« 2009年06月 | Main | 2009年08月 »
ジャパンエキスポ09〜カワイイ大使、活躍
7月2日夜、パリ日本文化会館で行なわれた「ジャパン・ポップカルチャー・フェスティバル」に参加しました。

初日は、Laforet KAWAII Collection in Paris。
ラフォーレ原宿のゴシック&ロリータ系10ブランドによるファッションショーです。

モデルとして外務省のカワイイ大使を務める青木美沙子さんと木村優さんも登場しました。

ALGONQUINS、 ALICE and the PIRATES、 BABY,THE STARS SHINE BRIGHT、BLACK PEACE NOW、 PUTUMAYO、 SEXYDYNAMITELONDON、 Angelic Pretty、ATELIER-PIERROT、 Metamorphose、 SUPER LOVERS・・・。


ファッションショーの後トークショー。
BABY, THE STARS SHINE BRIGHT専属デザイナー上原久美子さんと「ケラ!編集部」スーパーバイザーの松村直樹さんの会話に、

普段着(?)に着替えた、カワイイ大使も加わります。


レセプションでもカワイイ大使は大人気でした。



この後、カワイイ大使はローマに飛び「ジャパンイタリー」というイベントにも参加したそうです。主要国首脳会議出席のためイタリアを訪れた麻生太郎首相も駆けつけたとか。

カワイイ大使、お疲れ様でした。
(7日、ローマ AP)
本イベントのプロデューサー櫻井孝昌氏とハートマーク。
 

日本のポップカルチャーを世界に売り込むための仕掛けとして、「カワイイ大使」という生身のアイコンを作ることを思いついたところに知恵を感じます。
おかしなキャラクターグッズなどを作らなくて、本当に良かったです。

ジャパンエキスポ09公式ガイドブックより
大正解ですね。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Kawaii-Ambasador in Japan Expo 09

In the evening of July 2nd I have participated in Japan Pop culture Festival in House of Japanese Culture in Paris (Maison de la culture du Japon à Paris)

The first day was Laforet KAWAII Collection in Paris, consisted of fashion shows by 10 brands of Gothic and Lolita Kei by Laforet Harajuku..

As models have appeared Misa Aoki and Yuu Kimura, playing kawaii ambasadors of the Foreign Ministry.

ALGONQUINS、 ALICE and the PIRATES、 BABY,THE STARS SHINE BRIGHT、BLACK PEACE NOW、 PUTUMAYO、 SEXYDYNAMITELONDON、 Angelic Pretty、ATELIER-PIERROT、 Metamorphose、 SUPER LOVERS・・・。

Talk Show after the fashion show was a conversation on the stage by Kumiko Uehara, designer under contract with BABY, THE STARS SHINE BRIGHT and Naoki Matsumura, the supervisor of Kera editorial desk with participation of the Kawaii Ambasadors in casual wear.

Kawaii Ambasadors are also a hot tickets in the reception, too.

After this event Kawaii Ambasadors flied to Rome and participated in an event “Japan Italy”. Also the prime minister Aso, who was there for Head of State Summit in Italy, was present in the event. Thank you, thank you, Kawaii Ambasadors!.

Heart mark of Takaki Sakurai, the producer of this event.
 
I appreciate his inventiveness to make walking icons in order to market Japanese pop culture. It’s much better to have them than to figure out an odd character goods.

It’s the right answer!
 2009/07/14 18:35  この記事のURL  / 
ジャパンエキスポ09〜オーラルヴァンパイアのファン
オーラルヴァンパイアのフランスでの知名度の高さにも驚きました。

ジャパンエキスポでのプロモーションのため、エイベックスさんにフライヤーを用意してもらいました。

初日に何気なくテーブルの片隅に置いておいただけで、前を通る人たちが
「これは、ただ?」と言いながら、どんどん持っていいきます。

「オーラルヴァンパイア知っているの?」とたずねると、
「もちろん!」「有名!」「ネットで見た!」「大ファン!」という答えが返ってきました。

壁に貼っていたポスター(サイン入り)も、欲しいという人が何人もいたので、最終日に差し上げました。

「フランスにはいつ来るのか」と何人にも聞かれました。

この方は、「オーラルヴァンパイアにメッセージを送りたい」と私のパソコンにメールアドレスとコメントを書き込んでくれました。(日本語のローマ字書きです)

音楽がネットを通じて世界に広まっていく。
その威力をまざまざと感じました。

しかも、現時点で彼らのサイトは日本語サイトのみ。
それでもこれだけのファンを海外に抱えているのです。

サイトを多言語化したら、凄いことになりそうですね

地獄の底からコンバンワ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Fans of Aural Vampires in Japan Expo 09

I have found the popularity of Aural Vampire in France with surprise.

Beforehand I had asked AVEX to help us preparing fliers. for its promotion. in Japan Expo.

On the first day we had put them on the table without much attention, passers-by pick them up, asking “Is this free?”

To my question “Do you know Aural Vampire?” came back answers “Of course!”, “Its Famous!”, “I have seen it on the Web.”, “I am a big fan of it”

Some wanted autographed posters on the wall, so we have presented them to them on the last day.

Many asked us when they will be in France.

This girl in the photo has put her name and e-mail address in my PC, wanting to send message to Aural Vampire..

We felt how powerfully the music is propagating in the world through the Web.

At present its site is written all in Japanese. In spite of it, it has so many fans overseas. How breathtaking result will come out if it will be written in plural languages.

Good evening, from the bottom of the inferno.
 2009/07/12 20:15  この記事のURL  / 
ジャパンエキスポ09〜雅-Miyaviのコスプレ
今年もたくさんのコスプレイヤーを見ましたが、私のイチオシはこの方。
雅−Miyaviのコスプレをした女性です。

雅−Miyaviは、昨年のジャパンエキスポのライブで、失神者を出したといわれる伝説のギタリスト。当地では大変な人気ものです。。

彼女も大の雅−Miyaviファンだそうで、細かいところまでしっかり造りこんでいました。

似てるでしょ?


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Costume Playing of Miyavi in Japan Expo 09

This girl in the photo is my top choice among costume players I have seen here this year. She is playing the costume of Miyavi..

Miyavi is a legendary guitarist, whose live show caused audience to faints a year ago. He is enjoying high popularity here in France.

She said she too was a big fan of Miyavi. She had finished herself very well in every detail..

A carbon copy of Miyavi!

 2009/07/11 22:13  この記事のURL  / 
ジャパンエキスポ09〜来場者数
ジャパンエキスポ09の来場者数。
正式発表ではありませんが、地元のMETROというフリーペーパーで、16万4千人が来場したと報道されました。
過去最高の数字ですし、他のイベントと比較しても圧倒的な集客力です。

注意しなければいけないのは、この来場者数は延べ人数だということです。
同じ人が4日間来れば、4人にカウントされます。実際ブースで販売しているとわかるのですが、4日間通して、毎日来ている人がけっこういます。
それだけ、熱心なファンが多いのです。

では、なぜ彼らはこんなに「日本が好き!」なのでしょうか。
この不景気の中で、ジャパンエキスポだけが、なぜこんな盛況なのでしょう。

フランスは、正社員の雇用に対して法的保護が行き届いた国です。
労働時間は週38時間と少なく、残業に対しても厳しい規制があります。日本のようなサービス残業はありえません。また、介護や育児などの休暇に関しても日本とは比較にならないほど充実しています。
このことは素晴らしいことなのですが、マイナスの側面もあります。
企業の負担が重くなり、産業の空洞化が進んだことです。主だった企業は、ポーランドやトルコなどの東ヨーロッパへ逃げてしまい、そのために雇用そのものが人口に比べて少ないのです。

正社員の雇用が守られている分、あおりを受けるのは若者や外国人(移民)です。
ジャパンエキスポの会場でアンケートを採って見ても、職業欄に無職と記入する人が目につきます。

私の友人でも、英語も堪能でパワーポイントも使いこなす優秀な女性なのですが、学校を卒業してから30歳になるまで一度も正社員になれなかった人がいます。
彼女のような人は、決して珍しいことではないそうです。ずっと派遣のような形の契約なので、しっかりとしたキャリア形成ができない。
若者の間では、この事に矛盾を感じている人は多いと言っていました。

「日本大好き」と言っている彼らの中には、フランス社会に対して「行き場の無さ」を感じている若者が多いのです。
ジャパンエキスポに来て、コスプレしたり、たむろしたりしながら一日過ごす。
開場する前から集って、終わってからもまだ残っている人たちがたくさんいます。
つかの間ではあっても、「JAPAN」は、そんな彼らをやさしく受け入れてくれます。

もちろん彼らは、本当の日本を知っているわけでは在りません。
私が50人にアンケートした結果、そして、「日本に行ってみたい」と答えた人は、49人でしたが、「日本に行ったことがある」と答えた人はひとりだけでした。

彼らはアニメやマンガやネットから得た知識を膨らませて、自分たちの仮想国家「JAPAN」を創りあげているのです。


こう考えると、ジャパンエキスポには、「あおりを喰っている若者たちの祭典」という側面があることが分かります。

不景気の中で来場者が増える理由は、そこにあるのだと思います。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Number of visitors to Japan Expo 09

How many visitors we had to Japan Expo 09.
This is not an official report, but local free paper METRO has reported the number of visitors as 164,000.
The number is record high, and played an incomparable role in attracting guests among the other similar events.

Noteworthy is that this number is total man-days number. If someone visit it four days, the number is 4. Keeping the booth, I have noticed that many people came repeatedly through four days. There are so many big fans..

Then, why do they like Japan so much? Why did only Japan Expo attract people in this depression?

France is a country, where legal protection is complete for permanent position of workers. Working hours are only 36 hours and they have strict restriction on overtime work. There is no service work after working hours as in Japan. The conditions of nursing care and child rearing are assured incomparably better than in Japan.

This is an enviable thing, but it has also the other side of the coin. The liability of businesses are greater here, and the hollowing was accelerated. Main business were gone to the East Europe as Poland and Turkey and proportion of employed people to the population are smaller.

Condition of permanent worker are secured, but young people and foreign workers (immigrants) suffer repercussion. Answering to the questionnaire from us, many filled the profession space as unemployed.

One of my friends, a capable women at the age of 30, who are good at English and proficient at Power Point, never had a chance to be employed formally after her school. She is no exception. She could have only temporary work, and could not have authentic career. I have learned that many young people become conscious of this contradiction.

Many among those who like Japan are finding an impasse in French society. Many visit Japan Expo, spend a day playing costume and hanging around. Many come before it opens and are staying after it. For a while JAPAN accepts them so tenderly.

Of course they don’t know the real Japan. Answering to our questionnaire 49 among 50 said “I want to go to Japan,” but only one said “I have been in Japan.”
They form a imaginary country Japan on the base of the knowledge they have got from mangas and animes.

In this respect Japan Expo has a face of a festival of the young people who are suffering from the repercussion. That is why it attract more visitors in the depression.
 2009/07/11 13:37  この記事のURL  / 
ジャパンエキスポ09〜姫デコ大好き
ジャパンエキスポ09、“東京カワイイ★SHOP”では姫系デコ雑貨を販売しました。
福岡のHearty&Hearty -hina-さんの作品です。

ピンクフリフリの姫デコは日本独特のものですが、その原点はフランス宮廷文化とも関係がありそうです。ジャパンエキスポに来る現代のフランス人にはどのように受け止められるのか、とても興味がありました。

実際に店頭に並べてみると、驚いて足を止め、積極的に見に来る人が多かったです。
ポシェットやコンパクトを手にとって閉じたり開いたり。とても興味は示してくれるのですが、お財布はなかなか開いてはくれません。価格の設定が予算よりも高めのようです。


最初に買ってくれたのはドイツ人の三人組でした。
吸い込まれるようにやってきて、即決、お買い上げいただきました。

「ドイツ人は金払いがいい。フランス人はじっくり見るけどなかなか買わないよ」、というのは、隣でブースを出していた中国人出展者の解説です。
(ネックレスお買上)

フランス人で最初にお買い上げいただいたのは、男性でした。奥様へのプレゼントだそうです。
(ポシェットお買上げ)

その後、身に付けるアイテムを中心に徐々に売れはじめました。
(ポーチお買上げ)
(ミニハットお買上げ)
(ブレスレットお買上げ)
(ブレスレットお買上げ)
(リングお買上げ)
(ミニハットお買上げ)
(ポーチお買上げ)

姫デコ電卓も売れました
(電卓お買上げ)

フランスにおける姫デコ。
アイテムと価格設定さえ間違えなければ、十分に可能性がありそうです。
(ポシェットお買上げ)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

We like Hime-Deko in Japan-Expo 09

Tokyo Kawaii★SHOP in Japan Expo 09 had a sale of Hime-kei decoration articles, worked out by Hearty&Hearty -hina in Fukuoka.


Hime-deco of pink furifuri is Japanese specialty but it supposedly originated from French court culture. I have interested in the way how French visitors would accept it.

Actually on the table it attracted visitors. They stopped curiously and came closer to look at it positively. They showed interest, trying opening and closing pochettes or compacts, but hardly opened the purse. Maybe the prices are a little higher than their budget.

The first purchase was by German trio, who drew in the shop and bought them without delay.

“Germans are openhanded. French test articles carefully but don’t buy them.” said a Chinese keeper of next booth.

They bought necklaces.
The first French, who has bought an item was a man. He was going to present a pochette as a gift to his wife.

He bought a pochette.
After him wearing articles and others are going to be sold gradually.

She has bought a pouch.

She has bought a minihat.

She has bought a bracelet.

She has bought a bracelet.

She has bought a ring.

She has bought a minihat.

She has bought a pouch.

Hime-deco calculator was sold.

She has bought a calculator.

Hime-deco in France:
It will be possible to sell hime-deco articles in France, if we find right items and right prices.

She has bought a pochette.
 2009/07/10 12:08  この記事のURL  / 
前へ | 次へ
プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ