« 2012年05月 | Main | 2012年07月 »
宋文洲/ “細い鎖”を引きちぎって生きよう!
今日は、

大ファンの宋文洲さんの

メルマガをご紹介させて頂きます。


私は、常に鎖なしでフリーに動いていますが、

時には、鎖に繋がれたいとも思います。。。。。 




宋文洲    

“細い鎖”を引きちぎって生きよう!


誰が自分を“終身雇用”してくれるのだろうか。結局、その答えは「自分」な
のだ。自分だけが、自分自身に終身雇用されるような価値をつけることができる。

こう書くと重たく受け取られるかもしれない。しかし、ものは考えようだ。要
するに誰かに雇用されて、やりたいことができていればいいのであって、どこ
かに属して社会に貢献し、顧客に満足してもらえればいいだけだ。ただ、誰に
雇われるかは、あまり重要でなくなるだけなのだ。

私が経営者だったころは、以前退社した人材が戻ってくることを大歓迎した。
他社の文化を体験し、やり方を身につけた人間は、大きく成長している。私は、
ずっと同じ会社に居続けることをことさら低評価する気はなかったが、比較す
ると、外に出たことのある人間のほうが、明らかに能力が高くなっている。結
果として、幹部のほとんどが、一度他社に流出した社員になってしまったほどだ。

日本企業では、こうした流れを「出戻り」などと呼んでポジティブに評価しな
い。会社よりもむしろ、従業員のほうにこそアレルギーが強いかもしれない。
一度は裏切ったくせに、のこのこ戻ってきた情けないやつ…そんな陰口を叩く
のだ。

これからの時代は、どこからも雇いたいと思われるような人間を目指したほう
がいい。どこかの会社に一生雇ってもらうのではなく、自分が行きたい会社に
行けるだけの実力を養うのだ。

上司や経営者がアホだと思うなら、いますぐ辞めたほうがいい。大切な人生だ。
我慢などしても仕方ない。それは人生のクオリティを下げてしまう。

会社を辞めるのはよくないことだ、というのも、終身雇用が成立していた稀有
な日本が生み出した「迷信」だ。だが、若い人でも、びっくりするほどこうし
た考え方にとらわれていることに驚かされる。

象は、幼いころから鎖で木につながれると、成長したあとも決して鎖を引きち
ぎることなく、つながれたまま、おとなしくしているのだという。大人の象に
は鎖を切る力どころか、木もろとも引きぬく力すらあるというのに、「慣れ」
が、踏み出す勇気を抑えこんでしまうのだ。それは、いまの日本人の姿そのも
のだと思う。

勝ち組、負け組という言葉が流行して、どのくらい経っただろうか。「勝負に
強い」という言葉は、中国では勝つことに長けているだけでなく、「うまく負
けられる」という意味も含んでいる。

すべての勝負に勝てるわけではない。これからの日本は、そして日本人は、変
わっていく過程でもうしばらくは「負け」が続くかもしれない。でも、将来の
勝利のために、「うまく負ければいい」だけなのだ。

この本を手に取り、ここまでお読みいただいた方には、自分をつないでいる鎖
を切って、ぜひ流動性のある世界で勝負してみてほしい。いま勤めている会社
が自分を鍛えてくれる「場」ではないと感じるのであれば、別の企業で、ある
いは外国に出て、一度自分の頭をクリアにして“新しい海”を泳いでみよう。
そして、物事を違うアングルから観察し、眺めてみてほしい。

勝負に出れば、もちろんリスクがつきまとう。勝てればそれでいいし、負けて
も臆することはない。フラれた回数だけ恋愛がうまくなるのと同様、若いうち
はどんどん失敗していい。いまの負けは、将来の大勝につながる。とにかく、
自発的に動いてみることが重要なのだ。

そのほうがずっと面白いし、楽しい。「国」は、結局のところ「人」だ。人の
レベルが上がれば、必ず国の実力も上昇する。そこに日本と、日本の若者の未
来がある。
 2012/06/22 11:34  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
上海 3
上海 から

日本に戻ってくる飛行機が今回も遅れました 


いつもの事ですが。。。。。







時刻はすでに、夜7時を回っていました 

弁当が出ました 








少し不安になりました 


成田空港は、11時以降着陸を認めていません。。。

上海と日本の時差は1時間。。。

飛行時間は、約2時間。。。

つまり、8時前に飛び立たないと 



上海にもう1泊 





しかし。ラッキーにも8時少し前に飛び立つ事ができました 
 2012/06/21 09:56  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
上海 2
上海 のレンタル写真スタジオで撮影しました 

入り口を入ると、何かが見えます 








少し近づきました 







それはバスタブでした 






中に何かが泳いでいました 







それは金魚でした 






なかなか、お洒落でした 








 2012/06/20 09:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
上海 1
先週、

撮影で3日間 上海 に行ってきました 

今回は、友達の家に泊めて頂きました 

場所は、旧フランス租界地徐家匯の近くにあり、

建物もヨーロッパ、フランスを感じました 











部屋の天井のデコレーションも素敵でした 











 2012/06/19 09:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
Fathering Japan 文京支部設立記念イベント
父の日前日に家族で笑おう

Fathering Japan 文京支部設立記念イベント

このイベントの主催者で、

スマイリングベイビー

耕平ちゃんのお父さん堀込さん

お誘いで参加させて頂きました


http://fjbunkyo.jimdo.com/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/info/event240616/








いろいろな催し物があり、

お父さん、お母さん、ベイビー、

みんな最高に楽しい1日になりました







イベントの1つとして親子写真を

22組撮影させて頂きました






次回開催を楽しみにしています





 2012/06/18 09:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集