« 2009年03月 | Main | 2009年05月 »
フォーエバー21(Forever21)
フォーエバー21(Forever21)のレセプションに行ってきました。

プログラムは、

・ドアオープン 18:21
・BENIスペシャルライブ 19:21
・ショッピングタイム 20:00
・ドアクローズ 21:21

・・・と“21”にこだわった進行です。

もしかしたらこのレセプションも、本当は”April 21th”に挙行したかったのかもしれません・・。

フォーエバー21はアメリカ・ロサンゼルスの会社です。
韓国系アメリカ人 ドン(Do-Won Chang)とジン(Jin-Sook)の夫婦が1984年が作った最初の店は、わずか84平米(25.5坪)だったそうです。
それから約四半世紀、2007年の年商は13億ドル(1260億円)でした。

彼らは、一等地にお店を構えることよりも、広告にお金を使う戦略を採用し、流行を早く・安くお客さんに届けることに力を注いで成長を遂げました。

ファストファッションの“本命企業”ともいわれるだけあって、ファッションショーのデザインを6週間で店頭に並べる、商品を一日も倉庫に寝かせずデリバリーする、などの伝説を持っています。

そのフォーエバー21の14カ番目の出店国が日本です。
場所は東京・原宿、H&Mの隣の5階建てのビル。地下1階から3階までがレディス、4階がメンズというフロア構成です。

ザラやH&Mが色調を抑えたミニマリズムのニオイを持つのに対して、フォーエバー21はロサンゼルスのセレブ風で明るい雰囲気です。
原色やパステル色の商品が目立つし、柄ものも多い。

今の日本のマーケットでは、受けがよさそうです。


プライスは、
ショートパンツ、1150円
ブラウス、1150円
Tシャツ、450円
レギンス、650円
ビーチサンダル、850円
ニットキャミソール、250円

・・・さらにここから21%オフ、と聞いてちょっとした感動を覚えました。

ユニクロがフリースを2,900円で売り出したときの驚きに近いです。
このときは、「安いのに高機能」に驚かされたわけですが、フォーエバー21は「安いのに高感度」の驚きを与えてくれます。

「安いのにダサくない!」
レセプションに来ていた”業界人の方々”も同じように感じたのか、多くの人がレジに並んで買い物をしていました。

会場に居合わせたシトウレイさんも、メンズのTシャツを鏡に合わせながら、
「こういうものは自分が買しかないと思う」と、ちょっと嬉しそうでした。

ブランド志向や本物志向はちょっとお休みして、ファストファッションにハマっているように見えました。
デザイナー受難、とも言えそうですが、時代の”気分”はファストファッションを後押ししているように感じました。

という訳で、東京・原宿は、あっという間に世界でも稀なファストファッション密集地帯になってしましました。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Forever21

I have presented myself in a reception of Forever21.

The program is as follows.

* Door-opening 18:21
* BENI Special live: 19:21
* Shopping time: 20:00
* Door-closing: 21:21

The program is dwelling on the number “21”.

If the reception had been on April, 21, they had been happier.

Forever21 is a company from Los Angeles, U.S.A. The first shop of Forever21, opened by Do-Won Chang and Jin-Sook, Korean Americans, had space of only 84 m2. In 2007, a quarter of a century since then, however, their annual business amounted to 1.3 billion dollars.

They successfully adopted a strategy to spend more money for advertisings and to deliver fashion speedily to customers than to have their shops in prime location.

As a most favorite business of fast fashion, Forever21 makes all fashion show designs ready in shops, it is said legendarily, in six weeks, and delivers all articles every day without leaving them in warehouse.

Japan is its fourthly entered country. The new shop has its place in Shinjuku, Tokyo, in a five storey building by H&M. From 1st basement to 2nd floor of the building are used for lady’s, and 3rd floor is for men’s.

While Zara and H&M are characterized by moderate colors an minimalism, Forever21 has flavor of Los Angeles celebrity and bright air.
That will be welcomed in present Japan.

Prices of its articles are:
Short pants: 1150 yen,
Blouse: 1150 yen,
T-shirt: 450 yen,
Leggings 650 yen,
Beach sandals: 850 yen,
Knitted camisole: 250.

From these prices they further make impressive 25% discount.

This gave me similar shock as I had when UNIQLO started selling fleece for 2900 yen. At the time I was shocked at its high performance for its price, this time at its high sensitivity for its price. That is what Forever 21 gave me.

“Not expensive, but not out of date!”
Many guests of the reception, probably with same recognition, go forward to the cash desk to buy some.
Rei Shito, one of those present, standing in front of a looking glass with a men’s T-shirt, proclaimed happily, that she had to buy it herself.
She seemed to forget for a while her brand-conciouseness to enjoy fast fashion. It may be a severe time for designers, but a time of fast fashion has come, I prognose..

In a blink of an eye Harajuku has become one of the densest zone of fast fashion in the world.

Map: Forever21, Harajuku


 2009/04/29 14:07  この記事のURL  / 
ファストファッション
コンサルタントの山中健さんがFMラジオ「J−WAVE」に出演しました。
「別所哲也さんGOOD MORNING TOKYO」という朝の番組です。

山中さんは、(アパレルウェブ内では)私の隣にデスクを構えています。
とても物知りな人で、世界各国のファッション事情から安いビジネスクラスのチケットの取り方まで、いろんなことを教えてくれます。

J−WAVEでのテーマは、ファストファッション(fast fashion)でした。
フォーエバー21が原宿にオープンすることにちなんでの話題です。
スペインのザラ(zara)やイギリスのトップショップ(top shop)スウェーデンのH&Mといったファストファッションが、なぜ日本にどんどん進出してくるのか。
山中さんは、安い、早い、旨いを提供するファストフードを例にあげて、トレンド商品を安く早く提供するファストファッションの仕組みについて手際よく説明していました。

私は、日本の消費者心理も変化しているのだと思います。
実際、ファストファッションで買い物をしている人たちを見ると、自分のスタイル作りのための、パーツ(部品)を調達しているように見えます。

自分はお金が無いからファストファッションを買っているのではない。ファストファッションをおしゃれに着こなすことができることがカッコイイのだという意識。
従来、言われていた「ブランド志向」や「本物志向」からは、正反対のところに日本人消費者の心理が振れているように思えるのです。

これは、ファッションの主導権が、作り手側から買い手側に移った証なのかもしれません。
山中さんには、その辺りの分析も伺ってみたいです。

明日はフォーエバー21のオープニングレセプションに行くので、いろいろ観察してこようと思っています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Fast fashion

Takeshi Yamanaka, a consultant, has presented himself in a FM-radio program “J-WAVE.”, a morning program titled “Good Morning Tokyo” by Tetsuya Bessho.

He has his desk next to mine in Apparel-web office.He is a walking dictionary covering fashion circumstances of many countries in the world, and formula how to get low price business class airline ticket.

The topic of conversation at J-WAVE was fast fashion in connection with the opening of Forever21 in Harajuku, getting onto the reason why fast fashion as of Zara from Spain, Top Shop from U.K., and H&M from Sweden comes to Japan one after another.

Yamanaka explained the workings of fast fashion, which offer trend articles swiftly in low prices, taking fast food for example.


The mentality of Japanese consumers may be changing, too.
Observing the way they buy articles at fast fashion shops, I realize that they are buying parts, with which they make their style.

The point is that they visit the shop not because of its low prices, but because they think it cool to dress themselves up with fast fashion

I think that the mentality of Japanese consumers has swung to the opposite of “brand consciousness” or “genuine consciousness”.

That means again that the leaders of fashion has switched over from makers to users.
I like to hear the analysis of Yamanaka on that point..

I will get more information in the opening ceremony of Forever21, which I will visit tomorrow.
 2009/04/27 20:30  この記事のURL  / 
インドの花嫁
私のデスクの後ろには、中国、インド、ASEAN各国、日本のファッション誌が山積みになっています。
コンサルタントさんたちが調査のために集めたものですが、パラパラと写真眺めているだけで、各国のお国柄を知ることができて面白いです。

例えばインドのウェディングマガジン。表紙の女性は、鼻にピアスをしています。

これはノーズティカ(nath tikka)と呼ばれるもので、花嫁を表すシンボルなのだそうです。


日本の、「角隠し」(つのかくし)のようなものでしょうか。


西欧、インド、中華、日本・・・。
「文明の衝突」を背中に感じながら仕事をしています


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
A bide in India

Behind my desk there is a mass of fashion magazines from China, India, ASEAN countries and Japan.
They are a collection by our consultants. It is amusing to know people and atmosphere with different national background.

For example a wedding magazine from India. A woman on the front cover wears a pierce at her nose.

This is called nath-tikka, a symbol of a bride.
This may be a Indian version of Japanese “Tsunokakushi”, a symbol of a bride, too.

Europe, America, China, Japan... Behind my desk “world civilization” are bumping against one another.
 2009/04/24 11:31  この記事のURL  / 
Marui Shinjuku (新宿マルイ本館)
Marui Shinjuku
新宿マルイ本館

3-30-13, Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo, 160-0022
Store Hour : 11:00-21:00, Sunday and public holiday 11:00-20:30

03(3354) 0101


MARUI CO.,LTD.



SHOP LIST
The latest shop list is on the ebook: Tokyo Fashion Shopping 2011


No.12:Image from Tokyo Fashion Shopping 2011
 2009/04/19 15:55  この記事のURL  / 
“リアルな日本がカッコイイ”(繊研新聞掲載記事)
繊研新聞(4月2日)に、マルセイユのチビジャパンエキスポについての取材記事が掲載されました。

「リアルな日本がかっこいい!◆クールジャパン」という連載記事の第三回目、「今がチャンス、海外に売り込め!」の後半部分です。

以下、参考までに記事を掲載いたします。

大人も“カワイイ”

漫画やアニメなど、日本のサブカルチャーグッズなどを一堂にあつめたパリの「ジャパンエキスポ」(主催はSEFA)が急成長している。毎年7月に行なわれるイベントで、年々来場者が急増、3年前は4万1000人だったのが、昨年は13万4467人になった。
SEFAは日本ブームの盛り上がりを受け、2月下旬、マルセイユで初めて「チビ・ジャパン・エキスポ」を開催した。そこに日本人として唯一出展した(レディスSPA(製造小売業)で経験を積んだ栗田亮さん。“カワイイ”を切り口に、キャラクター物の靴下や雑貨を販売したところ、大盛況だったという。

 栗田さんは「カワイイは大人らしくないという意識の強い欧米にはなかった価値観。大人でもカワイくていいんだという安心感が、日本への共感につながっているのでは」と見ている。
 今回の出展は「日本のファッションをもっと海外に売り込みたいと思ったから」。昨年のジャパンエキスポで、日本のカルチャーに対する人々の熱狂を目の当たりにした。しかし、商売をしているのは外国人という現状に、憤りを感じたという。

 ジャパンエキスポは、次回で10回目を迎える。女性の来場者が増えていることもあり、今後はファッションを強化する。栗田さんも出展する予定で、「小粒でも面白いブランドを探して紹介したい」と意気込む。

着物姿の二人の女性はフランス人の来場者です。毎日この姿で登場。

記事中「日本人として唯一出展した」という箇所は正しくありません。正確には「唯一の日本からの直接の出展者」です。マルセイユやパリに在住している日本人出展者はありましたので、唯一の日本人ではありませんでした。
ただし、「ジャパン」を冠にしているイベントでありながら日本人以上に中国人や韓国人の業者さんが活発に商売をしてたことは間違いありません。
この熱気を多くの日本人が見過ごしていることは、なんとも勿体ないと感じました。

(新聞掲載記事中の固有名詞の誤りは訂正してあります。)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

“Real Japan is cool” (From News paper Senken Shinbun)

A reporter’s article on Chibi Japan Expo in Marseille appeared in news paper Senken Shinbun (2nd, Apr.)

The following extract is the second half of the third article of a series “Real Japan is cool” titled “It’s now! Make a sale!”

“Kawaii!” cried grown people, too.

- “Japan Expo in Paris” organized by SEFA is an event of Japanese manga, animation and sub cultural goods gathered together in a site. Recently it shows remarkable growing. In the last September the event accepted 134,467 visitors, while three years ago the number of visitors was 41,000.
SEFA has held Chibi Japan Expo responding to the furor, besides the regular one in Paris. Makoto. Kurita, only participant from Japan, did flourishing business with socks and other goods with ornaments of characters.

- Mr. Kurita considers: “Kawaii is a new value for Western countries where an adult must be adult like. They will be relaxed when permitted to be kawaii. and this relaxation might evolve to an affinity with Japan.”
- He says “I want to market more Japan abroad.” in connection with his participation to the event this time. Last year he had chance to see the furor there. But at the time he was irritated at the fact, that most vendors of Japanese commodities were foreigners.

- Next time Japan Expo will have 10th presentation. Considering the growing number of women visitors, fashion related presentation will be bolstered up. Mr. Kurita, too, will take a part in it. He is animated: “I will prepare interesting commodities, even if it may not be in a big scale.”
In the article the phrase “Kurita, only participant from Japan” is not correct. It must be “Kurita, only direct participant from Japan”, because some Japanese residents in Marseille had booths besides me. But it is correct that many Chinese and Koreans were selling there under the name of Japan.
What a waste of chance, overlooking such a fever!


*(Photo) Two in kimono is French girls. Every day they visited there in this costume.
 2009/04/17 11:34  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
栗田 亮(Makoto Kurita)
(株)テンカイジャパン代表
『Cool Japan! カッコイイ*かわいい*たのしい*おいしい*日本を世界に発信』をテーマに、トラベル、ファッション、ショップ、ブランド等の情報を英語で積極的に発信中。 クールジャパンの翻訳、通訳、海外マーケティングには定評がある。 英語WEBメディア「Tenkai-japan.com」企画・運営 海外向け電子書籍出版、翻訳、通訳、外国語運営サポート、訪日外国人プロモーション、海外マーケティング、JAPANブランドの海外展開支援
●潟Aーチ&コーチ代表取締役社長
●バンタンデザイン研究所 『eマーケティング』 『クリエイティブ・イングリッシュ』講師
●訳書『ユニクロ症候群』(小島健輔著)
連絡先:03-3662-4976
 (株)アパレルウェブ内テンカイジャパン(栗田)

・アーチ&コーチ「日本発の"Earthな"ライフスタイルストア」
http://www.arch-coach.com
・ Tenkai-japan.com「日本のトレンドを英語で発信」
http://www.tenkai-japan.com
・PROFILE
http://www.apalog.com/kurita/archive/172
・会社概要/ABOUT US
http://www.tenkai-japan.com/about-us

Contact us | 問い合わせ
Archives | カテゴリアーカイブ
Latest articles | 最新記事
Links page | リンク集
更新順ブログ一覧
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/kurita/index1_0.rdf

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
月別アーカイブ