« 2010年10月 | Main | 2010年12月 »
アマゾン株価上昇と電子書籍
米アマゾン社の株価が上昇しています。

Amazon.com, Inc. (Yahoo Finance

アマゾンが8月末に売りした新型キンドルの販売が好調な上に、キンドル向けの電子書籍が予想以上の売れ行きを示していることが背景にあります。

同社が米国時間2010年10月25日に発表したところによると、過去30日間の電子書籍の販売数は、紙の書籍を上回った。
同社サイトで販売している書籍トップ10では、電子書籍の方がハードカバーとペーパーバックをあわせたものより多く、その比率は2対1を超えているという。紙の書籍の販売数も増加している中で、電子書籍はさらに早いペースで拡大しているようだ。
(J-castより)

ネットのレビューなどを参考にキンドルの長所短所をまとめると、次のようになります。

【キンドルの長所】

・軽い。
・E-inkを使用し日差しの下でも読める。目に優しく長時間の読書に耐える。
・電池寿命が長い(3週間)充電は携帯より早い。
・欲しい本をいつでもどこでも買える。1分程度のダウンロードで本がすぐに届く。
・3500冊の本を持ち歩ける
・読書履歴がクラウドに記録される。PCやiPhone、iPadなど他の端末からも続きが読める。
・下線やメモを加えられる。読みかけページから再開しても、他端末からでも下線やメモが再現される。
・カーソルを当てると辞書解説が表示される。
・文章読み上げ機能がある。
・新聞がリアルタイムかつ安価に自動配信される。
・PDFも読める。
・安い。 Wi-Fi版139ドル(約12,000円)

【キンドルの短所】

・白黒のみで動画再生機能はない。
・操作方法が独特。タッチパネルが無いため直感的な操作ができない。馴染むのに時間が掛かる。
・ページ送りが遅い
・暗いところでは読めない。
・マルチタスクでない。文書リーダーとブラウザを往復するには何回もクリックが必要。
・ブラウザで開けないページが多い。
・斜め読みや探し読みがしにくい。
・本のページ数が分からない。
・デザインがいまいち。
・日本専用商品がない。海外のAmazonから購入が必要。
・日本語に公式対応していない。

・・・つまり、キンドルは

(1)電子書店システム
(2)電子書籍リーダー

のふたつの側面を持ってて、いずれも、機能を「読書」に絞り込んでいることがわかります。

「電子書店システム」として、欲しいと思った瞬間には本を手できる「衝動買いのスピード感」で、人々にカルチャーショックを与える。
「電子書籍リーダー」としては、エンターテイメント性は捨てて、読みやすさと電池寿命を確保する。

キンドルの一番の短所は、「本をダウンロードしすぎること」というレビューも数多くありました。

アップル社の製品に目を奪われがちですが、「読書」の世界ではキンドルが革命を起こしつつあります。

電子書籍の時代は、思ったよりも早く到来しそうです。


 2010/11/30 10:48  この記事のURL  / 
イタリアのファッションといえば
元ジョルジオ・アルマーニ・ジャパン副社長のLavezzari氏は、ミラノ出身で、日本の大学を卒業したイタリア人。日本とイタリアのファッションを比較してこう述べています。

イタリアファッションの製造だけではなく川上から川下まで押さえているところにある。日本のブランドは製造のクオリティが高くてもそれを活かしきれていない。
世界のブランドで価値が落ちないのはシャネルとエルメス、それにLヴィトンくらいではないか。
御殿場のアウトレットにお店を出しているブランドは、気がつかない間にブランド価値を棄損している。
(内藤忍の公式ブログより)

イタリアといえば、ドルチェ・アンド・ガッバーナと税務当局とのトラブルはかなり深刻なようです。
2004年にルクセンブルクに設立した別会社を使い、イタリア国内に収めるべき法人税約13億4000万(約1,112億円)ドルを脱税した疑いで、ふたりはついに検察に告発されてしましました。有罪の場合、10億(約830億円)ドル以上の追徴課税を払い、3年以下の懲役の可能性もあるそうです。
一方、ドルチェ・アンド・ガッバーナ側は税務当局との認識の違いを主張し、
「矛盾してるよ! 今まで一度も徴収しに来なかったのに、いつから税金を収めなきゃならなくなったんだ」と述べているそうです。(NYDailyより)

このトラブルがセールスにも影響を与えることは必至です。
ドルチェ・アン・ドガッバーナ2010春夏コレクションのイメージガールとして主婦に扮して話題になったマドンナも、2011は契約更新しないことを決定。ブランド価値にも影響を与えかなない事態になっています。
Madonna is out at Dolce & Gabbana; Victoria's Secret models in for Spring 2011

ちなみに、御殿場プレミアムアウトレットのブランドリストを見ると、
シャネル、エルメス、ルイ・ヴィトンの名前は見当たりませんが、
ドルチェ・アンド・ガッバーナとアルマーニは、たしかにありますね。

御殿場プレミアムアウトレットブランドリスト
 2010/11/29 08:54  この記事のURL  / 
日本はアジアのイタリアを目指せというコンセプト
衰退する日本はアジアのイタリアを目指せというブログが話題になっています。CHIKIRIN の日記より)

「政治家が日本の将来ビジョンを提示できていないことが問題だ。まずは、どんな国を目指すのか、国の将来像を描く」として、ギリシャ、イタリア、イギリス、スウェーデン、アメリカをモデルとして掲げ、日本が目指すべきはイタリア・モデルだ、というのが著者の主張です。

イタリアと日本は、こんなに共通点があるそうです。

(経済)世界で10から20位くらいの間(先進国のしっぽのあたり)

(政治)ぐちゃぐちゃ。こんな奴が首相でいいのか?と言いたくなるレベル

(国際社会でのプレゼンス)特になし

(歴史)現代より、歴史=過去に栄光あり!

(首都)世界の人が憧れる大都市。ユニークに熟れた都市文化が存在

(田舎)訪ねるのは不便だが、すばらしく美しい。地元ならではのおいしいモノもたくさんある

(教育)この国の教育レベルが高い、などという人は世界にいない

(英語)みんな下手くそ

(企業)ごく少数の国際レベルの企業あり

(闇社会)マフィアもやくざもそれなりのプレゼンスがあり、クスリも蔓延

(失業率)常にそこそこ高い

(格差)わりと大きい。田舎に行くと都会とはかなり生活レベルが違う。都会にも貧しい人が多い

(出生率)低い。少子化が止められない国家

(国家ブランド)強い。“イタリア製”“日本製”という言葉には独特の付加価値がある

(食事)世界トップレベルの美味しさ。 世界中でブームが定着

(ファッション)食事と同様、独自のスタイルが世界の注目を集める

(観光産業)海外から、特に圏内(日本の場合はアジア)から多数の人が押し寄せる

(文化)世界にはない(アメリカのエンターテイメント産業の真似ではない)ローカルカルチャーが花開いている。 イタリアと日本は、あのフランスが文化面で憧れる世界で唯二の国。

たしかに、上手な衰退に関してはイタリアは日本の大先輩です。世界史の中心だったのは1500年で、以降ずっと衰退している。それでも先進国の一角にとどまり、ギリシャのように破綻はしていません。

日本はアジアのイタリアを目指せ。
中国やインドに抜かれても気にしないで、貧乏でも楽しい国を作りましょうというコンセプト。

友人のイタリア人デザイナーが聞いたら「ほーっほっほう」と喜びそうな話ですが、みなさんはどう思われますか?

 2010/11/28 12:24  この記事のURL  / 
「ビートルズを知らない世代はほんとうか?」 の本当
昨日のブログ記事 「ビートルズを知らない世代」はほんとうか?

に関して、もうひとつの可能性について思い当たりました。

じつはこれは新手の、
「ビートルズがアイチューンで買えるようになりました」
プロモーションの一環ではなかったのか・・という可能性です。

つまりアップル社の「工作員」の皆さんが、「ビートルズ」や「アップル」「アイチューン」などのキーワードでネット検索して、そんな記事が書いてあるブログやSNSを見つけては、

「ビートルズって何?」

というレスをつけまくったのではないか。

そして、期待したのは、
「お前ビートルズ知らないの??」
「アイチューンからダウンロードしろカス」
(リンク先)

という反応ではなかったか、ということです。

これなら金をかけないで、効率的なプロモーションができますね。

実際、ビートルズのアイチューン配信は、売上好調のようです。

 米誌ローリングストーンによると、米アップルが音楽配信サービスの「iTunes」でビートルズの楽曲販売を開始して以来、世界での売り上げは1週間でアルバム45万枚、シングル200万曲を突破した。

ビートルズの楽曲配信は16日から始まり、オリジナルアルバム13枚と、アルバム未収録曲を集めた「パスト・マスターズ」シリーズ2枚、1962―66年と67―70年の作品を収録したベスト盤を売り出した。各アルバムの収録曲は1曲単位でも購入できる。

アイチューンズの23日のアルバムヒットチャートでは「アビイ・ロード」や「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が上位20位にランクインし、100位以内に15枚が入った。

米国で最も売れたのはアルバムが「アビイ・ロード」、シングルでは「ヒア・カムズ・ザ・サン」だった。上位100曲のヒットチャートには現在、「レット・イット・ビー」などビートルズのシングル7曲が入っている。
CNN


もしそうなら、wR25の記事などは、まさに「工作員」の筋書き通り。
私のブログも、微力ながら、プロモーションに協力したことになりますね(笑)

まあ、ビートルズは素敵な曲が多いです。

「ゆとり世代の」の皆さんも、学校で習うだけではなくて、自分でじっくり聴いてほしい。

この記事はプロモーションではありませんよ。
 2010/11/27 08:27  この記事のURL  / 
「ビートルズを知らない世代」はほんとうか?
先日書いたブログ「ビートルズと著作権」のコメント欄に

>>日本でビートルズ人気が復活しそうだという話です
ビートルズって何ですか?

という書き込みがありました。

ネットによくある「釣り」(みんなの過剰な反応を楽しむ愉快犯)だろうと思ってスルーしていたら、
web R25に、ついに「ビートルズを知らない世代」が現れた!
という記事が載っているのを見つけました。

ツイッター上に10代男性による「ビートルズを知らない」という意のつぶやきが登場し、
ツイッターユーザーから驚きの声が上がっている


というもの。

10代の男性と思われる「m264」氏の、「そういえばiTunesの発表ってなんだったの?」というツイートに「なんかビートルズとコラボしたらしい」という返答があると、「m264」氏から発せられた次のつぶやきは「?誰それ・・・・」(原文ママ)というものだった。

そして「m264」氏は立て続けに、

「びーとるずってなに・・・」
「いま Wikipedia見てきた」
「イギリスの人らしい」
「僕生まれる前じゃん・・・・・・」
「しらないよこんなひと1」(原文ママ)

と、ツイート。
すると、「ビートルズを知らない」という衝撃的な事実はツイッター上でまたたく間に拡散し、
ツイッターユーザーからは

「お前ありえねーよ」
「TV持ってないから知らないとかそういう次元じゃないw」
「聴いたことないならわかるけど知らないは凄いよなw」

と、驚きの声が殺到した。

「Let it be」「Yesterday」の音源のリンクを張って確認を求めても、「どれも聞いたこと無い」「これ有名じゃないよね」との答えるのだそうです。

たしかにビートルズは40年前に解散したバンドなので、世代的に言えば、
10代の人がビートルズを知らないのは、30代の人がチャーリー・パーカーを知らないのと同じようなものかもしれません。

ちなみに、チャーリー・パーカーはビバップを作ったジャズの巨人です。マイルス・デイビスといった後進のミュージシャンたちに多大な影響を与え、「バード」という伝記映画にもなっていますが、今は知らない人が多いです。

今の10代は本当にビートルズを知らないのでしょうか。

高校生の息子に聞いてみると
「曲はともかく、名前を聞いたことがない人はクラスにいないはず」との答えが返ってきました。
なぜなら中学校の英語や音楽の教科書にビートルズが載っていていたから。
授業で「ヘイ・ジュード」を合唱したそうです。

「ゆとり世代」は、学校でビートルズを習っていた。

・・と言う訳で、「ビートルズを知らない」10代男性は、どこかのオッサンによる「釣り」だろうというのが我が家での結論となりました。
 2010/11/26 06:50  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ