« 2010年04月 | Main | 2010年06月 »
「日本が力を入れるクールジャパン、知名度はあってもお金にならず―中国紙」で考えたこと
2010 年5月28日、中国文化報は「『クール』は日本のソフトパワー、『クール・ジャパン』イメージの確立に注力する日本政府」と題した記事を掲載した。

近年、日本政府は「クール・ジャパン」の普及活動に力を注いでいる。文化製品の輸出によって、海外のファン、とりわけ若い世代のファンを獲得し、日本と聞けば「クール」と連想するようにするのがその目的だ。

米著名ジャーナリストのダグラス・マックレイ氏は国民総生産(GNP)ならぬ国民総魅力(GNC=Gross National Cool)を提唱。日本のアニメ・マンガ、ポップミュージック、ゲーム、家電製品、ファッション、グルメを高く評価した。マックレイ氏の著作は日本語に翻訳され、GNCはメディアで注目を集めるキーワードとなった。

中国でもジャパンカルチャーは強い印象を与えている。しかしその知名度は利益に結びついていない。宮崎駿監督の人気アニメ映画「千と千尋の神隠し」が米国で上げた利益はわずかに1000万ドル(約9億1000万円)。日本国内の304億円という数値とは比べものにならない。人気マンガ「NARUTO -ナルト-」も、日本マンガ好きで知られるフランスでの販売数は22万冊(2008年)と、フランス国産マンガの販売数183万冊には遠く及ばない。こうした中、日本政府の「クール・ジャパン」プロジェクトに懐疑的な人々も増えているようだ。

それでもなお日本政府は「クール・ジャパン」に高い期待を抱いている。2020年までに海外市場への文化輸出を約2兆6000億円へと倍増させる目標だ。もっとも日本のネットユーザーはこの計画に冷ややかな態度を見せている。ネット掲示板には「プロジェクトが予算を獲得するための単なる口実ではないことを祈っている」との書き込みも少なくなかった。
レコードチャイナ 翻訳・編集/KT)

レコードチャイナは、中国ニュース専門サイトです。独特な目線で配信されるニュースは中国の最新情報を知るために参考になることが多いのですが、ときどき粗い記事が載ることもあります。

この記事も、そんな粗い記事のひとつのように思います。
ただレコードチャイナは、Yahoo!JAPANなどの大手ポータルサイトにニュース配信を行っているので、日本国内への影響力は高いものがあります。
一人歩きしても困るので、私の考えを述べておきます。

第一に、日本政府が「クールジャパン」に普及活動に力を入ている。というのは、事実として正しくありません。

外務省は、我が国に対するより一層の理解や信頼を図る上で、従来から取り上げている伝統文化・芸術に加え、近年世界的に若者の間で人気の高い日本のポップカルチャーをさらに積極的に活用することを考えています。ポップカルチャー発信使の委嘱(09年2月)」

この外務省のプレスリリースに象徴的にあらわれているように、
「海外の若者を中心に人気のあるクールジャパンを、もう少し活用したほうがよいのではないか」という議論がようやく始まったに過ぎません。
クールジャパンは「日本政府が力を入れて広めた」訳ではなくて、海外の若者の間で、いわば「勝手に広まった」現象なのです。

第二に、「知名度はあってもお金にならず」についてです。

これは、「クールジャパンをお金に変えるための仕組み」が無い事が、大きな理由だと思います。

ひとつには、海外へうっかりコンテンツを出すと、簡単にパクられてしまうことが多いという現実があります。
「山寨」という言葉で、「パクリ」を肯定的に捉える文化の国が、すぐお隣にあることも不幸のひとつです。

これに対して、日本政府は、著作権保護法という法律でコンテンツを守ろうとしています。
しかし、この著作権保護への過度な依存こそが、クールジャパンの普及をさまたげ、お金を生まないものにしているのです。

2000年代は、コンテンツ産業の「失われた10年」だった。1999年に登場したNapsterに恐れをなした音楽産業が「著作権」をふりかざし、訴訟 や警察によって消費者を脅かして既得権を守ろうとした。その後の大混乱によってもうかったのは弁護士だけで、訴訟によって音楽産業の衰退を止めることはで きず、RIAAやJASRACは「利権団体」として批判を浴び、コンテンツ産業は萎縮してしまった。

今回、Google Editionに英米のほとんどの出版社や著者が参加し、200万アイテムが利用可能になったのは、彼らが音楽産業の失敗を見ていたからだと思われる。「権利」を振り回すよりも「報酬」をいかに確保するかが問題で、そのためには著作権保護をゆるやかにして、コンテンツを流通させたほうが得策だという教訓 を得たのだろう。グーグルの和解案を 拒否した日本は、この点でも大きく引き離されてしまった。
(池田信夫 クリエイターをいかに食わせるか 

15世紀のグーテンベルクの印刷技術を受けて、最初の出版権を定めた法が制定されたのは1662年。著作権が認められたのは1709年です。

『FREE』著者のクリス・アンダーソンは、 「デジタルのものは、遅かれ早かれ無料になる」と断言しています。
この流れを300年前の「著作権保護法」で止めるようとすることに無理の原因があるのだと思います。(栗田 亮 クールジャパン新展開

海外のクールジャパンブームに対して、過度に「著作権」を主張することが、クールジャパン自体を萎ませることにつながります。

必要なのは、池田氏も言うように、既得権を持った人たちの権利を最大化することではなくて、クリエイターたちが食っていける仕組みを作ることです。

日本政府がクールジャパンを本気で普及させたいのなら、やるべきことは、ビジネスモデルやテクノロジーによって、クリエーターの報酬を確保するシステムを作ることです。

若いクリエーターたちを食わせることができなければ、クールジャパンの未来はないと思うのです。
 2010/05/30 20:51  この記事のURL  / 
中国の「山寨版」iPad、iPedで思ったこと
中国語で、「山寨(Shanzhai)」とは「パクリ」の意味です。
もともとの意味は「山間部の砦や砦がある集落」で、政府の管轄が及ばないことからゲリラを意味しました。2008年に、有名携帯電話のコピー商品が「山寨」機と呼ばれたことから、普及するようになりました。

「山寨」ケータイの小売価格は本物の3分の1から2分の1です。
もちろん違法生産なので、メーカー所在地などは記されていません。
品質については保障がなく、耐久性やも不明ですが、模倣元には備わっていない機能が付加されることもあります。
研究開発費を省いているだけでなく、メーカーが脱税をしていることも、低価格でできる理由だと言われています。

上海モーターショーでも、毎回のように「山寨」自動車を見ることができます。
吉利汽車のGEはロールスロイスに、力帆汽車の320はBMWのMINIに酷似しています。
外国メーカーはこの機を利用して「山寨」自動車を摘発して、裁判を通じて模倣行為を排除しようとしていますが、これまでの裁判では、「山寨」側が勝訴していることが多いのです。

中国政府は知的財産権を保護する建前になっていますが、現実には、中国ではほぼ全ての産業において「山寨」が存在します。

最近、iPadの「山寨」版、iPedが出回りはじました。 
これが、本家のアメリカでiPadが発売される前から、売り出されています。
性能も向上していて、現在販売されているタイプには、GoogleのOS「Android(アンドロイド)」が搭載されています。
外見がソックリなだけでなく、タッチスクリーンでの操作など、「山寨」技術が向上しています。
これらが、800元(約1万円)前後で売られているのです。

中国のネット上では、若年層を中心に「山寨」が流行語になっています。
その多くは、「山寨」に対して肯定的です。

「山寨」の発展は中国国内の消費者にとって、消費への敷居を下げることになる。
経済発展を促進し、産業の競争度を強めるものでもある。
韓国の産業もアメリカや日本の先端技術を模倣し、それを改善することでイノベーションを手に入れた。
重要なのは、模倣の上にイノベーションがあることで、模倣を通じて技術を自らのものにすることだ。
「山寨」は大衆が知恵を傾けて創造した文化だ。

といった調子です。

政府の建前は別にして、業界にとっても庶民にとっても、「山寨」はメリットのほうが大きいのです。
そして、こういった声を背景に、中国の「山寨」力は、ますます向上しています。
おそらく、中国は、これからも「山寨」の道を極めてゆくことになるのでしょう。

iPadを生み出せる国アメリカと、そのアメリカより早くiPedを売り出してしまう国、中国。
日本は、その間に「位置」していて、引っ越すことはできません。

この、あらゆる意味で極端なふたつの大国の間で、どうやって生き延びてゆくのか。

私たちに、その戦略があるだろうか。

・・・iPadとiPedの写真を見比べながら、つくづく思った次第です。



 2010/05/29 09:14  この記事のURL  / 
ジャパンエキスポに「ハローキティ」の原作者・清水侑子さんが参加
SEFA-EVENTから今年のジャパンエキスポに「ハローキティ」の原作者、清水侑子さんが参加するというお知らせが届きました。みなさまにお知らせします。


2010年7月1日〜4日開催
第11回ジャパンエキスポにキャラクター作家
清水侑子さんが登場!


皆様、

お世話になっております。

この度、FremantleMedia Enterprises (FME) は、「レベッカボンボン」そして「ハローキティ」の原作者である著名なキャラクター作家、清水侑子さんが、第11回ジャパンエキスポに参加することを発表致しました。2010年7月2日及び4日、会場となるパリ・ノール・ヴィルパント展示会会場にてサイン会を開催、また大反響を呼んでいる新しいデザインキャラクター「レベッカボンボン」に
ついて話す予定となっています。

「レベッカボンボン」は、おしゃれが大好きなフレンチブルドッグの女の子。清水侑子さんが生み出したこの可愛いキャラクター、「レベッカボンボン」に皆さんも心を奪われること間違いありません。「レベッカボンボン」もジャパンエキスポにて皆さんとの交流を待っています!どうぞお見逃しなく!

第11回ジャパンエキスポに出演の方々の発表はまだまだ続きます。どうぞご期待下さい!

何卒宜しくお願致します。


SEFA EVENT
コンテンツ部門
 2010/05/28 07:37  この記事のURL  / 
iPadとイノベーション
5月28日発売の米アップルの新端末「iPad」をいち早く購入しようと、東京・銀座の「アップルストア銀座」と、東京・表参道の「ソフトバンク表参道」の前には26日午後から並ぶ人たち現れた。(Yahoo ニュース)

革命的な商品という前評判が高いiPad。一方で、実際に何に使えるのかよく分からないという声も聞こえてきます。

物事の「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」を創造する行為を「イノベーション」と言いますが、果たしてiPadは、イノベーションを生むことができるでしょうか。

従来、イノベーションを起こすのは、新しい技術を発明する供給者だと考えられてきました。

しかし、最近の研究で、イノベーションにはユーザーが大きく関わっていることがわかっています。(Demand‐side Innovation 認知科学と社会ネットワーク分析を組み合わせたミクロ普及学の提唱 植田一博(東京大学))

新商品やサービスが普及する過程で、想定しなかった使い方をユーザーがすることがあるのですが、このことで、技術開発の方向性そのものが大きく変化するからです。

たとえば、ケータイのメール機能。
供給者はそういったニーズがあることに気づいていませんでした。
ユーザーが、新しい技術から価値を見つけて、社会的に大きな変化をもたらしたのです。

マーケティング理論では、ユーザーの商品購入に対する態度を、新しい商品に対する購入の早い順からの5つのタイプに分類します。(『イノベーション普及学』)

1.イノベーター=革新的採用者(2.5%)、
2.アーリーアダプター=初期少数採用者(13.5%)
3.アーリー・マジョリティ=初期多数採用者(34%)
4.レイト・マジョリティ=後期多数採用者(34%)
5.ラガード=伝統主義者(または採用遅滞者)(16%)

イノベーター理論、ベレット・M・ロジャース “Diffusion of Innovations”

新しい商品やサービス、ライフスタイルなどを最も早い段階で受け入れる層はイノベーターと呼ばれ、全体の2.5%程度とされます。
また、アーリーアダプターは、イノベーターに次いで早く物事を受容する層で、全体に対する割合は13.5%程度です。

植田教授の研究によると、このイノベーターからイノベーションが起こることは、実は少ないのだそうでうす。

その理由として、イノベーターは、

すでに商品知識を持っていて自分の立場から抜け出しにくい
ニーズを無視し易い。
他人の意見に耳を傾けてそこに意見を足すことをしにくい

などが挙げられています。

名前こそイノベーターと付けられていますが、供給者の想定内の使い方しかしないことが多いのです。
他人よりも早く新商品を入手したことで、満足してしまうのかもしれません。
Demand‐side Innovation 認知科学と社会ネットワーク分析を組み合わせたミクロ普及学の提唱より

多くの製品で想定外の使い方から価値転換現象が起きている。その発生源はアーリアダプターなのだそうです。

新商品を、自分流に使いこなそうとする人がでてきた時に、イノベーションが起こるのという訳です。

こう考えると、新商品を徹夜で並んで買ったり、新店のオープンに行列するような行動は、ニュースのネタはなっても、イノベーションとははあまり関係がないことがわかります。

iPadがイノベーションを生むかどうかは、16%程度まで普及が進んだときに分かることになります。

その頃には、今は想定されていないようなiPadの使い方が、現れていそうな気がします。

 2010/05/27 09:55  この記事のURL  / 
ファッション誌の未来(その1)を掲載しました
アパレルウェブの連載コラム「クールジャパン新展開」に、「ファッション誌の未来(その1)」を掲載しました。

ファッション誌に限らず、日本の雑誌を巡る環境はこの数年で著しく変化しています。

先日、私のフランスの友人から届いたメールの中に「少年ジャンプを、フランス語で読んでいる」という一文がありました。
BitTorrent」というファイル共有サイトから、毎週無料でダウンロードしているそうです。

ファイル共有サイト自体はそれほど新しい技術ではないのですが、通常は、人気ファイルほどアクセスが集中してダウンロードに時間がかかるので、けっこう面倒くさいものでした。
ところが、「BitTorrent」では、人気ファイルほどダウンロードしやすくなっています。
複数の人から少しづつファイルを落としていく手法を使っているためで、人気ファイルがストレスなくダウンロード出来るのだそうです。
もちろん、海賊版をダウンロードするのは違法行為です。

自分の本や雑誌を、裁断してスキャナーにかけ、電子ファイルにすることを「自炊」と言います。
スキャナーなどの進歩で、この「自炊」が実に簡単になりました。
スキャンして紙を捨てればスペースが大幅に節約できるので、そのうち、「自炊」ファイルをipadなどで読むことが流行になるかもしれません。ネット上には手引きがたくさん出ています。

自炊ファイルも、自分で読んでいる分には問題ないのですが友人に送ったりファイル共有サイトに上げると著作権法違反になります。

しかし、著作権者がこれを摘発しても、経済的見返りは期待するほど多くはありません。
海賊版の提供者の多くは、時間と知識があって金が無い連中だからです。費用をかけて摘発しても、コスト倒れになることが多いのです。
さらに海外が絡んだ場合、摘発の費用対効果はさらに下がります。

ファッション誌は、特に、著作権侵害に神経を尖らせてきました。
アイデアをパクられることを、誰よりもクライアントが嫌がったからです。
そのため、雑誌の電子化についても、慎重な姿勢を崩してきませんでした。

ところがアンダーグランドでは、電子化がどんどん進んでいて、国境すら簡単に超えている現実があります。
もはや「海賊版撲滅キャンペーン」では、とても撲滅できそうもありません。
このままでは、ファッション雑そのものが立ちゆかなくなる可能性が高いと思います。

わたしは、海賊版を封じ込める方法は、ひとつしかないと考えています。
それは、日本のファッション誌を海外展開するチャンスにもなります。

そのことは、ファッション誌の未来(その2)で詳しく書く予定です。
 2010/05/26 11:37  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ