様性を語ることは殆ど
男がお産を語るようなものです。そう言いながら、実際に多様性のある言動に
出会うと「ルールを守らない」とか「秩序を乱す」とか「空気を読めない」
とかに表現を変えてしまいます。実際に彼らにとって多様性は絵に描いた餅で
本当の多様性という餅の味を知らないからです。

変化と多様性は実に緊密に関係しているのです。我々人間は変化する際、
ある暗黙があります。それはAを止めてBやCになることです。BやCなどを
見たことのない人、あるいは触れたことのない人にAを止めなさいといっても、
言われた人はそれが恐怖にしか聞こえないはずです。

たとえば転職への恐怖。一般的には、現代の日本のサラリーマンの転職への
恐怖は半端なものではありません。これが経営者や子供達にも伝染して異なる
組織や環境に飛び込むことへの抵抗に変わっていきます。するといつも同じ
上司部下、同じ顧客やパートナーと付き合うことになります。気心が知れて
安心する面はありますが、嫌なことがあってもそこから逃げ出す発想が持てず、
そのままやる気と才能を腐らせてしまうのです。

逃げ出すのが怖いからです。逃げ出しても異なる組織や環境を知らない、
つまりAからBに変わる時の体験が圧倒的にたりないため、逃げ出せないでいる
のです。私は定期的に子供達が通う学校を異なるタイプの学校、異なる言語を
使う学校に変えています。狙っているのは優秀な教育でもなければ、優れた
仲間でもありません。目的は異なることを体で体験することです。

中国人と日本人がそんなに違うか。それは両方の国で生活し、教育を受けない限り
それほど分かりません。できることならば第三国、アメリカの学校で世界中の
子供の中から日本人や中国人を観察してみるともっと分かりやすいと思います。

帰路に子供達にサマースクールの日本人と中国人の違いを聞くと、「両方とも
僕達は話せるからよく分からない。それよりもいろいろな国の友達がいるから
比べる暇がない」との答えが返ってきました。

そうなんです。僅かな違いを虫眼鏡で見ること自体が多様性に慣れていない証拠です。
もっと広い視野で大きな多様性を体験すれば小さな相違に拘れなくなるはずです。
これと同様に、もっと大きな変化を成し遂げたいならば、もっと大きく異なる
世界を体験しないといけません。

70、80歳になっても経営を主導する日本の経営者をみて理解できない時も
ありましたが、最近、彼らのように戦前、戦後、安保闘争などの多様な教育と
社会環境を経験した日本人はもう珍しいと思って納得しているところです。

大きな声で部下や社員に「変化しろ」と叫ぶ経営者の多くは自分が変化しません。
変化できない人はいつもと変わらず「変化しろ」と叫ぶばかりです。まあ、
たまに「チェンジ」と変わるのですが・・・。
 2013/08/16 12:27  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
東京湾大華火祭
今年初めての花火大会 

東京湾大華火祭 に行ってきました   

品川埠頭
に7時に到着 









レインボーブリッジ越しに花火が見えます 






















最後には、凄〜〜い人人人 








汗でビッショリになりました 

もちろん!!!

冷えたビールで水分を補給しながら 

楽しみました 





 2013/08/11 14:28  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ファッションデザイナー ayumi.mitsukane PART2
ファッションデザイナー ayumi.mitsukane

http://ameblo.jp/3819tune1224/entry-11534838183.html

http://www.apalog.com/report/archive/792

   VS

ダンサー Lana Clara

   VS

写真家  堀口マモル













 2013/08/09 06:51  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ファッションデザイナー ayumi.mitsukane PART1
ファッションデザイナー ayumi.mitsukane

http://ameblo.jp/3819tune1224/entry-11534838183.html

http://www.apalog.com/report/archive/792

   VS

ダンサー Lana Clara

   VS

写真家  堀口マモル










 2013/08/08 10:13  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2013年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集