« 2011年10月 | Main | 2011年12月 »
宋文・上品な商売、下品な商売
宋文洲さんの論長論短をご紹介させて頂きます。


上品な商売、下品な商売

        宋 文洲


世の中はいろいろな商売があるものです。性風俗を合法化している国もかなり
あります。合法化していない国も多いのですが、逆に性風俗が余計に盛んな場
合もあります。売春批判の聖人君子の多くは性風俗のお世話になっているはず
です。売春こそ永遠の商売です。

大麻が合法だという国は存在しています。煙草とアルコールの依存性を考える
と麻薬と嗜好品の境目があまりはっきりしないのです。煙草会社とアルコール
会社はだいたい良い会社です。

サラ金は闇金と言われていた時代がありました。私が日本に来た85年ごろはサ
ラ金を商売にしている人はヤクザとそれほど変わらないような感じでした。

小泉改革が息切れした後、サラ金が冬の時代に突入したと思えば、なんとその
サラ金は消えてなくなったのではなく、初期に手を染めたくなかった大手金融
グループがこぞってサラ金業者をさらったのです。

不動産も昔は下品な人の商売でした。スーツケースに現金を詰め込んで地上げ
して下町を歩き回る成金でした。今となって不動産こそ株や年金よりずっと価
値を保管してくれる優良金融商品になっています。

昔、芸人は裏社会に繋がる貧困な人達でした。パチンコは賭博でゴルファーは
遊び人でした・・・歴代東大生が最も多く就職した産業こそ社会のお役に立つ
「立派」な産業でした。

亡くなった松下幸之助さんがゲーム機の生産に反対したのは有名でした。子供
達がゲームばかりして勉強しないからでした。しかし、そのゲーム産業こそ日
本の最も強い産業として生き残り、ついでに日本の文化を世界に広める媒体に
もなったのです。

私が92年に会社を興した時、「良い会社に入れないから仕方がないね」と思わ
れました。大手企業を辞めて企業を興す人はだいたい問題を起こして辞めざる
を得ない人でした。

日本の経営者と付き合うと不思議に創業者社長に朝鮮半島ご出身の方々が多い
のです。日本国籍になって日本名を使うのであまり知られていませんが、各業
界の代表的な創業オーナーの多くは半島の血を引きついでいます。

反対に「正真正銘」な日本人で優等生のはずの東大生は滅多に創業しません。
選んだ職業もだいたいその10年後に斜陽産業になります。鉱業、鉄鋼、官僚、
金融、ゼネコン・・・その「予想力」は抜群です。

さらにだいたい古い会社と古い商売が若い会社と新しい商売を否定するのです。
読売のナベツネさんがオリックスの宮内さんを「カネカシ」と呼び捨てにした
話は有名ですが、最近楽天の三木谷さんがゲームのDeNAについて野球チームに
相応しくないと言うのです。

自分の話が長く、他人の話に興味がない。自分の事業が素晴らしく他人の事業
に意味を感じない。経営者が偉くなると必ずこのようなパターンにはまるので
す。気持ちは分かるが、野性を失う瞬間です。

商売は合法である以上、上も下も上品も下品もありません。人が商売を選ぶの
ではなく、商売が人を選ぶのです。
 2011/11/25 08:29  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
六本木ヒルズイルミネーション/猿の惑星:創世記
猿の惑星/創世記を見に行きました 

随分昔に見た最初の猿の惑星を思い出し,

映画を通して世の中の進化の早さに改めて驚きました!

そして,想像以上に凄く面白い映画でした 




その帰り

六本木ヒルズイルミネーション
を見ました 




早〜〜いです 

今年も、もうすぐ年末ですね!!! 
 2011/11/16 17:14  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
渡邉美樹さん/東北復興博
東北復興博シンポジウム

「文化と経済を通じた復興をテーマに」

渡邉美樹さんの講演会に行ってきました 


http://isp.unu.edu/jp/events/2011/tohoku-recreate-expo-symposium.html







いろいろな方がお話されたので,

渡邉美樹さんの講演は、

30分程でしたが、

陸前高田市での

再起業支援の取り組み「経営塾」

お話等素晴らしかったです。




 2011/11/13 08:45  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋文洲・自他に分かる日本語を
本日も宋文洲さんのTPPに関する

論長論短をご紹介させて頂きます。 

なるほどと思います!!!



自他に分かる日本語を
宋 文洲


「PPTについてどう思いますか」。「そうですね、最近は揉めていますね」
・・・皆さんはこの会話をどう思うでしょうか。「PPTではなく、TPPだよ」と
すぐ気付く方がどのくらいおられるでしょうか。

PPT、TPP、TTP、PTT・・・英語力は平均より上だと思う私ですが、TPPをしっ
かり言えるようになったのは最近のことです。なぜ「太平洋協定」のような覚
えやすく、中身と本質を分かる日本語を使わないでしょうか。

FTAでもTPPでも私はグローバル競争に参加するあらゆる仕組みには賛成です。
しかし、先週後半から急にTPP交渉に疑問を持つようになりました。ツイッタ
ーなどを通じて多くの方々がTPPの最も基本的なことも分かっていないことに
気付いたからです。

経済と交易の環太平洋といえば、経済規模から見ても、日本との交易量をみて
も中国、韓国、ロシア、香港、台湾などはとても重要なのです。しかし、これ
らの国はTPPに入らないのです。「環太平洋」ではないのにTPPといって誤解の
ままでの参加交渉は不自然だと思うのです。

現状では米国に交渉力を持つ国が誰もTPPに入っていないのです。主要国のう
ち、日米だけが参加する経済協定は日米経済同盟に映るのです。それを理解し
た上で参加するならよろしいのですが、「皆が入っているから」というプレッ
シャーに弱い国民心理を利用してのダメ押しは危険です。

「中国が参加しないから宋さんは反対するでしょう」と思う方が居るかもしれ
ませんが、私のツイッターをチェックしていただければ私は先週まではずっと
賛成してきました。急に反対を始めたのは名前と中身さえ一致しないことに気
付かれない中、とにかく交渉参加に急ぐ「焦り」の姿勢です。

経営コンサルタントをやっていた頃、某大手企業の常務に社内幹部向けの講演
を頼まれました。「どんな内容がいいですか」と聞くと「今年の当社のキーワ
ードはイノベーション、チェンジとコンピテンシーなので・・・」と言われま
した。

安くない講演料のため責任を感じているので勇気を出して思い切って聞きまし
た。「コンピテンシーの意味は分かりますか」。するとその常務さんが慌てて
内ポケットから手帳を出して顔を赤くして「えーと、確か・・・」と説明を始
めました。

分からないことを分からない外来語にしてやすやす流れに乗せたりする傾向が
日本社会にあります。経営もそうですが、議論が五分五分でもリーダーは決断
する必要があります。しかし、言葉の中身も曖昧なままの決断はどう考えても
決断ではなく賭博です。

「コンプライアンス」にかかる手間が膨張している中、20年間も隠蔽して来た
オリンパスの巨額損失が外国人社長の手で暴かれました。菊川元会長を初めと
する一部の経営陣に必要なのはコンプライアンスという外来語ではなく、昔か
らあった日本の諺です。「嘘は泥棒の始まり」。

議論も決断も大事ですが、その前に最も重要なのは自他に分かる日本語を使う
ことです。
 2011/11/11 08:28  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
宋文洲・ ジョブズの傲慢
スティーブン・ジョブズさんの死後、

いろいろな所で彼が取り上げられます。

今回は、宋文洲さんの論長論短を

ご紹介させて頂きます。 


 
ジョブズの傲慢

突然、家内のメールにiTunesから8千円ほどの引き落とし通知が届けられました。驚いた家内がアップルショップに「子供は無料ゲームでしか遊んでいないのになぜ?」と聞きましたら、店員が淡々と答えました。「無料でも途中からパー
ツなどが有料になるのでたぶん知らないうちに買った
でしょう」。

そういえば、たしかに無料ゲームをダウンロードしようとした時、クレジットカードの情報を聞かれました。不思議に思ってやめようとしましたが、背中から聞こえた子供達の「土日しかやらない。無料しかやらない。」の「誓い」に押されて面倒な設定をしました。

店に抗議する気にもなりません。この手のサイトはいくらでもあります。しかし、「クローズした安全性」を売り物にしたジョブズの宣伝がなければ、私はそんなに簡単に騙されることはありませんでした。

「終了のためにスタートボタンを押す。」ジョブズは且つてこのようにWindowsを嘲笑いました。「無料のためにクレジット情報を聞く。」これは私のお返しです。

ペプシを砂糖水と揶揄し、マイクロソフトを真似会社と扱き下ろし、アンドロイドを盗作と決め付け、海軍を海賊以下と馬鹿にする。極め付けはジョブズが作ったビルゲイツの初夜話:「初夜を過ごしたゲイツの新妻がゲイツに言った
『なぜマイクロソフトと呼ぶかよくわかったわ。マイクロ・アンド・ソフトだね。』
(小さく軟い)」

MACファンに申し訳ありませんが、私のようなITツールに弱かった人はアップルよりずっとWindowsに感謝しています。いろいろと腹が立つところもありますが、そのオープン性がPCを家電に変えました。そのずっと前からMACはありましたが、その閉鎖性はMACを一部のプロの道具に閉じ込めました。

ジョブズが世界を変えたという論調に非常に違和感を覚えるのはこのためです。
ジョブズはスタイルやイメージの演出が卓越していることは認めますが、iPhone、iPad、iTunesが世界を変えたと思わないのです。ジョブズ後のこれらのツールはその閉鎖性の故に衰退するに違いありません。

「私は巨人の肩で遊んでいる子供。」偉大なニュートンが言ったように、どんな発明も人類のさまざまな文明蓄積、社会のさまざまなバックアップ環境の下で生まれるのです。ジョブズがやり遂げたことは個性があっても発明はないはずです。

Windowsなどが増やした膨大なIT人口がなければ、Googleなどが広げた広大なネット空間がなければ、FIXCONなどが作った巨大な工場がなければ、デザインとマーケティングのパートナーがいなければ・・・一つでも欠ければアップルの成功はありえないのです。ジョブズはスビルバーグのような優秀な監督ではありますが、その閉鎖性と嫉妬心が世界の進歩に貢献したとは思いません。

いかれた変わり者(天才と同義)と思えばそこまでですが、死後も伝記や映画を通じて子供の英雄になる人物にほど遠いのです。営業とマーケティングを専門にしてきた私からみれば実に生前も死後もうまいことをやると感心しきりです。

いま、日本にもジョブズのような人が増えました。他国や他人のちょっとした進歩をすぐ真似だと言いたがる人達です。そもそも真似と学びは投機と投資のように区別が付かないケースがほとんどです。特許侵害と思えば正々堂々訴えればいいのに、立証できない限り、自分がもっと前に進むか、もっといい物を真似するかでしかありません。

自分の学びを創造と言い、他人の学びを真似という。自分の運用を投資といい、他人の運用を投機と言う。思うのも言うのも自由ですが、自分自身の「健康」によくないことを忘れてはいけません。
 2011/11/04 14:03  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

堀口マモル(ほりぐちまもる)
ニューヨーク、パリ、東京を旅する邦人アーティスト。
ダンサー、そして格闘技にイデアを求める詩人。フォトグラファー、堀口マモル。
ファッション、ヘア&メイクの写真を通じ、限りない平和への道に羽ばたく。

堀口マモル プロフィール
堀口マモル ホームページ

スマイリングベイビー

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Ado Maenishihara
ADO HINO ビーズジュエリー (2012年03月12日)
shirley
上海/中国&日本ピース (2011年12月19日)
yukio.TKD
アントニオ猪木2 (2011年08月10日)
Masa taichoo
RUNWAY for JAPAN (2011年05月16日)
合同展JOURNEY
中国ピザ/上海 (2011年04月16日)
松しょうです
上海万博4 (2010年11月09日)
峰雪意久
ハイアン・グレイシー (2010年11月06日)
chizuruです
渡邉美樹さん 1 (2010年07月08日)
最新トラックバック
北極点に挑戦する男。 (2011年08月29日)
アントニオ 猪木調査隊 (2007年07月21日)

http://apalog.com/mamoru/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
本ブログ内の文書・写真すべての著作権は、堀口マモル及び株式会社アパレルウェブに帰属します。
また、両者の許可なく本ブログの複写、複製、引用、転用、改ざん、配布、リンクの提供等を禁じます。
リンク集