« 2012年09月 | Main | 2012年11月 »
カミシマ チナミ 東京コレクション


カミシマ チナミ 

2013 S/S 東京コレクション 

に行ってきました 













このプレス.......と......写真家








凄~~~~い数!!!
 2012/10/15 20:24  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
東北地方太平洋沖地震、寄付金支援/ウッディチキン
10月10日、

ウッディチキン東京定例会に参加させて頂きました  


http://woodychicken.com/

その中で、去年に引き続き、

今年も.

ウッディチキンさんを通して

2013年スマイリングベイビーカレンダー

1000枚の売り上げを

東北地方太平洋沖地震の被災地に

寄付させて頂く事が決まりました 

(去年は,50万円余りを寄付金として支援させて頂きました。)













ウッディチキンのみなさん、

今年もありがとうございました 





PS,2013年スマイリングベイビーカレンダーの告知は

改めてさせて頂きます。

 2012/10/13 22:59  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋文洲/ 内向き議論の遠因
現在上海に住んでおられる

宋文洲さんのメルマガをご紹介させて頂きます 

今回も、鋭い!!! です。




内向き議論の遠因

宋 文洲

日本と関わってそろそろ30年になりますが、未だに納得できない言葉がありま
す。それは農耕民族と島国根性です。

13年前、組織営業を助けるシステムを営業する際、よく言われたのは「我々が
農耕民族だから・・・」です。この場合、その続きは間違いなく「そんなシス
テムは要らない」ですので言い始めたらもう結論が分かります。

当時、根性と勘に頼る個人営業を、ネットに繋がる携帯電話システムで組織的
営業に変えることは、全く新しい試みでした。理解できない、もしくは理解で
きてもチャレンジしたくない方々が居るのは普通のことですが、私が嫌だった
のはその言い訳でした。

「農耕民族だ」は構いません。「必要がない」も構いません。しかし、この二
者を繋げるところがとても強引且つ傲慢に感じました。言っている本人は正々
堂々でしたが、提案に来ている私も農耕民族であることを忘れています。

「お前の考えは納得できない。帰ってくれ」と言うならば何の問題もありませ
ん。営業は所詮、ニーズのあるところに行かないとダメですから、理解できな
いからと言ってしつこく説得する暇はありません。

ところがいい年の良い立場にいる方が礼儀正しく私を立派な応接間に招きなが
ら、「農耕民族」の特性を長々語るのは耐え難いものがありました。その方々
の多くは都会生まれ都会育ちの方々で、ベランダにある奥さんの花に水をやっ
たこともありません。

それにも関らず農耕民族の属性から心情まで語るとはどういう神経とどういう
ロジックを持っているかが不思議でした。「私も農耕民族だけど」と言う気に
もなりませんでした。ただただこの人と一緒になりたくない一心で早く逃げ出
したい気持ちでした。

この「農耕民族」とほぼ同じ頻度で出てくる言葉がもう一つあります。それは
「島国根性」です。どちらも「自分も良くないと思うが、仕方がない」という
ニュアンスで使われます。「君が正論だが、我々ニッポン人には無理だ」とい
う理屈です。

考えてみればイギリスも島国ですし、台湾もオーストラリアも島国です。各大
陸も実は大きな島に過ぎません。世界の陸地は全部島です。日本は大きな島で
もなく小さな島でもありません。ゆえに島としての特殊性は何一つありません。

ましてや数十年前から情報化とグローバル化が進んで来た結果、北朝鮮のよう
な国を除けば世界中に「島」となる国はもう存在しないのです。

今日になれば、スマートフォンなどを使った営業支援システムが当たり前にな
りました。ソフトブレーンの社員はどこに行っても、もう「農耕民族だから」
とか「島国だから」と言われなくなりました。それだけITに支えられる組織営
業が当たり前になってきた証拠です。

しかし、新しいものは常に生まれます。今日から新しいものを提案する人達は、
きっと間違いなく「農耕民族だから」「島国だから」と言われるでしょう。

「日本には資源がないから」という台詞も多かったです。それは事実としても、
資源のない国は他にもたくさんありますし、「だから製造業にいつまでも拘る」
という結論に必ず結び付くロジックはおかしいです。

ディベートを学ばない日本の学校から、ディベートの基本を知らない大人を輩
出させるのです。因果関係がしっかりしていないのに強引にその因果関係を使
って勝手な結論を導き出す。本来、このような議論の仕方は相手によって指摘
されます。

偉い方に反対意見を言うと「無礼だ」と思われる日本では、基本的なロジック
破断も指摘されないのです。それが無理なロジックと定説が蔓延する土壌とな
ります。

そろそろ立場や属性で議論することを止めるべきです。内向き議論の遠因にな
っています。
 2012/10/12 08:29  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
誕生会
美女2人の誕生会に参加しました  


2人とも酔っぱらって幸せそう 













誕生日おめでとう   

みきちゃん   まきちゃん  


私も久しぶりにかなり酔っぱらいました 

 2012/10/04 08:49  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集