« 2011年12月 | Main | 2012年02月 »
みんなの夢アワード2012


渡邉美樹さん主催の


みんなの夢アワード2012にご招待頂きました 


http://www.miraimeishi.net/award



見事グランプリは 






陸前高田で きのこ栽培をされている佐藤さんでした 



みんなに夢を与えるこの大会は、今年で2回目です 

来年は武道館で開催予定です 


凄いですね! 

楽しみです 
 2012/01/31 08:17  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
大前研一講演会
先日、大前研一さんの講演会を

聴くチャンスに恵まれました 


大前研一さんの本は、何十冊と読んでいますが、

話しを直接聞くのは初めてでした 


数字を使ったりして解り易いお話

最高に面白かったです 



いくつかご紹介させて頂きます


1、現在は、一人暮らしの人が多い。

何故かというと、未婚化、熟年離婚、死別が理由です。

それ故、食料を買う量も減り、

大型スーパーが必要なくなり、コンビニが大繁盛します。



2、結婚してから最初の子供が生まれる迄の期間は、

なんと平均0.8ヶ月。

できちゃった婚が、本当に多いという事です。


3、死ぬ時に一番金持ちな日本人、

その平均3000万円。。。

イタリア人は死ぬ時にゼロになる様に

計算して、生きているそうです。



4、現在健康であれば、

あと何年生きられるというのが、残存寿命。

日本人の65歳以降の残存余命は、

男性が、19年、女性が24年だそうです。




などなど、あっという間の1時間でした 



 2012/01/24 16:20  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
君は1万円札を破れるか?








公安の依頼により

複数のオウム真理教信者の脱洗脳を手伝ったと言う事で

有名な苫米地英人さんの著書

君は1万円札を破れるか? を読みました 






以前から、大ファンで最高に面白いです 



彼の講演も聴いた事があります 









みなさんも是非,読んで下さい 


お勧めです  
 2012/01/19 16:53  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋文洲さんのメルマガ
宋文洲さんの論長論短をご紹介させて頂きます。

今回も又、素晴らしいお話です!




年初の「平凡な日常」

宋 文洲

「ちょっとだけ置かせてくださいね」。足元のカバンから新聞を出すために私
は隣座席の人に言いました。しかし、彼のテーブルにコップを置こうとした時
に不味いことが起きました。私はその中のコーヒーを派手にこぼしたのです。

垂れるコーヒーをみて焦りました。「申し訳ございません!」と謝った後、す
ぐ「タオルください!」と添乗員に叫びました。タオルとティシュでテーブル
を拭き、椅子を拭き、「脚に付きましたか」と聞きました。幸いにして「脚は
大丈夫です」でした。少し安心して「お許しください」と再度謝ってもう一度
丁寧に拭きました。

世の中は不思議なもので、実は昨晩にも同じ場面がありました。主役は私では
なく娘でした。

数日前、我が家は足湯の機械を買いました。長いお風呂は疲れますが、足だけ
なら熱いお湯でも長く浸せて気持が良いのです。私がやり出すと子供達も小さ
な足を入れ込んできます。テレビを見ながら過ごす時間は至福です。

昨晩も8歳の娘と足湯を楽しみました。終わる頃、彼女が足湯の機械の縁に立
とうとしたため、機械が転倒し、大量のお湯が床にこぼれたのです。そのお湯
は床一面に流れ込みベッドの下にも広がりました。

びっくりした私が「何してんだ!」と大きな声で叱りました。家内が大量なバ
スタオルを持ってきて私がそれを使って湯を吸い取りながら「自分のしたこと
だから早く始末しなさいよ」と茫然としている娘に叫びました。

大人気ない私は作業しながらもさらに一言文句を言ったと思います。しかし、
その後、徐々に怒る気持ちが消えて行きました。娘が「私の責任だから全部や
ります」と言いながら一生懸命作業を始めたからです。

バスタオルを持ってベッドの下に潜りながら「私の体は小さいからベッドの下
を任せてください」と娘が言います。途中、ベッドの下から「パパ、私わざと
じゃないから許してね」との娘の声が聞こえた時、怒る気持ちよりも「自分が
大人気ないな」、「娘への教育は厳しすぎたかな」とむしろ反省を始めました。

自己反省と同時に8歳の娘に尊敬の念すら持ちました。自分の子供の言動に感
動を覚えたのは初めての体験でした。何か優しい言葉をかけたいのですが、適
切な言葉が見つかりませんでした。

作業が終わった後、自責の念のせいかどうかは分かりませんが、娘は自分の部
屋に戻って行きました。家内が様子を見に入りましたが、暫くすると真っ赤な
目をして出てきました。「一生懸命漢字の練習をやっていますよ」と。

私も涙が出そうでしたが、我慢しました。新年早々、自分も大切なことを娘か
ら学びました。それは彼女の行動でした。「私の責任だから」という言葉も響
きましたが、あの小さな体をベッドの下に潜らせた行動が一番私の心を動かし
たのです。

作業が終わって脚を引っ張って外に出した時は、娘のパジャマも濡れていまし
た。彼女はバスタオルと一緒に体も使って水を拭いたのです。その様子を見て
「私はちゃんと責任を取っているだろうか」、「私はちゃんと行動しているだ
ろうか」と強く自問しました・・・。

「もしもし、食事がきましたよ」。考え込んだ私の腕に誰かが軽くタッチしま
した。隣の方でした。さきほどコーヒーを溢された隣の方が私に優しく呼びか
けたのです。

皆さま、私の一年はこんな「平凡な日常」から始まりました。
 2012/01/13 14:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
明けましておめでとうございます!
明けましておめでとうございます 


今年も勢いよくスタートするために、

迫力満点、パワーいっぱいの映画を見てきました 

その映画は、もちろんこの映画です 

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

http://www.youtube.com/watch?v=IE8300sv0oM







ズッ〜〜ト、早い展開で進行、凄く面白かったです 


是非、



ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル



みなさんもエネルギー吸収に行って下さい 








今年も1年宜しくお願いします 


 2012/01/06 17:42  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集