« 2011年11月 | Main | 2012年01月 »
2011年を振り返って
3月11日の東日本大震災以降、当ブログは約1ヶ月間お休みをいただきました。メディアが伝える被災地の姿を見て、「お客様を海外から呼ぼう!」というタイトルで書けるようなテーマが思いつかなかったからです。

ブログを再開したのは4月に入りってから。海外メディアがあまりに日本の「悪い話」ばかりを書き立てることに腹を立てたことがきっかけでした。
「日本沈没」と一面トップで伝える韓国の日刊紙

「地獄の黙示録‥津波、地震、原発事故、大変革、瀬戸際の経済...次は何が起こるのか?」とカバー特集を組むニュースウィーク

日常生活の情報がまったく海外に出なくなった今ほど、等身大の日本の姿を伝える努力が求められている時はない、と感じたからです。

バランスをるために、当ブログでは、ディズニーリゾートが再開したとか、東北新幹線が開通したとか、桜の花がきれいだとかといった日本の「いい話」ばかりを英語で書きました。

国内アパレル業界向けのアパログで、英語ブログというのもどうかと思いましたが、実際にやってみると意外に反応がよく、海外の読者が「Like」(いいね)ボダンをよく押してくれることに励まされました。(日常レベルの情報が珍しかったということも合ったと思います。)インターネットは、たしかに世界につながっているということを実感できた一年でした。

投稿の中で一番反応が良かったのは、日本政府が海外のツーリズムコンベンションで日本の実情を訴えた"Please visit Japan! - Japan promotes itself as safe destination at tourism conference"という記事。308の"Like"が集まりました。

そんな理由で、英語ブログは止めるきっかけがないまま、今も続けています。

さて、2012年。
来年はクールジャパンにも新しい動きがでてきますし、電子書籍もいよいよ日本でも普及期に入ります。そんな世の中の変化に対応すべく、当ブログも、英語だけでなく日本語の投稿も増やしていこうと考えています。

ユニークな視点から、世の中を考えるヒントになれればと思います。来年も宜しくお付き合いのほどお願いいたします。

それではみなさん、よいお年をお迎えください。
 2011/12/31 17:22  この記事のURL  / 
Nagoya planetarium recognized as world's biggest
The city of Nagoya announced that the planetarium at Nagoya City Science Museum has been recognized by Guinness World Records as the world's largest.

After being renovated at a cost of some 2.5 billion yen, the new planetarium opened in March with a diameter of 35 meters. It breaks the previous record held by Ehime Prefectural Science Museum by 5 meters.

The planetarium in the central Japan city boasts a new projector equipped with fiber optics that can show up to sixth-magnitude stars.

The brightness of stars is measured on a descending scale of 1 to 6, with sixth magnitude being the faintest.

The certification was dated on Dec. 12.



View Nagoya City Science Museum in a larger map

3月にオープンした名古屋市科学館が世界最大のプラネタリウムとしてギネス世界記録に登録されたというニュース。
スクリーンとなるドームの直径が35メートルで、愛媛県総合科学博物館の30メートルを更新した。
ドイツ製の最新機器が映し出す星空は「星座のゆがみがなく、限りなく本物に近い」と好評。 河村たかし市長は「ありがてゃーこと。世界中から人を呼び込むきっかけになる」と喜んだ、、と地元紙が伝えている。
 2011/12/31 10:21  この記事のURL  / 
Bicycle-sharing system "Cogicogi" gaining popularity in Harajuku
The membership-based bicycle-sharing service "Cogicogi"is offered within a roughly 3-kilometer radius of the Omotesando district. Popular entertainment and commercial centers such as Shibuya, Aoyama and Roppongi are included.
Bicycle-sharing service "Cogicogi"

Users can rent and return an electric power-assisted bicycle at any of the system's parking spaces, which currently number around 15.
Bicycle-sharing port at Shibuya Parco

The scheme was launched in the fall of 2010 with 50 bicycles. There are now twice that number as cafes and hotels have agreed to provide space for parking bays free of charge in hopes of attracting more customers. Shop clerks and office workers are also finding the service convenient as a way of getting around during break time.
Bicycle-sharing port at Granbell Hotel

It costs 735 yen to register for the scheme, with the monthly membership fee set at 525 yen. Bike use is free for the first 30 minutes and costs 100 yen per hour thereafter.

Port Map of "Cogicogi"in Tokyo

好きな場所で自転車を借り、返却ができる「シェアサイクル」。東京の表参道・青山エリアでは、2011年4月から「コギコギ」がスタートしている。

事業に賛同するエリア内の商業施設やカフェが敷地を「ポート」として提供する。
電動アシスト自転車を配備。登録料735円、月会費525円。利用料は始めの30分が無料、以降1時間毎100円。(営業時間午前10時から夜8時まで)

エリア内をスタッフが巡回。自転車ルール呼びかけや、自転車が一カ所に溜まらないよう台数の調整をする。参加者の民度の高さが試される事業だ。
 2011/12/30 07:43  この記事のURL  / 
Live-Action Space Bros./Uchu Kyodai Film Teaser Posted
The official website for the live-action adaptation of Chuya Koyama's Uchu Kyodai (Space Brothers) manga began streaming a 33-second teaser trailer for the film.
Uchu Kyodai Movie

Shun Oguri (小栗旬) and Masaki Okada (岡田将生) star as the title characters in this film.
Coldplay's"Every Teardrop Is a Waterfall"

The film features the theme song "Every Teardrop Is a Waterfall" by the British rock band Coldplay.

The story of the film follows two brothers, Mutta (Oguri) and Hibito (Okada), who made a vow as kids to travel to space. The younger brother Hibito did become an astronaut, but not Mutta. However, Mutta's life changes one fateful day.

The film is scheduled to open in Japan on May 5, 2012.
Coldplay Does "Uchu Kyodai" Film Theme



実写版『宇宙兄弟』の予告編が公開された。

小山宙哉の原作は各マンガ賞で次点の常連だったことから、
「いつも『お・し・い』けど、最高に『おもしろい』マンガ」
「宇宙が舞台で主人公が地味で絵が下手なマンガ」
などと評されることも。
登場人物たちがそれぞれの人生を背負っているところが作品の魅力。
主人公のムッタ役は「小栗旬より大泉洋がやるべきではないか」というファンの声は根強い。

主題曲は英ロックグループ・コールドの「Every Teardrop Is A Waterfall」
 2011/12/29 09:46  この記事のURL  / 
Who is the mystery person on poster for American movie 'In Time?'
Posters for the U.S. sci-fi movie “In Time” (to be released as “TIME” in Japan) have a mystery guest on them. On the right side is star Justin Timberlake. Normally, the left side would show co-star Amanda Seyfried. However, for the Feb 17 Japan release, Amanda has been replaced by a mystery Japanese celebrity whose face is hidden by a mosaic.
Poster for “In Time”

The Japanese celebrity was chosen to be the voice actress for Seyfried’s part. Distributor 20th Century Fox is conducting a campaign for fans to guess who she is on the movie’s official website. Hints are that she is a popular star in Japan, 25 years old and got selected for the role through rock, paper, scissors.

Maybe the answer is:


米映画「TIME/タイム」(来年2月17日公開、アンドリュー・ニコル監督)の ヒロイン役の日本語吹き替え版声優を当てるキャンペーン。
ヒントは、国民的人気を誇る、25歳、じゃんけんで念願のNO.1を獲得、、、って。
たぶん答えは:
 2011/12/28 07:58  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ