« 2013年03月 | Main | 2013年05月 »
宋文洲 愛社精神を持つ社員は仕事ができない
宋文洲さんのメルマガをご紹介させて頂きます

宋文洲 愛社精神を持つ社員は仕事ができない.....

会社に務めたことがありませんが,なるほど!!!



愛社精神を持つ社員は仕事ができない

  宋文洲


今年の入社式で愛社精神を訴える経営者はどのくらい居たでしょうか。少なく
なったと信じたいのですが、居たことは間違いないでしょう。

私は北海道大学で学位を取得した後、3ヵ月だけある中小企業に入社しました。
100人余りの下請けIT会社なのに入社式では国旗を掲揚し、愛社精神を鼓舞し
ました。その雰囲気に何とも言えない抵抗感を持ちました。

3ヵ月後、その会社が倒産しました。負債から逃れるため、社長は夜逃げを続
けました。社員は口を揃えて社長を非難しました。つい数日前まで偉そうに愛
社精神を訴える社長も、お尻が痒くなるお世辞をいう社員達も、どこにも居な
くなりました。

今日も、精神論を訴える管理職や社員がたくさん居るでしょう。彼らは午後に
なれば相変わらず喫茶店に行って油を売ったり、会議室でしょうもない会議を
したりしているのです。そこで体力を温存させ、来るべき夜の残業に備えるの
です。

精神論が大好きな人は、だいたい会社も好きです。もっと正確にいえば彼らは
会社に行くのが好きであり、会社に居るのが好きです。好きな理由は仕事がで
きるからではなく、居心地がいいからです。

彼らにとって仕事の結果よりも人間関係が重要で、客の評価よりも上司の視線
が重要です。ドライな効率的仕組みを作るよりも、ウェットな職場を作ること
が重要です。最後には仕事が「趣味」となって老後も通いたくなるのです。

こういうことをいうと、「宋さん、また古い持論を展開してどうするの?日本
はもう変わったよ」と思う方がいると思いますが、実はこれは日本だけの問題
ではないのです。

海外でも会社が好きな人ほど仕事ができないケースがたくさんあるのです。米
国のリーダーシップIQという会社の調査によると、米国でも42%の会社では仕
事ができる人よりも仕事ができない人の方が仕事が好きだそうです。

某従業員1000人の会社では、最も成績の悪い従業員が愛社精神を示しました。
「仕事をする際は100%の努力をする」という設問に対して、7点満点で自己評
価をしてもらうと、成績の悪い従業員の点数は5.99点となりましたが、成績の
良い従業員達は5.36点となりました。仕事しない人ほど自己評価が高いのです。

また、成績の悪い従業員は他の人達に比べ、自身の会社を「働くには素晴らし
い組織」だと勧める傾向(つまり日本で言う愛社精神)にあることが分かりま
した。しかも多くの場合、彼らは自分たちのパフォーマンスが悪いとは気づい
てさえいないのです。

私は5年前に「社員のモチベーションは上げるな」という本を幻冬舎で出版し
ましたが、まさにこのことを言っているのです。「愛社精神」、「必死に頑張
る」などの精神論は厳しい仕事からの隠れ蓑に過ぎず、その精神論が通用する
会社はそもそも本当に仕事で辛い思いしている社員をケアしていないのです。

もちろん愛社精神を持つ社員には、仕事ができる社員も多く居ます。特に良い
会社では仕事ができる社員が評価され、働きやすいため、業績の良い社員は会
社に愛着を持つはずです。しかし、こういう会社では、仕事ができる社員達は
自信を持っているため、愛社とかの精神論を口にしません。

結果として愛社精神をよく口にする会社は良くない会社である確率が高くなり
ます。我々ビジネスマンは「愛社精神を持つ社員は仕事ができない」という厳
しい認識を持つべきです。少なくとも公然に言う人を信用すべきではないのです。
 2013/04/20 08:25  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
明和電気/お花見の会
桜がすっかり散りましたが,

明和電気さん主催の

お花見の会に行ってきました 





多くの人が集まり、ライブが始まりました 








明和電気さん発明の楽器の数々の演奏と歌、

最高に楽しいライブでした 


ありがとうございました。

 2013/04/13 19:56  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
スービック/フィリピン3
スービックの町の移動手段は,

軍の払い下げのジプニー 







10人ぐらい乗れる路線バスで運転手1人 






新しく乗ってきた後ろの人がお金を支払う時は,

全員が運転手迄少しずつ前にお金をリレー 

適当で時々支払っていない人も。。。









窓から正面に見えるトライスクルという

三輪車バイクも便利な交通手段 





路線バスには陽気な女子高生も 







ズッ~ト笑いっぱなしの元気な女子高生でした  
 2013/04/12 22:52  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
スービック・フィリピン2
フィリピンスービックという町の

フリーマーケットに行きました




フィリピンといえば。。。バナナ 







先ず、バナナを買い。。。。


その後、トマトを買いました 




1kg 45円。。。安いですね 







そして,フィリピンの お菓子を買いました 

味は,日本の 

ういろう の様で、凄く美味しかったです 







そして,そのお店の看板娘です 












その後ランチを食べました 







海ブトウをフリーマーケットで見つけたので

料理してもらいました 







凄く美味しかってです 

この海ブドウが、

日本まで運ばれて売られていると言う話しでした 


 2013/04/10 09:09  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
スービック/フィリピン1
フィリピンマニラから車で3時間。。。

アメリカ海軍の海軍基地があった

スービックという小さな町に

スマイリングベイビーの撮影で行きました 




スービックの港です 





港の前の魚の卸売り市場です 










この日は,フリーマーケットも開かれていました 








安い新鮮な食料を求める多くの人で、

賑わっていました 
 2013/04/09 06:32  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集